ブログのお引越し

この度、『月彩 Tsukisai...*』ブログをFC2からlivedoorへ移動することにしました。新しいアドレスhttp://moonstyle.doorblog.jp/...

Read More

弥生三月 雛の月

弥生長い雪の日々からすこしずつ春の日差しが長くなり雪解けが一気に進む3月。その喜びと、感謝の思い。春にむけての希望の時期。草木がいよいよ生い茂る月という意味。季節:仲春(ちゅうしゅん) ※啓蟄から清明の前日まで。3月に入りいよいよ春の始まりです。弥生の「弥(いや)」は「いよいよ」「ますます」を意味します。「生(おい)」は、「生い茂る」と使われるように草木が芽吹くことを意味します。「木草弥や生ひ月(き...

Read More

2月の暦と歳時記

立春、春立つとはいえ相変わらずの寒さで、春を実感するのはまだ先のようです。まもなく本格的な寒さがやってくることを励みにしつつ名残の寒さを乗り切っていきましょう。2月も中旬を越えれば、各地の梅の名所の開花時期も目処がついてくる頃です。少し春らしい楽しい計画を経てながら過ごすのも四季の情緒を感じることができて良いかもしれません。2月は、節分・立春と暦の上では春ですが、「春は名のみの風の寒さや」の早春賦...

Read More

初空の月

◆初空(はつぞら) 新年元日の朝の空。新年の初々しい心で見あげる空は、清らかにして荘厳。元日の晴れ渡った空は瑞兆として、雨や雪も豊穣の瑞兆としてそれぞれに喜ばれた。●初空月【はつそらづき】陰暦一月の異名。年が改まって、初空が見える月。人は、未来に思いを馳(は)せるとき、遠く彼方(かなた)に目をやるもの。  これから始まる一年を思いやり、自然と空を仰ぐ人が増えることと思います。   1月が『初空月』と...

Read More

師走の暦

十二月(師走)十二月の、最も一般的な名称は、師走(しわす)です。一年の区切りをつけて、新年を迎えるということから十二月はとても忙しいとされています。禅師(ぜんじ)とよばれる普段は落ち着き払った偉いお坊さんまで忙しさのために走り回る、ということから「師走」という名が付いたと言われています。また、一年の最後の月、という意味から「極月」(ごくげつ)、「窮月」(きゅうげつ)、「除月」(じょげつ)とも呼ばれています。他...

Read More

霜月 11月 

秋が深まり冬に移りゆく季節。寒さとともに深まる紅葉が目に染み、そして紅葉が散るともう冬です。立冬を迎え、暦の上では冬となります。11月ともなれば、さすがに朝夕は随分冷たいものです。街路樹の紅葉も美しく、風もないのにはらはらと落葉しかさこそ乾いた音を立てるのも晩秋の風情。11月は全国的な秋晴れは比較的には多いのですが、別称「霜月」と言うように北の方から寒冷前線が下がってきて、局地的には天候が悪化したり...

Read More

「10月」(神無月)

「神無月」「神無月」の語源として以下のような説がありますがいずれにしても「神無」は宛字としています。醸成月(かみなんづき): 新穀で新酒を醸す月 神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月 神な月(かみなづき):「神の月」の意 雷無月(かみなしづき):雷のない月 一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており出雲では神...

Read More

九月(長月・ながつき)

長月長月(ながつき)は、夜がだんだん長くなるから「夜長月」あるいは、「稲刈(いなかり)月」、「稲熟月(いなあがりづき)」を略して「なが月」といわれています。旧暦の九月は、秋の最後の月にあたるので「晩秋」「窮月」(きゅうげつ)「暮秋」(ぼしゅう)「残秋」「末秋」などと呼ばれています。最も一般的なのは「長月」で、秋も深くなると日がくれるのも早くなり長時間にわたって美しい月が見られるので、この名が付いたと言われています。他に...

Read More

八月(葉月) 季節の歳時記

梅雨明けから続く猛暑、連日の熱帯夜で八月になるとそろそろ疲れがたまってきます。でも八月に入ったら秋はもうすぐそこ。7日~8日あたりに迎える立秋を境目に1日の平均気温は少しずつ低くなり季節は秋へと進み始めます。旧暦八月を「葉月(はづき)」という。その語源には、いろいろの説があります。『奥義抄』によると木々の葉がそろそろ散り落ちる頃なので「葉落月」これを略して「はつき」となったとしています。『類聚名物...

Read More

七月 文月(ふみづき、ふづき)

暑さが厳しい季節。涼を求めて縁側に出れば、朝顔の花に露がきらめき笹の葉には短冊が揺れています。■旧暦の名称文月(ふみづき・ふづき)短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った 七夕 の行事に因んだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。また、旧暦では稲穂が出る頃であることから稲穂が膨らむ月ということで「ふくみ月」「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。「ふづき」とも読みます。7月...

Read More

六月 水無月

6月(水無月)新暦6月は雨の季節ですが、旧歴では梅雨が明けて暑くなり水も涸れるということから名付けられました。他に、田植えが終わり、田んぼに水が一杯に張られている状態を「水月(みずづき)」と呼んだのが変化したという説もあります。[ 別名 ] 水張月(みづはりづき)・水月(みなづき)・皆仕尽(みなしつき)炎陽(えんよう)・田無月(たなしづき)など。◆水無月(みなづき)新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨...

Read More

5月・皐月(さつき)

●皐月「五月」「皐月」「皋月」「早月」等と書いて、どれも「さつき」と読みます。旧暦の五月は、現在の六月にあたります。明るい初夏と暗い梅雨シーズンとの相反した印象が、同居している月といえます。例えば「五月晴(さつきばれ)」は明るい印象を与え「五月雨(さみだれ)」は暗い印象を与えます。「目に青葉、山ほととぎす、初鰹」と言う有名な句があるようにすがすがしい初夏のイメージから「早苗月(さなえつき)」「多草月(たそうげつ)」「薫風(くん...

Read More

四月卯月 桜どき

◆卯月(うづき)旧暦では「卯の花(ウツギ)」が咲く頃。卯月の「う」は「初(うい)」「産(うぶ)」で農耕の1年の初めの月を意味したともいわれます。卯木(うつぎ)の花が、随所に咲き乱れるので「卯月」または「卯の花月」とよばれています。卯木の花は、古くから日本人に親しまれてきた花で満月が卯の花を照らす光景を愛でて「卯の花月夜」と表現しました。 気候的には暖かくなり,太陽の光に恵まれるようになった月という意味で「正陽」...

Read More

弥生(3月)

弥生長い雪の日々からすこしずつ春の日差しが長くなり雪解けが一気に進む3月。その喜びと、感謝の思い。春にむけての希望の時期。草木がいよいよ生い茂る月という意味。季節:仲春(ちゅうしゅん) ※啓蟄から清明の前日まで。三月は春の息吹を実感する月で、弥生三月ともいいます。陰暦での弥生は現在の四月ごろですがこの春たけなわの時期は、萌えいずる草木がいよいよ生(お)い茂り盛んになることで「弥(いや)おい」といい、そ...

Read More

二月・如月 和風月名

寒きに早春の清々しさ通勤や散歩のいつもの道の木々にもなにか変化のある早春です。早春の陽ざしは日増しに明るくなり、草木の蕾も柔らかくなりもう紅に色づいて膨らみ、葉芽も柔らかくなり、春の訪れを感じられる頃。今も昔も、春の兆しは、何よりも心楽しきことです。厳しい冬も心の中に、美しい春が近いのを思い描いたら耐えられるものかもしれません。「きさらぎ」とは日本古来の月名で、「和風月名」と呼ばれています。1月は...

Read More

一月・睦月 暮らしの暦

日本人にとって元旦には特別な意味があります。それは去年が今年になったというだけでなくすべてが新たに一から始まるという日で、この世にあるものはみな新しい生命を持ち、生まれ変わると信じられてきたからです。私たちも毎年正月を祝うことで自分を新しい人間に生まれ変わらせていきます。元旦の「元」はもと、つまり源ということです。一年が円還し、原点回帰して新しく復活する日なのです。お正月行事は、新しく降臨された歳...

Read More

「十二月」師走・年の瀬

師走12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのはやはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月と言う様子も目に浮かびます。年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。 僧がお経をあげ...

Read More

霜月 11月 

秋が深まり冬に移りゆく季節。11月ともなれば、さすがに朝夕は随分冷たいものです。街路樹の紅葉も美しく、風もないのにはらはらと落葉しかさこそ乾いた音を立てるのも晩秋の風情ですね。十一月は旧暦で言えば冬、霜が降りると言うので「霜月」と言うのが最も一般的な呼称です。また十月が神無月であったのに対し十一月は神々が出雲から帰って来てそれぞれの神社に収まるという意味で「神帰月」「神楽月」などとも言います。季節:初冬(...

Read More

「10月」(神無月)

●別称神在月(かみありづき)【出雲地方】/雷無月(かみなかりづき)時雨月(しぐれづき)/鎮祭月(ちんさいげつ)/小春(こはる)吉月(きちげつ)/初霜月(はつしもづき)/神有月(かみありづき)季節 : 晩秋(ばんしゅう) ※寒露から立冬の前日まで。 旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり他の国には神様が不在となるからだそうです。神様が集まる出...

Read More

長月 九月の暮らし

◆九月 (長月・ながつき)日増しに夜が長くなるので「夜長月」。それが「長月」になったといわれています。季節:仲秋(ちゅうしゅう) ※白露から寒露の前日まで。9月を旧暦で長月(ながつき)といい、現在の暦でも使われています。長月は、夜をだんだん長く感じる月の「夜長月」が略されて長月になったとする説が有力です。1年の間でもっとも夜が長いのは冬至の前後ですが、夏は夜が短いので旧暦の9月に入ると急に夜を長く感じるの...

Read More

八月 (葉月)

●葉月 新暦では夏の盛りの八月も旧暦では秋。月の異称や季語も秋のイメージを誘う。 代表的な異称「葉月」は中国では月に生えると信じられていた桂の葉の月という意味。旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。葉月(はづき)は旧暦八月の異名ですがこの名前にも様々な秋の影が織り込まれています。葉月の語源には様々な説がありますが、どれも秋に関係しています。葉月は、古くは“はつき”と濁らずに発...

Read More

七月 文月

旧暦七月(文月 ふみづき、ふづき) 秋の始まりとされるが実感はまだまだのことが多い。大よそ新暦の7月20日~8月20日頃に始まる。七夕(七月七日)は夏と秋の境とされたが、盛夏であることが多い。七夕行事を新暦7月7日に行おうとすると梅雨の最中に当たるので「月遅れ」と称して新暦8月7日に行うところも多い。この方が旧暦七月七日の季節に近い。お盆は七月十三日から十五日であるがこれも「月遅れ」の新暦8月同日...

Read More

水無月 六月暦

◆水無月(みなづき)旧暦の六月は、今の暦の七月にあたるため一年で最も暑い月とされていました。したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)「長夏」(ちょうか)、「常夏」(じょうか)、「炎陽」(えんよう)、「極暑」(ごくしょ)などいかにも暑苦しさを感じさせる名で呼ばれています。最も一般的なのは、「水無月」「水月」と書き「みなづき」と読むものです。梅雨で雨の多い六月の呼び名ですが、先に述べたとおり今の七月にあたるので雨量の少...

Read More

風薫る候 五月(皐月)

現代では五月は一年のうちでも最も爽やかな気持ちのいい月の一つとされています。五月五日の「こどもの日」をはじめ、国民の祝日が目白押しの「ゴールデンウイーク」と呼ばれる大型連休があり行楽地が賑わう時期でもあります。眼にしみる新緑が野山を蔽(おお)い尽くし爽やかな心地よい風が初夏の風情を運んで来てくれます。野外の活動やハイキングなどの行楽には絶好の時期です。●皐月/五月(さつき) ※「皐月」の”皐”には「神に捧...

Read More

四月 卯月

四月は春たけなわ、国中の花々の大部分が一斉に咲き乱れ、自然が華やぐとき。陽光の明るさが増し、人のこころも活動的になります。年度始めの月で、入学や入社や転勤など、新しい門出となる月です。四月の陰暦月名は卯月。陰暦十二ヵ月で花の名がついた唯一の月です。卯の花が咲く月という意味で、卯花月(うのはなづき)とも言います。4月は卯月、卯花月、花残月、清和月、鳥月とも呼ばれます。卯月や卯花月は卯の花が咲く頃からと...

Read More

弥生三月 * 春の歓びをうたう雛の月

●三月 弥生(やよい)三月は「弥生」と書きますが「弥生(いやおい)」が変化したもの。弥生の「弥(いや)」は「ますます」「いよいよ」などを意味し「生(おい)」は「生い茂る」と使われるように草木が一斉に新芽を出して緑美しく生い茂ります。つまり「弥生」は「いよいよ生まれる」とか 「いよいよ生き生きした季節になる」という意味になるでしょう。桃や桜が咲くので花月(かげつ)だんだん暖かくなって眠気を誘うので夢見月...

Read More

二月 如月(きさらぎ) 季節の暦

二月の生活暦和名 如月(きさらぎ)英名 February, Feb.ラテン語の「浄み」の月(きよみのつき)である「Febrearius」からとりました。昔、この月の10日に「罪を浄める祭事」を行ったことに由来します。誕生石 アメシスト(紫水晶)誕生花 マーガレット 梅 フリージア異名いんしゅん(殷春)、うめみづき(梅見月)、きさらぎ(如月・衣更月)けんうづき(建卯月)、ちゅうしゅん(仲春)、なかのはる(仲の春・中の春)はつはなつ...

Read More

一月 睦月・初空月

一月・睦月(むつき)一年の最初の月のこと。旧暦、一月の異称を睦月。旧暦の時代には一月と書くことは稀で、正月あるいは「むつき」といいこれには、睦月(むつき)の字をあてていました。睦月の由来については諸説ありますがなかでは親しい人と睦みあうことからきたという説が通っています。(元つ月(もとつづき)が略されてムツキとなったという説や草木の萌きざす「萌月(もゆづき)」が約されたものだとする説もあります。)「一月」と...

Read More

十二月(師走)

師走12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのはやはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月と言う様子も目に浮かびます。年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。 僧がお経をあげ...

Read More

霜月~冬の始まり~

霜月 11月 秋が深まり冬に移りゆく季節。十一月は旧暦で言えば冬、霜が降りると言うので「霜月」と言うのが最も一般的な呼称です。また十月が神無月であったのに対し十一月は神々が出雲から帰って来てそれぞれの神社に収まるという意味で「神帰月」「神楽月」などとも言います。季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。他の別名神楽月(かぐらづき) 子月(ねづき)霜降月(しもふりづき)雪待月(ゆきまちづき)建子月(...

Read More

10月 神無月 -秋-

■神無月(カンナヅキ)旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり他の国には神様が不在となるからだそうです。神様が集まる出雲の国では、10月は神在月(カミアリヅキ)と呼ばれます。実際には10月は伊勢神宮の神嘗祭(カンナメサイ)を始め全国各地で神社の秋祭りが盛んに行なわれています。この月、古くから、日本の神々が島根県の出雲大社に集まると信じられていました...

Read More

九月・長月 暮らし暦

◆長月(ながつき)立秋は八月ですが、肌に初秋を感じるのは九月。秋の彼岸を過ぎればめっきり秋らしくなります。八月下旬から九月にかけては台風シーズンで、台風接近前の湿気をはらんだ暑さは耐えがたいものがありますが台風一過の秋空は夏から秋への移り変わりを示してくれます。空は高く、限りなく青く澄みわたり、清々しい。爽涼の風が木々の間を渡りはじめます。いわし雲に代表される秋の雲は、垂直に盛り上がる夏の積乱雲と...

Read More

八月葉月 暮らし歳時記

八月(葉月) 暦の上では秋のはじまり夏の行事を楽しみながら移りゆく季節を味わう...旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 他に「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)涼しくて露がたまる月と言うこ...

Read More

七月文月・暦歳時記

七月(文月・ふみづき)■文月短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った 七夕 の行事に因んだ「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。また、穂が見えるようになる頃であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。「ふづき」とも読みます。7月の異称を「文月(フミヅキ)」というのは、7月に書物を開いて虫干しをする中国の古い風習が伝わり、「文開く月」から文月となったと言われています。...

Read More

六月・水無月 暮らし暦

水無月(みなづき)雨がたくさん降る時季なのに”水の無い月”って変なのって思われますよね。「水無月」の”無”は”の”にあたる連体助詞ですので「水無月」は”水の月”ということになります。田植えが済み、田に水を張る必要があることから”水の月”→「水無月」と呼ばれるようになったようです。旧暦の六月は今の暦の七月にあたるため、一年で最も暑い月とされていました。したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)、「長夏」(ちょう...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.