みつばちの日

3月8日─ 「みつばちの日」蜜を求めて花から花へ春の花々が咲き始めると元気よく飛び回るのがみつばちです。「みつばちの日」は、全日本はちみつ協同組合と日本養蜂はちみつ協会が制定した記念日です。「3(みつ)」「8(はち)」の語呂合わせになっているので覚えやすいですね。 日本にいるみつばちは、セイヨウミツバチとニホンミツバチの2種類といわれています。蜜を採取するためにみつばちを飼育することを養蜂(ようほう)とい...

Read More

暮らしの歳時記

五月 『ミツバチ』※不思議に満ちたミツバチの社会生活日差しも暖かな5月。花壇や野原ではミツバチがせっせと蜜を集めているのが見られます。ハチは、人類が生まれる前から地球上に存在していました。石器時代の洞窟の壁画にも木に登ってハチの巣から蜜を取る人の姿が描かれています。古代エジプトでははちみつは神聖で貴重なものとされ神々を祀る儀式に使われました。当時は食用よりも薬として用いたり蜜酒を造るために利用して...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.