スポンサーサイト

季節の言葉 「山装う」

秋、山は装う。冷え込みとともに、木々の葉は落葉に備えるため朱や黄へと、その色を変える。昔から日本の人々は、四季折々の山の姿を眺めては、その季節ごとに俳句の季語として取り上げてきました。春の山は「山笑う」と表現されます。暖かくなって、動植物が一斉に目覚める季節、若葉や春の花が柔らかな日差しを浴びている風景をあたかも微笑んでいるかのように感じたのでしょう。夏の山には「山滴り」という言葉があります。夏山...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。