スポンサーサイト

弥生三月 雛の月

弥生長い雪の日々からすこしずつ春の日差しが長くなり雪解けが一気に進む3月。その喜びと、感謝の思い。春にむけての希望の時期。草木がいよいよ生い茂る月という意味。季節:仲春(ちゅうしゅん) ※啓蟄から清明の前日まで。3月に入りいよいよ春の始まりです。弥生の「弥(いや)」は「いよいよ」「ますます」を意味します。「生(おい)」は、「生い茂る」と使われるように草木が芽吹くことを意味します。「木草弥や生ひ月(き...

Read More

弥生三月 * 春の歓びをうたう雛の月

●三月 弥生(やよい)三月は「弥生」と書きますが「弥生(いやおい)」が変化したもの。弥生の「弥(いや)」は「ますます」「いよいよ」などを意味し「生(おい)」は「生い茂る」と使われるように草木が一斉に新芽を出して緑美しく生い茂ります。つまり「弥生」は「いよいよ生まれる」とか 「いよいよ生き生きした季節になる」という意味になるでしょう。桃や桜が咲くので花月(かげつ)だんだん暖かくなって眠気を誘うので夢見月...

Read More

弥生三月 春の一筆箋

弥生三月…春が近づいてきました。冬の間はぴったりと締め切っていた窓を開けると温かい風とともに、ふわっと優しい香りが漂ってきます。日本の各地から「花」の便りが届く季節。春「はる」という言葉は「万物が発〔は〕る(発する)」「木の芽が張〔は〕る」「天候が晴〔は〕る」「田畑を墾〔は〕る」などの意味を持ちます。天候に恵まれ、希望に溢れる季節を象徴しています。旧暦では、二月の梅に続いて三月には桃や桜が 花開く...

Read More

弥生三月 小さな春

まだまだ風の冷たさが身にしみることもありますが陽射しはやわらかく、春の明るさが確かに感じられるようになってきました。草木が一斉に芽を出し、春の歓びをうたう雛の月。旧暦では、二月の梅に続いて三月には桃や桜が花開くので花月(かげつ)、桃月(ももつき)、桜月 (さくらつき)、などといいます。 最もポピュラーなのは、弥生(やよい)です。弥は「いよいよ」「ますます」の意味で「たくさんのもの(植物)が生まれて花盛りにな...

Read More

季節の暦「弥生三月」

季節の暦●三月 弥生(やよい)弥は「いよいよ」とか「ますます」という意味で植物がますます生い茂る月という「きくさいやおいづき」が詰まって「やよい」になったといわれます。桃や桜が咲くので花月(かげつ)だんだん暖かくなって眠気を誘うので夢見月という異称も。三寒四温、菜種梅雨(なたねづゆ)、春の大雪、名残り雪、雛祭り啓蟄、春の彼岸、桜前線、花曇り、桜まじ、卒業式早春の候 浅春の候 春暖の候 春雨の候 春色の...

Read More

弥生三月

三月は「弥生」と書きますが「弥生(いやおい)」が変化したもの。弥生の「弥(いや)」は「ますます」「いよいよ」などを意味し「生(おい)」は「生い茂る」と使われるように草木が一斉に新芽を出して緑美しく生い茂ります。つまり「弥生」は「いよいよ生まれる」とか 「いよいよ生き生きした季節になる」という意味になるでしょう。春草(はるくさ)と読めば柔らかな感じで春になって萌えいづる緑の草、生き生きして草葉が野山...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。