九月(長月・ながつき)

長月長月(ながつき)は、夜がだんだん長くなるから「夜長月」あるいは、「稲刈(いなかり)月」、「稲熟月(いなあがりづき)」を略して「なが月」といわれています。旧暦の九月は、秋の最後の月にあたるので「晩秋」「窮月」(きゅうげつ)「暮秋」(ぼしゅう)「残秋」「末秋」などと呼ばれています。最も一般的なのは「長月」で、秋も深くなると日がくれるのも早くなり長時間にわたって美しい月が見られるので、この名が付いたと言われています。他に...

Read More

長月 九月の暮らし

◆九月 (長月・ながつき)日増しに夜が長くなるので「夜長月」。それが「長月」になったといわれています。季節:仲秋(ちゅうしゅう) ※白露から寒露の前日まで。9月を旧暦で長月(ながつき)といい、現在の暦でも使われています。長月は、夜をだんだん長く感じる月の「夜長月」が略されて長月になったとする説が有力です。1年の間でもっとも夜が長いのは冬至の前後ですが、夏は夜が短いので旧暦の9月に入ると急に夜を長く感じるの...

Read More

九月・長月 暮らし暦

◆長月(ながつき)立秋は八月ですが、肌に初秋を感じるのは九月。秋の彼岸を過ぎればめっきり秋らしくなります。八月下旬から九月にかけては台風シーズンで、台風接近前の湿気をはらんだ暑さは耐えがたいものがありますが台風一過の秋空は夏から秋への移り変わりを示してくれます。空は高く、限りなく青く澄みわたり、清々しい。爽涼の風が木々の間を渡りはじめます。いわし雲に代表される秋の雲は、垂直に盛り上がる夏の積乱雲と...

Read More

九月(長月)

立秋は八月ですが、肌に初秋を感じるのは九月。秋の彼岸を過ぎればめっきり秋らしくなります。2012年9月7日(金)白露9日(日)重陽の節句10日(月) 二百二十日17日(月・祝)敬老の日19日(水) 彼岸の入り22日(土・祝)秋分 秋分の日30日(日) 十五夜八月下旬から九月にかけては台風シーズンで、台風接近前の湿気をはらんだ暑さは耐えがたいものがありますが台風一過の秋空は夏から秋への移り変わりを示してくれます。空は高...

Read More

九月(長月) 季節の暦

立秋は八月ですが、肌に初秋を感じるのは九月。秋の彼岸を過ぎればめっきり秋らしくなります。八月下旬から九月にかけては台風シーズンで、台風接近前の湿気をはらんだ暑さは耐えがたいものがありますが台風一過の秋空は夏から秋への移り変わりを示してくれます。空は高く、限りなく青く澄みわたり、清々しい。爽涼の風が木々の間を渡りはじめます。いわし雲に代表される秋の雲は、垂直に盛り上がる夏の積乱雲とはことなり水平に広...

Read More

夜長月

9月 秋は月。天が澄みきっていく清々しく美しい季節。秋といえば月。清光冴えわたる神秘の月を心で愛で、自己の内面を見つめる。古来より風雅の至高、日本の美意識の象徴と称えられてきた「雪月花」。花といえば「桜」、秋といえば「月」をさすことは古く万葉の時代から続く日本の美学です。かつて、月は風雅の対象として愛でられる以前に、信仰の対象であり人々の神秘さへの憧れでした。月は欠けてもまた満ちるでの復活と不死の...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.