夏の節気 「小満」

「小満」小満は、秋にまいた麦の穂が育ち、ほっとひと安心することから小さな満足という意味でこの名がついたといわれています。二十四節気のひとつで、万物が次第に成長し実をつけはじめる時期です。暑さも感じられるようになり、田植えの準備もはじまります。小満は二十四節気の中でも夏の節気で第八節気です、その意味は命が満ち満ちてくるころのため、つけられた節気名。爽やかな五月晴れもあれば、ぐずつく五月雨も。どちらも...

Read More

暦の中の言葉

■旧暦のなかに記されている言葉二十四節気のなかの「立春」や「立秋」どんな日のことを指すと思いますか?「立春」は、今日から春だという日「立秋」は、今日から秋だよ、という日こんな感じで捉えている人が多いかもしれません。でも「立春」の日はとても寒いし「立秋」なんて夏のものすごく暑い日だったりしますよね。テレビでは「暦の上ではもう秋です」などと言っていますがどうも実感がありませんでした。二十四節気はもとも...

Read More

二十四節気・霜降(そうこう)

◆霜降(そうこう)10月23日頃。および立冬までの期間。太陽黄径210度。寒露から数えて15日目頃。秋が一段と深まり、朝霜が見られる頃。朝晩の冷え込みが厳しくなり、日が短くなったことを実感できます。初霜の知らせが聞かれるのも大体この頃で、山は紅葉で彩られます。 コートや暖房器具の準備など、この頃から冬支度を始めます。読書や編み物をしたりして、秋の夜長を楽しむのもいいですね。暦の上では立秋(8月8日頃)から始まっ...

Read More

「処暑」(しょしょ)

さすような夏の日差しも少しずつ和らぎをみせ始めます。秋の恵みの収穫を目前に控えた、初秋の涼しい風が吹き渡るそんな季節の到来を意味しています。今年も残り4ケ月あまり。充実した気持ちで年末を迎えるためにはこの処暑からの過ごし方が鍵を握ると言っても過言ではありません。収穫に向かう季節、つまり人も内面における2006年の収穫を迎えることを意味しているのです。古来より世界中の人々が生活の基盤として利用しともに生...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.