スポンサーサイト

冬至(とうじ)の日

冬至(とうじ)冬至は「日短きこと至〔きわま〕る」という意味です。12月22日ごろ~1月4日ごろ●初候乃東生「なつかれくさしょうず」夏枯草が芽を出す蚯蚓結「きゅういんむすぶ」みみずが地中で塊となる●次候麋角解「さわしかのつのおる」大鹿が角を落とす麋角解「びかくげす」大鹿が角を落とす■一年で最も夜の長い日12月22日は、2011年で昼の長さがもっとも短い「冬至の日」です。東京では、日の出が朝の6時46分ごろ、日の入りが夕...

Read More

冬至

季節の行事 冬至12月といえば、クリスマスや忘年会など楽しいイベントがある華やかな月。また「師走」というだけあって何かと慌ただしく元気で切り抜けたい月ですが、寒さがぐんと増して風邪をひきやすい時期でもあります。日没が早くなって昼がどんどん短くなり、暗くて寒い夜が長く続く……気持ちの上でもちょっぴり寂しくなる季節なのです。でも、寒さは増していくものの、冬至を境に昼は少しずつ長くなっていきます。冬至とは、...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。