スポンサーサイト

処暑の頃

処暑(しょしょ)暑さが峠を越えて 後退し始める頃。二十四節気の一つ。立秋から15日目頃。太陽の黄経が150度の時。旧暦七月の中。暑さがようやく止む頃という意味。8月23日(2011)処暑とは、暑さが終わるという意味です。まだ昼間は暑い日が続きますが、朝夕は涼しい風が吹き渡わたり気持ちのよい時期です。また、この頃には秋の台風が訪れます。◆台風処暑の頃から台風が日本に影響を及ぼすようになります。台風と...

Read More

立秋~処暑

立秋 立秋(りっしゅう)は、二十四節気の1つ。または、この日から処暑までの期間。立秋…「秋立つ」といっても、1年を春夏秋冬に4分割して機械的に割出したものなのでまだ実は真夏のまっ盛りで、どこにも秋の気配は感じられない。真夏日や熱帯夜はまだこれからずっと続く。8月7日~8日処暑処暑とは暑さがまだ停っているという意味。一年の内で最高気温を出すのは立秋から処暑までが最も多く処暑から次の白露までもけっこう暑さが...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。