十三夜

旧暦九月十三日。新暦では十月の中・下旬 (2009年は10月30日)十五夜に対して旧暦九月十三夜の月見の風習。十五夜を中秋の名月と呼ぶのに対し、十三夜は中秋の名月に対して「後の月(のちのつき)」この時期に収穫されるものにちなんで「豆名月」「栗名月」ともいいます。旧暦の毎月13日の夜を「十三夜」といっていましたが、9月13日の夜は特別で十五夜についで美しい月とされ、宮中では、古くから宴を催すなど月を鑑賞する風習が...

Read More

秋宵の月見と室礼

暑気がひき、空気が澄みわたった秋の夜長。すすきの穂が空をなでるころ、ひときわ美しさが冴えわたる「月」あなたなら、秋宵の月をどう愛でますか? 「花鳥風月」という言葉に集約されるように日本人は古くから月に惹きつけられ満ち欠けの様子をも情緒あふれる名前で呼んできました。例えば、三日月、弓張月、十六夜月、立待月、臥待月、更待月…。月の形はもちろん、眺める時間帯や所作までもが呼び名に込められています。また、...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.