スポンサーサイト

「10月」(神無月)

●別称神在月(かみありづき)【出雲地方】/雷無月(かみなかりづき)時雨月(しぐれづき)/鎮祭月(ちんさいげつ)/小春(こはる)吉月(きちげつ)/初霜月(はつしもづき)/神有月(かみありづき)季節 : 晩秋(ばんしゅう) ※寒露から立冬の前日まで。 旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり他の国には神様が不在となるからだそうです。神様が集まる出...

Read More

十月・神無月

◆「10月」(神無月)秋の深まりを感じる爽やかな季節。四季のうつろいが美しい日本では季節ごとに楽しむ習慣やならわしがあります。あらためて楽しむことで毎日を丁寧に暮らすことの意味が見えてきます。 お米や野菜・果物の多くが実りの時期を迎える10月。カラッと晴れる日が多い一方、一雨ごとに気温が下がると感じられることから一雨一度ともいわれる時期でもあります。◆神無月(かんなづき) 朝晩めっきり涼しくなってきまし...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。