師走の暦

十二月(師走)十二月の、最も一般的な名称は、師走(しわす)です。一年の区切りをつけて、新年を迎えるということから十二月はとても忙しいとされています。禅師(ぜんじ)とよばれる普段は落ち着き払った偉いお坊さんまで忙しさのために走り回る、ということから「師走」という名が付いたと言われています。また、一年の最後の月、という意味から「極月」(ごくげつ)、「窮月」(きゅうげつ)、「除月」(じょげつ)とも呼ばれています。他...

Read More

「十二月」師走・年の瀬

師走12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのはやはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月と言う様子も目に浮かびます。年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。 僧がお経をあげ...

Read More

十二月(師走)

師走12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのはやはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月と言う様子も目に浮かびます。年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。 僧がお経をあげ...

Read More

年の瀬・師走

いよいよ師走12月。12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのはやはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月と言う様子も目に浮かびます。年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう...

Read More

12月 師走(しわす)

今年もいよいよ12月です。「師走」「年の瀬」「歳末」「年末」などと呼び習わされていますが師走の言葉には、どこか人の暮らしを慌ただしくさせる追い立てられるような切迫感があります。元来「師走」は陰暦12月の別称ですが、必ずしも陽暦12月そのものにぴったりと重なるものではありません。しかし、他の陰暦の名称に比べて「師走」は現代生活にすっかり浸透していて、新聞、テレビ、ラジオなどでも頻繁に使われています。法師(...

Read More

十二月・ 師走

一年の締めくくり。自然界も春に向けて静かに眠りにつきます。芽生えの春、成長の夏、成熟の秋を経て、自然界は静かに休養し春に向けて力を蓄える冬を迎えます。野山に美しい彩りを見せていた紅葉も一葉一葉と舞い落ちて秋に栄養分を出し切って疲弊した土の肥やしとなり山に降り積もった雪は、春には山の栄養分を豊富に含んだ雪どけ水となって田畑を潤します。四季それぞれに意味があり、自然界のリズムは生命の営みを規則正しく繰...

Read More

師走を走る

十二月・師走(しわす)・極月(ごくげつ)早いもので今年もわずか。カレンダーを見ながら「もう12月か…」と、思わずつぶやいてしまう。そんな月が「師走」です。めっきり寒くなり、街はクリスマスイルミネーションできらびやかに飾られジングルベルの音楽に思わず足早になってしまいます。冬を迎えるための支度を含め、何かと慌ただしい時期です。仕事や家事を上手に進めるコツはきちんとスケジュールをたてておくこと。昔から暦には...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.