暦の中の言葉

■旧暦のなかに記されている言葉二十四節気のなかの「立春」や「立秋」どんな日のことを指すと思いますか?「立春」は、今日から春だという日「立秋」は、今日から秋だよ、という日こんな感じで捉えている人が多いかもしれません。でも「立春」の日はとても寒いし「立秋」なんて夏のものすごく暑い日だったりしますよね。テレビでは「暦の上ではもう秋です」などと言っていますがどうも実感がありませんでした。二十四節気はもとも...

Read More

「旧暦」自然のリズム

●カレンダー、行事紹介本が人気立春のころを1年の始まりとする旧暦の暮らし方が注目されています。立春や啓蟄(けいちつ)など、太陽の公転周期を24の季節に分けた二十四節気など太陽と月の周期に合った生活の知恵が見直され伝統の行事や祭りを紹介する本やカレンダーが人気です。月の満ち欠けを基準とした旧暦は中国から伝わり1000年以上も日本の暮らしの指針でした。桃の節句や七夕などの行事は旧暦に沿ったもので現在の...

Read More

9月の生活暦

◆長月(ながつき)九月は、辺りの木々もすっかり色づき紅葉の頃。空気も澄み切っていますから夕暮れが美しい時季。しかしあっという間に辺りは暗くなる「秋の陽のつるべ落とし」語源は諸説あり。9月は菊の季節であることから菊月、菊間月とも呼ばれますが 新暦の十月上旬から十一月の上旬にあたり夜がだんだん長くなる「夜長月(よながつき)」の略とする説。その他、雨が多く降る時季であるため「長雨月(ながめつき)」から「長...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.