六月・水無月 暮らし暦

水無月(みなづき)雨がたくさん降る時季なのに”水の無い月”って変なのって思われますよね。「水無月」の”無”は”の”にあたる連体助詞ですので「水無月」は”水の月”ということになります。田植えが済み、田に水を張る必要があることから”水の月”→「水無月」と呼ばれるようになったようです。旧暦の六月は今の暦の七月にあたるため、一年で最も暑い月とされていました。したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)、「長夏」(ちょう...

Read More

六月(水無月) 雨暦

◆水無月(みなづき)新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨が明け暑さで水が涸れる月ということで「水無月」と呼ばれます。これは、田植え仕事が終わったという意味での「皆仕尽」あるいは田んぼに水が張られている状態「水月」が変化したものともいわれています。また、旧暦六月は「風待月(盛夏になると風が止むことから)」「鳴神月(梅雨明けを告げる雷がなる月)」「常夏月」「蝉羽月」などともいいますがいずれも梅雨明...

Read More

六月暦・梅雨ことば

梅雨といえば、うっとうしい、ジメジメ、憂鬱などという言葉が続くことが多いのですが五月雨(さみだれ)といえば雨を見つめる眼差しが変わりませんか?言葉ひとつで気分も変わるから不思議です。今回はそんな梅雨のことばをご紹介。 梅雨の由来 そもそも、どうして梅雨というのでしょう?その語源は中国にあります。・梅雨(ばいう) ……梅の実が熟す頃に降る雨だから・黴梅(ばいう) ……黴(かび)が生えやすい時期の雨だから。あ...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.