スポンサーサイト

六月 水無月

6月(水無月)新暦6月は雨の季節ですが、旧歴では梅雨が明けて暑くなり水も涸れるということから名付けられました。他に、田植えが終わり、田んぼに水が一杯に張られている状態を「水月(みずづき)」と呼んだのが変化したという説もあります。[ 別名 ] 水張月(みづはりづき)・水月(みなづき)・皆仕尽(みなしつき)炎陽(えんよう)・田無月(たなしづき)など。◆水無月(みなづき)新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨...

Read More

水無月 六月暦

◆水無月(みなづき)旧暦の六月は、今の暦の七月にあたるため一年で最も暑い月とされていました。したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)「長夏」(ちょうか)、「常夏」(じょうか)、「炎陽」(えんよう)、「極暑」(ごくしょ)などいかにも暑苦しさを感じさせる名で呼ばれています。最も一般的なのは、「水無月」「水月」と書き「みなづき」と読むものです。梅雨で雨の多い六月の呼び名ですが、先に述べたとおり今の七月にあたるので雨量の少...

Read More

六月・水無月 暮らし暦

水無月(みなづき)雨がたくさん降る時季なのに”水の無い月”って変なのって思われますよね。「水無月」の”無”は”の”にあたる連体助詞ですので「水無月」は”水の月”ということになります。田植えが済み、田に水を張る必要があることから”水の月”→「水無月」と呼ばれるようになったようです。旧暦の六月は今の暦の七月にあたるため、一年で最も暑い月とされていました。したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)、「長夏」(ちょう...

Read More

六月(水無月) 雨暦

◆水無月(みなづき)新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨が明け暑さで水が涸れる月ということで「水無月」と呼ばれます。これは、田植え仕事が終わったという意味での「皆仕尽」あるいは田んぼに水が張られている状態「水月」が変化したものともいわれています。また、旧暦六月は「風待月(盛夏になると風が止むことから)」「鳴神月(梅雨明けを告げる雷がなる月)」「常夏月」「蝉羽月」などともいいますがいずれも梅雨明...

Read More

雨の季節 「傘」

六月・水無月命を育む水の季節。しとしとと長雨が続く梅雨時は、湿気の多い蒸し暑い日もあれば梅雨寒(つゆざむ)の日もあって、天気が不安定な過ごしにくい季節です。しかし、この雨と温度が作物の発芽成長を促し日本に豊かな実りを与えてくれるのです。農家では田植えの最盛期を迎えます。太平洋高気圧と大陸高気圧の勢力がぶつかり日本列島に沿って接触停滞するため、梅雨前線が形成されて雨が降り続くわけですが、これも絶妙な...

Read More

水無月(みなづき) * 季節の言の葉

6月・水無月(みなづき)新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨が明け暑さで水が涸れる月ということで「水無月」と呼ばれます。これは、田植え仕事が終わったという意味での「皆仕尽」あるいは田んぼに水が張られている状態「水月」が変化したものともいわれています。また、旧暦六月は「風待月(盛夏になると風が止むことから)」「鳴神月(梅雨明けを告げる雷がなる月)」「常夏月」「蝉羽月」などともいいますがいずれも梅...

Read More

水無月 夏越しの祓(はらえ)

◆「夏越し(なごし)」と「年越し」今年も半分が過ぎようとしています。大晦日から新年に移ることを「年越し」ということは皆さんご周知の通りですが、6月晦日から7月に移ることを「夏越し(なごし)」と言われていることはご存知ですか。6月晦日に行う「夏越しの祓(はらえ)」といわれる行事があります。人形に厄を移して水に流したり、神社の境内で「茅(ち)の輪くぐり」という茅を編んだ輪をくぐり抜けることで無病息災を祈願するので...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。