スポンサーサイト

師走とお歳暮

いよいよ今年も大詰めの12月。12月の和風月名(わふうげつめい)を、師走と書いてシワスと読ませるのには様々な説がありますが、もっとも一般的なのは、12月は皆忙しく師匠といえども走り回るから「師匠も走る」で師走となったとする説です。また、師匠の「師」は法師の「師」であるとする説もあります。12月には僧侶を迎えてお経を読んでもらう風習があったのでお坊さんもあっちこっちに走り回らねばならないから「師馳せ...

Read More

3月の生活暦

弥生三月…春が近づいてきました。冬の間はぴったりと締め切っていた窓を開けると温かい風とともに、ふわっと優しい香りが漂ってきます。日本の各地から「花」の便りが届く季節。日本人にとっての「花」とは、もちろん「桜」のことですね。「花見」と言えば桜の花を見に行くことです。桜以外の花を見に行くときは「観梅」とか「観菊」とか花の名前をつけますから。「お花見」といえば「酒盛り?」と連想される方もいらっしゃるかと...

Read More

11月の生活暦

秋から冬にかけて心もしっとりする季節。心が澄み渡るような空気感。寒さとともに深まる紅葉が目に染み、そして紅葉が散るともう冬です。立冬を迎え、暦の上では冬となります。七五三や酉の市で華やぐ中、紅葉から落葉の季節となり寒い地方には冬将軍が訪れます。翌年の年賀はがきが発売され下旬には喪中欠礼状が届きはじめます。「初もみじ朝はやき日のなかに」 木津柳芽[旧暦の名称]霜月(しもつき) 神帰月(しんきづき) 雪待...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。