スポンサーサイト

5月・皐月(さつき)

●皐月「五月」「皐月」「皋月」「早月」等と書いて、どれも「さつき」と読みます。旧暦の五月は、現在の六月にあたります。明るい初夏と暗い梅雨シーズンとの相反した印象が、同居している月といえます。例えば「五月晴(さつきばれ)」は明るい印象を与え「五月雨(さみだれ)」は暗い印象を与えます。「目に青葉、山ほととぎす、初鰹」と言う有名な句があるようにすがすがしい初夏のイメージから「早苗月(さなえつき)」「多草月(たそうげつ)」「薫風(くん...

Read More

風薫る候 五月(皐月)

現代では五月は一年のうちでも最も爽やかな気持ちのいい月の一つとされています。五月五日の「こどもの日」をはじめ、国民の祝日が目白押しの「ゴールデンウイーク」と呼ばれる大型連休があり行楽地が賑わう時期でもあります。眼にしみる新緑が野山を蔽(おお)い尽くし爽やかな心地よい風が初夏の風情を運んで来てくれます。野外の活動やハイキングなどの行楽には絶好の時期です。●皐月/五月(さつき) ※「皐月」の”皐”には「神に捧...

Read More

五月 皐月

五月は眼にしみる新緑が野山を蔽(おお)い尽くし爽やかな心地よい風が初夏の風情を運んで来てくれます。野外の活動やハイキングなどの行楽には絶好の時期です。皐月(さつき)は、田に苗を植える早苗月(さなえづき)または小苗月(さなえづき)の略といわれます。さつきのサは稲の精霊を意味することから皐月は神に稲を捧げる月、という説もあります。ほかに、橘の花が咲くので橘月、菖蒲月(あやめづき)、雨月、田草月(たぐさづき)五月雨...

Read More

五月・皐月

皐月/五月 (さつき) 陰暦五月は、現在の六月ごろです。田植えの始まる月なので、早苗月(さなえつき)田草月(たぐさつき)ともいうそうです。五月晴れは、現在は陽暦五月のさわやかに晴れた日をいいますがもとは、梅雨の晴れ間のことだったそうです。この時期は梅雨前のカラっとした良い気候で一年の中でも一番すごしやすい季節です。陽のひかりや爽やかな風…、新緑の季節・緑萌ゆる自然を感じるロハスな暮らしを楽しんでみる...

Read More

五月(皐月・さつき)

●皐月早苗を植える時期「早苗月(さなえづき)」を略したもの。耕作を意味する古語の「サ」が元になっているという説もあります。※「皐月」の”皐”には「神に捧げる稲」という意味があります。季節:初夏(しょか) ※立夏から芒種の前日まで。菖蒲月(あやめづき)薫風(くんぷう) 早月(さつき)橘月(たちばなづき) 雨月(うげつ)稲苗月(いななえづき) ◆初夏 若さと活力があふれる夏の始まり。春の代名詞でもある桜も散...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。