スポンサーサイト

初空の月

◆初空(はつぞら) 新年元日の朝の空。新年の初々しい心で見あげる空は、清らかにして荘厳。元日の晴れ渡った空は瑞兆として、雨や雪も豊穣の瑞兆としてそれぞれに喜ばれた。●初空月【はつそらづき】陰暦一月の異名。年が改まって、初空が見える月。人は、未来に思いを馳(は)せるとき、遠く彼方(かなた)に目をやるもの。  これから始まる一年を思いやり、自然と空を仰ぐ人が増えることと思います。   1月が『初空月』と...

Read More

一月・睦月 暮らしの暦

日本人にとって元旦には特別な意味があります。それは去年が今年になったというだけでなくすべてが新たに一から始まるという日で、この世にあるものはみな新しい生命を持ち、生まれ変わると信じられてきたからです。私たちも毎年正月を祝うことで自分を新しい人間に生まれ変わらせていきます。元旦の「元」はもと、つまり源ということです。一年が円還し、原点回帰して新しく復活する日なのです。お正月行事は、新しく降臨された歳...

Read More

一月 睦月・初空月

一月・睦月(むつき)一年の最初の月のこと。旧暦、一月の異称を睦月。旧暦の時代には一月と書くことは稀で、正月あるいは「むつき」といいこれには、睦月(むつき)の字をあてていました。睦月の由来については諸説ありますがなかでは親しい人と睦みあうことからきたという説が通っています。(元つ月(もとつづき)が略されてムツキとなったという説や草木の萌きざす「萌月(もゆづき)」が約されたものだとする説もあります。)「一月」と...

Read More

旧暦一月の異称

一年十二ヶ月。一月から十二月と月に順番をつけて呼べば事足りますが一月が暦に書かれた最初の月と言うだけではあまりに味気がありません。一月は新しい年を迎えるめでたい月であってまた春が近づいてくることを感じる月でもあります。五月には水田に広がる緑の早苗を見て、九月には紅葉した山を見る。それぞれの「暦月」は、そうした生活の記憶で彩られています。○睦月新暦では1月下旬から2月下旬。(1月26日から2月24日)親族が...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。