「10月」(神無月)

「神無月」「神無月」の語源として以下のような説がありますがいずれにしても「神無」は宛字としています。醸成月(かみなんづき): 新穀で新酒を醸す月 神嘗月(かんなめづき): 新嘗(にいなめ)の準備をする月 神な月(かみなづき):「神の月」の意 雷無月(かみなしづき):雷のない月 一般には、出雲の出雲大社に全国の神様が集まって一年の事を話し合うため出雲以外には神様が居なくなる月の意味と言われており出雲では神...

Read More

「10月」(神無月)

●別称神在月(かみありづき)【出雲地方】/雷無月(かみなかりづき)時雨月(しぐれづき)/鎮祭月(ちんさいげつ)/小春(こはる)吉月(きちげつ)/初霜月(はつしもづき)/神有月(かみありづき)季節 : 晩秋(ばんしゅう) ※寒露から立冬の前日まで。 旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり他の国には神様が不在となるからだそうです。神様が集まる出...

Read More

10月 神無月 -秋-

■神無月(カンナヅキ)旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり他の国には神様が不在となるからだそうです。神様が集まる出雲の国では、10月は神在月(カミアリヅキ)と呼ばれます。実際には10月は伊勢神宮の神嘗祭(カンナメサイ)を始め全国各地で神社の秋祭りが盛んに行なわれています。この月、古くから、日本の神々が島根県の出雲大社に集まると信じられていました...

Read More

十月・神無月

◆「10月」(神無月)秋の深まりを感じる爽やかな季節。四季のうつろいが美しい日本では季節ごとに楽しむ習慣やならわしがあります。あらためて楽しむことで毎日を丁寧に暮らすことの意味が見えてきます。 お米や野菜・果物の多くが実りの時期を迎える10月。カラッと晴れる日が多い一方、一雨ごとに気温が下がると感じられることから一雨一度ともいわれる時期でもあります。◆神無月(かんなづき) 朝晩めっきり涼しくなってきまし...

Read More

秋のことのは

秋は夕暮れ。夕日のさして山の端(は)いと近う(ちこう)なりたるに、烏(からす)の寝どころへ行くとて三つ四つ、二つ三つなど、飛びいそぐさへあはれなり。訳 * 秋は夕暮れ(がいい)。夕日がさして山の端にたいそう近くなっているころに、烏(からす)がねぐらへいこうとして、三羽四羽、二羽三羽などと、飛び急ぐのまでがしみじみと感じられる。春夏秋冬・・・それぞれ全く違う顔を私たちに見せてくれる四季は今も昔も人の心...

Read More

実りの秋

■自然界の恵みに感謝を捧げる月。お米が穫れ、木の実が熟し、食膳に焼きたての秋刀魚や鰯(いわし)がのる、豊穣の季節。秋ほど、日本国の豊かさを感じる季節はありません。日本は神話の時代から豊葦原瑞穂国(とよあしはらみずほのくに)といわれています。瑞穂とは、みずみずしい稲という意味で、日本は「米の国」というわけです。縄文時代後期に日本に伝わったと言われる稲を、私たちの祖先は神からの賜物と信じ何千年もの間、...

Read More

10月の生活暦

10月 神無月(かんなづき)  神在月(かみありづき)  雷無月(かむなしづき)■神無月(かんなづき、かみなしづき) 神無月とは、俗説によればこの月には日本国中に散在している八百萬の神々がみな出雲の国へ旅立ちし国を留守にするという意味からと伝えられています。恵比寿、金毘羅、荒神、道祖神が留守を守ります。 10月にえびす講が行われるのは、その留守神様として祭られるからともいわれています。逆に出雲の国では、神在月...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.