スポンサーサイト

晩春の候

◆二十四節気  二十四節気(にじゅうしせっき)は、中国の戦国時代に考案された季節の区分で、1年を12の「中気」と12の「節気」にわけたものです。太陰太陽暦の暦と季節を一致させるために使われていましたが暦が現在の新暦になった今は、季節感を表す言葉として使われるようになっています。●穀雨 4/20頃春の雨が全ての穀物を潤すという意味です。農業を営む人は、この時期に種まきをすると植物の成長に欠かせない雨に恵まれると...

Read More

穀雨・八十八夜

二十四節気の「穀雨」(4月20日頃~5月5日頃)に入りました。二十四節気・穀雨(こくう) 穀雨は「雨がふって百穀を潤す」という意味。田畑の準備が整い、穀物の成長を助ける春雨が降る頃。雨の日が続くと少し憂鬱な気分になりますが植物にとっては大切な恵みの雨。穀雨とは、穀物を育てる雨のこと私たち日本人は、古くから「雨」に風情を感じ、雨についてさまざまな言葉や文献を残しています。雨にまつわる言葉は、それこそ数えきれな...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。