「節分」 如月 二月

2月の和名は「如月(きさらぎ)」旧暦2月は、現在の3月中旬から4月上旬に当たります。春とは言えまだ寒く、着物を更に重ねて着ることから「着更着・衣更着・絹更着」などの意味で「きさらぎ」になったという説が一般的なようです。旧暦では、1~3月が春、4~6月が夏、7~9月が秋、10~12月が冬、と暦で季節の示し方が決まっていたため、2月は春の真ん中。別名に「仲春」「中の春」とも呼ばれます。冬に完全に別れを告げた「雪消月...

Read More

季節を分ける「節分」

2月3日は節分。「節分」という言葉は「季節の分かれ目」「季節を分ける」ということを意味しています。季節には春夏秋冬があり、本来は、それぞれの季節の分かれ目つまり立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをそれぞれ「節分」といいました。しかし次第に「節分」といえば専ら立春の前日のことを指すようになりました。節分は立春の前日をさし、古くは立春を1年の始まりとしたため大晦日と同じように考えられていました。この夜...

Read More

鬼は外 福は内

●『節分』2月3日は『節分』です。節分というのは立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをいうのですが特に立春が1年の初めと考えられることから春の節分が最も重視されています。前年の邪気をすべて祓ってしまうための行事の代表が「豆まき」です。『節分』の行事は最初、“陰陽師”が文武天皇の命により行ったと「日本書紀」に書いてあるそうです。古来から季節の変わり目にあたる節分には邪気が入りやすいと考えられていました。...

Read More

節分・もうひとつの大晦日

雑節 節分(2月3日頃)二十四節気以外で季節の節目を表わすものを「※雑節」といいます。立春の前の日をいいます。冬と春の分かれ目で、明日から暦の上での春を迎えます。豆をまいてけがれを清め、前年の厄払いをし、ヒイラギの枝にイワシの頭を刺して軒先に飾り、家の中に災いが入り込むのを防ぐ行事があります。歳の数だけ豆を食べると、一年間、無事でいられるという言い伝えもあります。「節分」は春夏秋冬の季節の変わり目ごと...

Read More

如月 きさらぎ

春告鳥 はるつげどり梅一枝 うめいっし冬の名残がなかなか去らない二月。「暦の上では、もう春なのに…」ついついそんなことをつぶやいてしまう寒さですが梅の木はつぼみを膨らませ春を告げようとしています。のんびり梅を眺めれば遠くから鶯の鳴き声が聞こえてくるかもしれません。如月(きさらぎ) 陰暦2月の異称。「衣更着」とも書きますが、これは平安末期の歌人藤原清輔(きよすけ)がその歌論書『奥儀抄(おうぎしょう)』...

Read More

恵方巻きと干支

2月は、実は前半に結構行事や歳時があるものだと気がつきました。2月3日は「節分」4日は「立春」8日は「こと始め、針供養」11日は「建国記念の日」14日は「聖バレンタインデ-」※節分雑節の一つ。大寒より十五日目、立春の前日。節分はもともと立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし四季の分かれ目を意味していましたがやがて立春の前日のみをいうようになりました。旧暦では立春正月といって、この日は年頭もしくは年の暮...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.