スポンサーサイト

季節を愛でる色彩語

季節は春を過ぎ初夏。緑は日増しに濃くなっています。濃色は山野を彩り、町を彩っていく。田圃の色彩も街路樹の色彩も、様々な緑色がひたすら広がり青葉、若葉で埋まる季節。「あらたふと青葉若葉の日の光」(芭蕉)春を色で例えれば緑色なのでしょうか。その緑色は、最初は白っぽくなにやら弱々しかった。次第に豊かな緑になり、夏に向かって更に濃色になる。日陰すら緑色に感じるとき、入道雲が広がり、季節は夏。「緑陰に憩ふは...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。