スポンサーサイト

八月(葉月) 季節の歳時記

梅雨明けから続く猛暑、連日の熱帯夜で八月になるとそろそろ疲れがたまってきます。でも八月に入ったら秋はもうすぐそこ。7日~8日あたりに迎える立秋を境目に1日の平均気温は少しずつ低くなり季節は秋へと進み始めます。旧暦八月を「葉月(はづき)」という。その語源には、いろいろの説があります。『奥義抄』によると木々の葉がそろそろ散り落ちる頃なので「葉落月」これを略して「はつき」となったとしています。『類聚名物...

Read More

八月 (葉月)

●葉月 新暦では夏の盛りの八月も旧暦では秋。月の異称や季語も秋のイメージを誘う。 代表的な異称「葉月」は中国では月に生えると信じられていた桂の葉の月という意味。旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。葉月(はづき)は旧暦八月の異名ですがこの名前にも様々な秋の影が織り込まれています。葉月の語源には様々な説がありますが、どれも秋に関係しています。葉月は、古くは“はつき”と濁らずに発...

Read More

八月葉月 暮らし歳時記

八月(葉月) 暦の上では秋のはじまり夏の行事を楽しみながら移りゆく季節を味わう...旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 他に「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)涼しくて露がたまる月と言うこ...

Read More

8月葉月 季節の歳時記

八月 葉月暦の上では秋のはじまり夏の行事を楽しみながら移りゆく季節を味わう。旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 他に、「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)涼しくて露がたまる月と言うこ...

Read More

八月・葉月 季節の暦

八月 葉月(はづき)旧暦の八月は、仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 他に、「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)涼しくて露がたまる月と言うことで「白露」の名称も あります。また、雁(がん)が飛んでき...

Read More

八月 葉月

暦の上では秋のはじまり夏の行事を楽しみながら移りゆく季節を味わう...旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 他に「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)涼しくて露がたまる月と言うことで「白露」の...

Read More

立秋~処暑

立秋 立秋(りっしゅう)は、二十四節気の1つ。または、この日から処暑までの期間。立秋…「秋立つ」といっても、1年を春夏秋冬に4分割して機械的に割出したものなのでまだ実は真夏のまっ盛りで、どこにも秋の気配は感じられない。真夏日や熱帯夜はまだこれからずっと続く。8月7日~8日処暑処暑とは暑さがまだ停っているという意味。一年の内で最高気温を出すのは立秋から処暑までが最も多く処暑から次の白露までもけっこう暑さが...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。