鏡餅

お正月に大小の丸い餅を重ね、年神様へのお供えとして神前や床の間に飾ります。 正月に餅を食べる習わしは、中国で元旦に固い飴を食べる習慣にあやかって宮中で「歯固め」の儀式として始まったそうです。 元々餅は、神様に捧げる神聖な食べ物として用いられていました。 室餅時代になって、床の間のある書院造りが普及するようになり正月に年神様に備える目的で、現在のような鏡餅が定着したといわれています。餅は"望月〔もち...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.