六月(水無月) 雨暦

◆水無月(みなづき)新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨が明け暑さで水が涸れる月ということで「水無月」と呼ばれます。これは、田植え仕事が終わったという意味での「皆仕尽」あるいは田んぼに水が張られている状態「水月」が変化したものともいわれています。また、旧暦六月は「風待月(盛夏になると風が止むことから)」「鳴神月(梅雨明けを告げる雷がなる月)」「常夏月」「蝉羽月」などともいいますがいずれも梅雨明...

Read More

雨の季節 「傘」

六月・水無月命を育む水の季節。しとしとと長雨が続く梅雨時は、湿気の多い蒸し暑い日もあれば梅雨寒(つゆざむ)の日もあって、天気が不安定な過ごしにくい季節です。しかし、この雨と温度が作物の発芽成長を促し日本に豊かな実りを与えてくれるのです。農家では田植えの最盛期を迎えます。太平洋高気圧と大陸高気圧の勢力がぶつかり日本列島に沿って接触停滞するため、梅雨前線が形成されて雨が降り続くわけですが、これも絶妙な...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.