伝統色「梅」

日本の伝統色 『梅』日本には、固有の伝統的な色の名前が数多くあります。どの色も、名前をきくだけで不思議とイメージが浮かんできます。それらの名前にはその色をあらわすために、身近にある「草木」「染料」「生物」などの名が使われました。 草木・・・桃色(ももいろ) 小豆色(あずきいろ) 菫色す(みれいろ) 染料・・・藍色(あいいろ) 梔子色(くちなしいろ)生物・・・朱鷺色(ときいろ)鶯色(うぐいすいろ) 雀...

Read More

春色散歩

春の色彩街に色が溢れ出る季節となってきました。春色を身にまとい、ひらひらと桃や桜のむせかえるような色合い。芽吹き始める新緑の木々。華やぐ色、萌える色、息吹の色など生命感にあふれるさまざまな色が乱舞し始めます。ピンクは日本語に訳すと桃の花の色で表し「桃色」としていますが本来は薄桃色を指しています。日本を代表するピンクは、国家にも指定されている桜です。桜色や紅梅色などの色名があります。薔薇の花の色を表...

Read More

色彩のチカラ

色の持つ意味やチカラを上手に取り入れて日々の暮らしに彩りを♪身の回りにはたくさんの色がありきす。その色によって体調や気分が左右されるのですから不思議です。ものを選ぶ時、形やサイズの他に「色」はとても大事な要素。デザインは気に入ったけれど好みの色がなくて買わなかったこと逆に形はともかく好きな色だったから買ってしまったなど「色」を中心に何かを選ぶことって結構多いもの。私たちを取り巻くたくさんの色たち。...

Read More

日本の美彩色

長い歴史のなかで生まれ育まれてきた日本の伝統色。 主に草木から染め出した、その美しい色合いは日本の風土とも合い しっとりと落ち着きがあり、私たち日本人にとって最も心安らぐ色ではないでしょうか。 日本の伝統色とひとくちで言ってもその内容はさまざまです。 身近な動物や植物から採った名前や、染め材料をそのまま色の名前にしたものなど。 また万葉の昔から使われてきた名前もあれば、江戸の文化と共に生まれた名前 明治...

Read More

色物語

■色の語源色ということばのなりたち「色」をたどることはその国の生活文化をたどる事と同じだといわれます。「色」は色彩そのものとして現象するのではなく、必ず事物をともなってあらわれます。ですから色の名称も風景や事物に託されることが多く色の意味を追求すればそれを表現する生活や風習がそこにあらわれてきます。日本の「色」をたずねることは、日本人の生活や価値観や美意識をさぐる重要なてがかりといえるでしょう。 ...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.