スポンサーサイト

季節の言葉 「五節句」

◆五節句(ごせっく) 季節の替わり目に食物を神に供え災難を避けるという風習に「五節句」があります。※ 人日(じんじつ)の節句、または七草の節句 (1月7日)旧暦正月七日。七草粥を食べて、無病息災を祈る。中国では正月一日が鶏の日、二日が狗、3日が猪、四日が羊五日を牛、六日を馬、七日を人の日とする風習がありそのそれぞれの日にはその動物を殺さないようになっていた。七日は、犯罪者への刑罰を行わない日だったそうです。...

Read More

季節の言葉「雑節」

◆雑節(ざっせつ)生産や生活上の特別の季節を示すものを「雑節」といいます。節分・彼岸・八十八夜・入梅・半夏生・土用・二百十日等。一候の長さはほぼ五日間であるがもともとは中国で考えられたものであるため日本との季節の相違による不都合が生じ後に日本の風土に合った「七十二候」が作られた。ただし、七十二候を解説した文献や暦註を見ると候がずれていたり表現上の差があったりして一様ではない。これは地域による気候の...

Read More

季 節 の 言 葉 「七十二候」

◆七十二候一年間を二十四等分しそれぞれにふさわしい名称をつけたものを二十四節気。そしてその節気の一つ一つをさらに三等分し最初の五日間を初候(一項)、次の五日間を次候(二候)最後の五日間を末候(三候)として一年間を七十二等分したものを「七十二候」という。二十四節気と同様、それぞれの季節にふさわしい名を付けて時候の推移をあらわしたものということができる。■七十二候一覧 [立春] (りっしゅん)2月4日頃。春...

Read More

ひとしお

・・・染め物用語から◆ ひとしお ◆漢字では「一入」と書く。「入」は布を染めるため染料に入れて浸す回数を表す。二回浸すのは「再入」(ふたしお)。何回も色濃く染め上げることは「八入(やしお)」「百入(ももしお)」「千入(ちしお)」「八千入(やちしお)」といった。「紅のやしお(八入)の衣」はベニバナの染料に何度も浸して仕上げた濃紅の衣装のこと。「紅に何度も繰り返し染めた衣のように逢うたびに」という表現にはた...

Read More

季節の言葉 「二十四節気」

日本語は世界に類のないほど豊かな語彙を持っています。たとえば季節を表す言葉だけでもこんなに…陰暦では、四季をもたらす太陽の1年間の動きを二十四等分に分けて「二十四節気」としました。日本には何月何日というデシタルな暦とともに「立春」「清明」「白露」などの美しい言葉で示される「二十四節気」という暦。 四季に恵まれたこの国では「二十四節気」によって自然の再生循環と季節の移ろいを身体全体で感じ 自然との共生...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。