スポンサーサイト

月の暦・暮らしの歳時記

古来、人は、月の動きから日を数え、太陽の動きから季節を知りました。現代、私たちはともすると時に追われ季節感をも失いがちです。日本には「旧暦」とともに使われていた「二十四節気」や「雑節」など季節を表す言葉があり、人々は自然と上手に折り合いながら暮らしていました。豊かな季節の表現や古くからの知恵を知り日々の暮らしを季節感あるものにしたいですね。そもそもカレンダーとは一体何か・・・現在普段使っているカレ...

Read More

染め色 彩々

長い歴史のなかで生まれ育まれてきた日本の伝統色。主に草木から染め出したその美しい色合いは日本の風土とも合いしっとりと落ち着きがあり私たち日本人にとって最も心安らぐ色ではないでしょうか。日本の伝統色とひとくちで言ってもその内容はさまざま。身近な動物や植物から採った名前や染め材料をそのまま色の名前にしたものなど。また万葉の昔から使われてきた名前もあれば江戸の文化と共に生まれた名前明治以降に化学染料が主...

Read More

[小満] (しょうまん)

小満(しょうまん)は二十四節気の1つ。5月21日~6月5日太陽黄経が60度のときで万物が次第に成長して一定の大きさに達して来る頃。暦便覧には「万物盈満(えいまん)すれば草木枝葉繁る」と記されている。麦畑が緑黄色に色づき始める。山野が緑にみちあふれ麦刈りの頃となる。5月の後半になると木々の緑もすっかり色濃くなり花にいろどられた頃を忘れた頃に小さな実が目につくようになる。 緑一色の野山の中で麦畑だけが緑黄色に色...

Read More

年齢ことば

【故事による年齢の別称】 孩提(がいてい) 2、3歳の幼児笑う(孩)ことを覚え、抱きかかえられる(提)年齢。三尺童子(さんせきのどうじ) 7、8歳一尺は2歳半。一説に、身長が三尺ほどだからとする。幼学(ようがく) 10歳昔、10歳ではじめて師について学んだことから。志学(しがく) 15歳孔子が学問に志した年齢。笄年(けいねん) 女子の15歳女子が初めて髪に笄(かんざし)を挿す年齢。破瓜(はか) 女子16歳瓜の字を二分す...

Read More

四季の花

卯の花の 匂う垣根にほととぎす  早も来鳴きて 忍び音もらす 夏は来ぬ      (文部省唱歌佐々木信綱作詞) かつては、夏の到来を知らせる歌でしたが卯の花の垣根もあまり見られなくなった昨今では季節は卯の花やほととぎすを忘れてしまったかもしれません。◆卯の花(空木 うつぎ)ユキノシタ科ウツギ属の落葉低木である空木(うつぎ)の花のこと。日本原産で5月頃に白い5弁の花を沢山咲かせます。幹の中が中...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。