恵方巻きと干支

2月は、実は前半に結構行事や歳時があるものだと気がつきました。2月3日は「節分」4日は「立春」8日は「こと始め、針供養」11日は「建国記念の日」14日は「聖バレンタインデ-」※節分雑節の一つ。大寒より十五日目、立春の前日。節分はもともと立春・立夏・立秋・立冬の前日をさし四季の分かれ目を意味していましたがやがて立春の前日のみをいうようになりました。旧暦では立春正月といって、この日は年頭もしくは年の暮...

Read More

温泉

大寒(20日)を過ぎ寒さが最も厳しい頃ですが暖かい日差し、暖かい部屋、温かいスープ、温かい手… あったかいっていいですね。ほんとにホッとします。寒いこの季節は温泉でゆっくり温まり心も身体も癒されたいです。…という流れから今回は温泉について。日本には約3000ヵ所もの温泉地(宿泊施設のある温泉)があるそうです。湧出(ゆうしゅつ)している温泉の泉質も様々なら、もちろん効能も様々。脱衣所に掲げられている『温泉分...

Read More

雪の華

津軽に「七つの雪」があるという。太宰治が津軽各地を旅して書き下ろしたのが名作「津軽」書き出しに「東奥年鑑より」として七つの雪の名前を挙げています。津軽と限らなければ雪の種類はもっと多く降雪は「たま雪」「こな雪」「はい雪」「わた雪」「もち雪」「べた雪」「みず雪」積雪状態では「新雪」「こしまり雪」「しまり雪」「ざらめ雪」「しもざらめ雪」「こしもざらめ雪」新沼謙治の「津軽恋女 」という歌にも雪の名前を次...

Read More

1月の生活暦

正月(しょうがつ)睦月(むつき)初月(しょげつ) 元月(げんげつ)上春(じょうしゅん) ■ 季節の言葉 ●睦月(むつき) 睦月とは、睦む(仲良く親しみあう)月という意味。新しい年を、上も下も老いも若きも集い合って仲良く迎える月。嘉月、初陽、初春月などのおめでたい異称もある。新しい年が健やかな一年でありますように。初春、寒の入り、松の内、七草粥、小正月、寒土用、厳寒、寒風樹氷、寒雷、風花、初売り、御用始め...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.