スポンサーサイト

雪ほたる

「雪ほたる」 雪で作った灯篭にろうそくを灯した、冬の風物詩。降り積もった雪や、集めた雪の中にキャンドルを灯します。幻想的な光景が「ほたる」ににていることから「雪ほたる」とよんでいます。◆「越後・大島雪ほたるロード」- 新潟県 冬の大島に雪ほたるが舞う「ほたるの里」として知られる上越市大島区。冬にも一夜限りの「雪ほたる」の光がやさしく灯る。区内道路の雪壁に穴をあけ、その中にろうそくをともす。約20キロと雪...

Read More

寒い冬に温かいスープを

大寒【だいかん】一年でもっとも寒い時期という意味です。小寒から数えて15日後とされており、小寒から大寒までの15日間と大寒から立春までの15日間の合計30日間を「寒さの内」といいます。◆寒い朝や外出から帰ってきたら、温かいスープでホッと一息。寒い冬ならではのリラックスタイム。寒い外から帰ってきた後に食べる、やわらかな湯気の立つ温かなスープ。身も心もホッと温かくなります。スープは肉や野菜をコトコトと食べやす...

Read More

いちごの日

◆1月15日は「いいいちごの日」1月5日と同じ「※いちごの日」として、全国いちご消費拡大協議会が1月15日を文字通り、1と5のゴロ合わせで制定し、各都道府県が独自にイベントを展開しています。スーパーやコンビニでは、まだお正月気分が抜けない5日より15日の方をメインに「いちごフェア」等を実施しているようです。※いちごの日1月5日の語呂合わせですが、果物のいちご(ストロベリー)ではなく15歳という世代を表現した「いち...

Read More

寒中お見舞い申し上げます

全国的に厳しい寒さが続いております。皆様、どうぞご自愛下さい。...

Read More

新たに清々しく生まれかわる日

正月・元旦初日とともに、新たに清々しく生まれかわる日日本人にとって元旦には特別な意味があります。それは去年が今年になったというだけでなくすべてが新たに一から始まるという日で、この世にあるものはみな新しい生命を持ち、生まれ変わると信じられてきたからです。私たちも毎年正月を祝うことで自分を新しい人間に生まれ変わらせていきます。元旦の「元」はもと、つまり源ということです。一年が円還し、原点回帰して新しく...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。