スポンサーサイト

季節を愛でる色彩語

季節は春を過ぎ初夏。緑は日増しに濃くなっています。濃色は山野を彩り、町を彩っていく。田圃の色彩も街路樹の色彩も、様々な緑色がひたすら広がり青葉、若葉で埋まる季節。「あらたふと青葉若葉の日の光」(芭蕉)春を色で例えれば緑色なのでしょうか。その緑色は、最初は白っぽくなにやら弱々しかった。次第に豊かな緑になり、夏に向かって更に濃色になる。日陰すら緑色に感じるとき、入道雲が広がり、季節は夏。「緑陰に憩ふは...

Read More

藤の花

関東地方では4月下旬から5月上旬までの短い間に各地で藤の花が見ごろを迎えます。関東地方での藤の花の名所はあしかがフラワーパークが一番ではないでしょうか。広い園内でひときわ目を引くものは藤棚藤の花を囲いの上に這わせることで、地面に紫の雨の様に表現している藤棚。その藤棚はたたみ500畳という驚くほどの規模を有しておりまさに藤の花の名所にふさわしい場所ではないでしょうか。東京にある亀戸天神社の藤まつりに...

Read More

端午の節供

端午の節供5月5日は「こどもの日」そして「端午(タンゴ)の節供」です。「端午」を漢字で書くと、「端」(はし)の「午」(うま)となります。「端」は「はじめ」という意味をもっていて、端午は「初めの午(うま)の日」ということになります。古来中国では、各月に十二支を配置した暦を使っていました。お正月を寅月とし、寅、卯、辰、巳ときて5月が午(うま)月となります。実はこの午月(5月)というのが陰陽道でいうとこ...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。