スポンサーサイト

八月 葉月

暦の上では秋のはじまり夏の行事を楽しみながら移りゆく季節を味わう...旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。 他に「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)涼しくて露がたまる月と言うことで「白露」の...

Read More

エコ&小粋なふろしき

そのシンプルな正方形の布には、日本の美しさのエッセンスが詰まっています。どんなものでも、どんな形にも。相手に合わせて、変幻自在に美しく包む込む風呂敷は日本文化を表すエコの代表的なアイテムです。風呂敷が包むのは「物」だけではありません。日本人はこの布で、物と一緒に「気持ち」まで包んできました。「包む」を代表するアイテム「風呂敷」。「風呂敷」は、何度でも使える、環境に優しいパッケージです。世界には、様...

Read More

涼を呼ぶ演出「花氷(はなごおり)」 

◆「花氷(はなごおり)」flower ice九州製氷氷柱の中に草花などを入れて冷房と装飾を兼ねる「花氷」涼しさをいっぱいに詰め込んだ花氷は、ひとつひとつ手作りの氷の芸術品。氷彫刻ギャラリー flower中に花を入れて凍らせた氷柱。夏に、室内の涼感を呼ぶために立てる。[季]夏夏の季語にもなっている【花氷】とは、氷の中に花を閉じ込めたものを言います。夏の室内に飾って涼を得る事から夏をさす季語となったようです。六角柱花氷...

Read More

盛夏

盛夏お見舞い申し上げます盛夏は、梅雨明けから8月いっぱい(梅雨の無い北海道では7月~8月いっぱい)だそうです。真っ青な空に真っ白な積乱雲。そして目が眩むほどの太陽の輝き。山開き、海開き、川開きが行われ、人と自然とがダイナミックに交流する季節です。夏の雲の代表は何といっても積乱雲。垂直に盛り上がる大きな雲に森羅万象の豪快な息吹を感じます。梅雨明け宣言が出された後の10日間は夏らしい晴天が続くことで知られて...

Read More

七月の行事 『 七夕 』

7月7日 七夕(たなばた/しちせき) 星祭  七夕の節句◆七夕の節句 旧暦の7月15日の夜に戻って来る祖先の霊に着せる衣服を機織して棚に置いておく習慣があり棚に機で織った衣服を備えることから「棚機」という言葉が生まれた。その後仏教が伝来すると、7月15日は仏事の「盂蘭盆(盆)」となり棚機は盆の準備をする日となって7月7日に繰り上げられた。さらに中国から伝わった織女・牽牛の伝説が結びつき天の川を隔てた織姫(織女星...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。