スポンサーサイト

日本の伝統野菜

伝統野菜古来から続く深い味わい「日本の伝統野菜」最近少しずつ注目されている「江戸東京野菜」をはじめ日本各地で地域独特の野菜が育てられ、食べられてきました。それらを総称して「伝統野菜」と呼びます。近年では郷土の"まちづくり"の一環として注目を集めている伝統野菜。◆伝統野菜とは特定の品種ではなく、収穫される土地柄や気候郷土文化の中で伝承されてきた"地域独特"の野菜のこと。種が採れることと、一般的な野菜に比...

Read More

春の山菜の苦味効果

四季折々の到来を告げる旬の物。健康に生き生き過ごすには、味がよく、栄養価が高い旬の物を意識して積極的に食べましょう。「春には苦味を盛れ」という言葉があります。苦味とは山菜の事。昔の人の知恵です。実はこの苦みにこそ、冬から春の体に変わるメカニズムをスムーズにする働きがあるのです。冬眠から目覚めた熊が一番初めに口にするのは「ふきのとう」といわれているのも、ふきのとうの苦みを体内に取り入れることで眠って...

Read More

暮らし歳時記 二月

二月 如月(きさらぎ)旧暦では今の3月ごろ、寒の戻りなど、まだまだ寒く衣を更に着込むことから「きぬさらにき=衣更着」と言われます。寒さの峠が来る頃ですが、立春を迎え、暦の上では春になります。咲き始める花々、バレンタインデー等の春の予感が広がる一方スギ花粉が飛散し始めると、花粉症の人にはつらい季節となります。小草生月(おくさおいつき)華朝(かちょう) 仲春(ちゅうしゅん)初花月(はつはなづき)梅津早月...

Read More

立春

立春立春は一年の四季を画す四立の最初。「春立つ」とはこの日から春となるという意味。二十四節気、いわゆる暦の上の春の最初の日です。古来は、自然の景色の変化から季節の移り変りを把握する「自然暦」を使用していました。飛鳥時代に中国から二十四節気が伝えられると冬至が年の分割の起点と考えるようになり、立春を一年の初めとして暦が作成されるようになりました。明治時代に改暦が行われるまでは、立春は正月とほぼ同じ頃...

Read More

季節を分ける「節分」

2月3日は節分。「節分」という言葉は「季節の分かれ目」「季節を分ける」ということを意味しています。季節には春夏秋冬があり、本来は、それぞれの季節の分かれ目つまり立春・立夏・立秋・立冬の前日のことをそれぞれ「節分」といいました。しかし次第に「節分」といえば専ら立春の前日のことを指すようになりました。節分は立春の前日をさし、古くは立春を1年の始まりとしたため大晦日と同じように考えられていました。この夜...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。