スポンサーサイト

弥生三月 小さな春

まだまだ風の冷たさが身にしみることもありますが陽射しはやわらかく、春の明るさが確かに感じられるようになってきました。草木が一斉に芽を出し、春の歓びをうたう雛の月。旧暦では、二月の梅に続いて三月には桃や桜が花開くので花月(かげつ)、桃月(ももつき)、桜月 (さくらつき)、などといいます。 最もポピュラーなのは、弥生(やよい)です。弥は「いよいよ」「ますます」の意味で「たくさんのもの(植物)が生まれて花盛りにな...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。