スポンサーサイト

水無月 六月暦

◆水無月(みなづき)旧暦の六月は、今の暦の七月にあたるため一年で最も暑い月とされていました。したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)「長夏」(ちょうか)、「常夏」(じょうか)、「炎陽」(えんよう)、「極暑」(ごくしょ)などいかにも暑苦しさを感じさせる名で呼ばれています。最も一般的なのは、「水無月」「水月」と書き「みなづき」と読むものです。梅雨で雨の多い六月の呼び名ですが、先に述べたとおり今の七月にあたるので雨量の少...

Read More

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。