FC2ブログ

月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暦歳時記 九月

lees

私たちの住む日本列島は、比較的四季がはっきりしているといわれています。
かつて生活のリズムは、自然や季節の移り変わりとともにありました。
そしてその節目には、それぞれの行事(習慣、風習、祭り)儀式がありました。
とかく自然との関わりや季節感の薄れてきたといわれる現在人の生活の中で
すでに忘れ去られたもの、その起源やもともとの意味もわからず今に残されたものなど…
それらのいくつかは暦のなかに見ることができます。
それは私たち日本人の祖先が、農耕民族、海洋民族、山岳民族であった証を
遠い記憶の彼方から、時空を越えかすかに匂ってくる土や、海や
風のにおいと共に現在に伝えてくれているかのようです。
■防災の日
9/1の「防災の日」は
1923年(大正12年)のこの日に起きた関東大震災の教訓を忘れない、という意味と
この時期に多い台風への心構えの意味も含めて
1960年(昭和35年)に制定されたものです。
(暦の上では立春から数えて210日めを特に「二百十日」と呼びます。
ちょうど稲の開花期に台風が来たり強風が吹き荒れることに
注意を促したしきたりと言えます)

家庭では、いざという時に備え避難場所の確認や
非常持ち出し袋を用意しておきましょう。
中身は一人で持ち出せる最低限のものを。
また一年に一度は必ず点検、電池やミネラルウォーター
缶詰などは古くなっていれば新しいものと交換します。
その他にも、災害直後には持ち出せなくても後々使用できるように
水やインスタント食品を別にストックしておくと安心です。
阪神淡路大震災では、家具や家電の転倒による被害も多く報告されています。
不安定な家具、また危険なものがないかなどこの機会にぜひ今一度家の内外の点検を!

 「防災用品マニュアル」
地震、台風、そして二次災害・・・
避けられない緊急事態から命を守るための用品満載!
防災用品マニュアル

● 二百十日と防災の日
9月1日が「防災の日」であることはご存じだと思いますが
暦(雑節)の上では「二百十日(にひゃくとおか)」にあたることをご存じでしたか?
「二百十日」とは、立春から数えて210日目の日で
太陽暦では9月1日にあたり、台風襲来の厄日とされています。
それは、この時期がちょうど中稲(なかて)の稲の開花期にあたり
台風の襲来による稲作への損害を警戒して
稲の開花を目印にしたからではないかと言われています。

ところが昭和20年代以降、9月1日に日本に来襲した台風は
昭和24年(1949年)のキティ台風のみです。
つまり、この「二百十日」というのは、統計的に台風が多いわけではなく
台風期を控えての警戒期といえます。
では、統計的に大型台風が襲来するのはいつごろかというと
9月後半で、特に9月26日には、昭和34年(1959年)の伊勢湾台風をはじめ
狩野川、洞爺丸の3つの台風が襲来し、大きな被害を与えました。
自然災害を未然に防ぎ、被害を最小限度に抑えるためにはどうしたら良いか
考えていますか?この機会に改めて家族や職場で「防災」について話し合ったり
非常持出品の中身を確認してみてください。
非常食の賞味期限や医薬品の使用期限が切れていたりしていませんか?

※二百十日(にひゃくとおか)
雑節の一つで立春から数えて210日目のこと。
歴注のひとつ。毎年9月1日ごろ。
暦学者渋川春海が貞享暦を編んだ際、初めて採用したもの。
渋川は釣り好きで、江戸品川の海に舟を出そうとした時
一老漁夫が海上の一点の雲を指し
「50年来の体験によると210日目の今日は大暴風雨になる可能性が高いから
舟を出すのはやめた方が良い」と教えた。
これがはたしてその通りになったため、貞享暦に書き入れたという。
太陽暦(新暦)では9月1日前後で一定するが、太陰太陽暦(旧暦)では
7月17日から8月11日前後まで「二百十日」がどの日に該当するのかが一定ではなかった。
そのために必要になった暦注であると言われている。
でも、二百十日は季節点という。つまり、秋のはじまり
八朔(旧暦8月1日)や二百二十日とともに農家の三大厄日とされている。
台風襲来の特異日とされ奈良県大和神社で二百十日前3日に行う「風鎮祭」
富山県富山市の「おわら風の盆」など各地で風鎮めの祭が催されてきた。

※風の盆
富山県八尾町で、毎年9月1日から9月3日まで行なわれます。
元来は盆行事の一つでしたが、後に二百十日の9月1日の厄日払いと
豊作を祈願する祭りに変化しました。
そこで踊られる「越中おわら節」は有名です。


※二百二十日(にひゃくはつか)
雑節の一つで、立春から220日目の日。毎年9月11日ごろ。
八朔(旧暦8月1日)・二百十日とともに、天候が悪くなる農家の三大厄日とされてきた。統計的には、台風は二百十日から9月下旬にかけて襲来することが多く
二百十日よりも二百二十日の方を警戒する必要がある。

◎ 防災情報のページ 
http://www.bousai.go.jp/
内閣府防災部門のページです。
防災に対する国の基本方針から、各種災害の対策や
防災関連の各種情報が盛りだくさんです。
◎ 防災気象情報サービス
http://tenki.or.jp/
全国各地の地震、津波、台風の情報と、注意報や警報を掲載しています。
◎ 防災情報提供センター
http://www.bosaijoho.go.jp/
国土交通省の持っている防災情報を簡単に検索でき
また省内の防災情報を集約して分かりやすく情報提供しています。

ku

■白露(はくろ)
9月8日頃(2006年は9月8日)
草の葉に白い露が結ぶという意味。
野には薄の穂が顔を出し、本格的な秋の到来を感じられる頃。
太陽が離れていくため、空が高くなっていきます。

■重陽の節句 『御九日』~秋の収穫を愛でる~
『御九日』(おくにち)は、読んで字の通り9日をていねいに言ったもの。
この日に行う秋祭りには収穫を祝うものが多く尊んで御九日と呼ばれるようになりました。
古来、奇数は陽の数とされ(偶数は陰の数)その陽の数の最大の『九』が重なる
旧暦9月9日は中国から伝わった『重陽の節句』でもあります。
中国では菊の花の気品と香は邪気を祓い寿命を延ばすと考えられており
菊酒を飲んだり高い山に登ったりする習俗がありました。
日本でも、平安時代に宮廷行事として取り入れられ
江戸時代には五節句のひとつとして民間に広まりました。
現在では新暦で行うところも多く特に有名なのが
長崎・諏訪神社の『おくんち』
これは御九日がナマった呼び名で10月7日~9日に
神輿や奉納踊りが出て盛大に行われます。
お祝いの方法は地方によって異なり、赤飯や小豆飯を炊いたり
甘酒を飲んだり、茨城や長野、埼玉ではこの日に茄子を食べると
病気にならないとする伝承があります。

重陽(ちょうよう)とは
五節句「人日(じんじつ)(一月七日)・上巳(じようし)(三月三日)
端午(たんご)(五月五日)・七夕(七月七日)・重陽(九月九日)」の
一つで9月9日のことをさします。
旧暦では菊が咲く季節であることから菊の節句とも呼ばれます。
節句の名には春の桃、初夏の菖蒲、そして秋の菊と
季節を代表する花が配されています。

kiku

他の節句同様、重陽の節句も中国伝来の祭日です。
中国の思想、陰陽思想では、奇数は陽の数であり
陽の数の一番大きな数字の9が重なる日なので「重陽」と呼ばれ
この9が二つ重なる9月9日は大変めでたい日とされていました。
日本には平安時代初期に伝来し、始めは宮中行事として
貴族の間だけで行われました。
当時は中国から伝来したばかりの珍しい花だった菊を眺めながら
「観菊の宴」を開き、菊酒を飲んだり詩歌を読むなどして
長寿を祈ったといわれています。
菊酒とは菊の花びらを浸したお酒のことで
その芳香と菊の花の高貴な気品によって邪気をはらい
寿命を延ばすと考えられていました。
また、早朝に菊花にたまった朝露を飲むと長寿によいといわれます。

春や夏の節句と違い、今では一般的ではないこの節句ですが
今に残る菊人形展や菊の品評会などはこの重陽の名残だと思われます。
菊は桜とならんで日本の代表的な花となっており
観賞菊の交配が盛んでその数は二千種ともいわれ
キク科でないものまで入り込んでいます。
つまりそれだけ日本人に愛されている花といえるでしょう。
古事に習って早咲きの菊の花を酒に浮かべて長寿を願い
ほどほどに飲む、というのも風流なのでは。

jas

■敬老の日

□敬老の日のいわれ
聖徳太子が現在の大阪市に悲田院(ひでんいん)という
身よりのない老人や病人を収容する救護施設を設立した
と伝えられる日にちなむものです。
現在の敬老の日は1954年(昭和29年)に
「としよりの日」として設けられたのが始まりです。
この呼び方に各界から異議が起こり「老人の日」に。
そして1966年(昭和41年)に現在の「敬老の日」と改められ国民の祝日となったのです。

□還暦になぜ赤いチャンチャンコ?
長寿のお祝いは数え年で61歳(満60歳)になる
還暦からお祝いするのが習わしとなっています。
60歳は人生で5回目の年男、年女になる年。
生まれた干支に還って赤ちゃんに戻るという意味で
赤いチャンチャンコとずきんを送るというのがしきたりでした。

■長寿のお祝
長寿の祝いは、数えで61歳(60歳)になる誕生日
「還暦(かんれき)」から祝うのが習わしです。

還暦
(かんれき) 数え年61歳
61歳で生まれた年の干支にかえる本卦還りをお祝いする。
古稀
(こき) 70歳
中国の詩人杜甫の詩「人生七十古来稀なり」からつけられた。
喜寿
(きじゅ) 77歳
「喜」の字を草書体で書くと「」となり、七七に通じるところからきたもの。
喜の字の祝いともいわれる。
傘寿
(さんじゅ) 80歳
「傘」の字を簡略化すると「」となり八十と読めることからきたもの。
米寿
(べいじゅ) 88歳
「米」の字をバラバラにすると八十八となることから。
米の祝いともいう。鳩のかざりのついた杖を贈る習わしがあった。
卒寿
(そつじゅ) 90歳
「卒」の字は簡略化すると「卆」となり、九十と読めることから。
卒寿からは毎年長寿祝いをするのが一般的。
白寿
(はくじゅ) 99歳
「百」の字から上の一をとると。「白」になることから99歳を白寿とした。
百賀
(ひゃくが) 100歳
100歳を百賀の祝い、101歳を百一賀の祝いといって毎年祝う。

* 楽天市場 敬老の日 *
http://event.rakuten.co.jp/keirou/

aco

■秋分
春分の日(3/21頃)と同じく、太陽が真東から出て真西に没する日。
このため、昼と夜の時間が等しくなります。
大体9月23日頃にあたり、秋の彼岸の中日
(秋分の日をはさんで前3日、後3日、合計7日が彼岸)で国民の休日にもなっています。
近年は温暖化の影響でまだ暑さの 残る気候ですが
かつては暑くもなく寒くもないさわやかな時節とされ
収穫と秋祭りの時期でもあります。
太陽が真西(極楽浄土の方角)に沈むことから、仏教の教えでは
この期間にお墓参りなど先祖の供養を行い、仏壇のある家では花を供えたり
故人の好物だった菓子や果物、おはぎなどを供えます。
お寺では“秋の彼岸会”が行われます。

■お彼岸 ~ 極楽浄土の彼(か)の岸へ~
暑さ寒さも彼岸まで‥‥の言葉のように
お彼岸はちょうど春分、秋分の季節に行われます。
気候は暑からず寒からず、昼と夜の時間は同じ
これらは仏さまの教えである「中道(ちゅうどう)を守れ
何事も極端をさけること」に通じます。
彼岸とは、迷いの世界である此(こ)の岸から悟りの世界である彼(か)の岸へ
到るという到彼岸(とうひがん)から名づけられた行事で
彼岸会(ひがんえ)といわれます。
お釈迦さまは自分も他の人もともに幸福になる到彼岸として6つの教えを示されました。

●布施(ふせ)
物質であっても心であっても、人に喜びを分け与えること。
●持戒(じかい)
規律を守り、節制ある生活を行うこと。
●精進(しょうじん)
目的に向かってたゆまず努力すること。
●禅定(ぜんじょう)
常に平静な心を持ち続けること。
●忍辱(にんにく)
心を動かさずに耐えしのぶこと。
●智恵(ちえ)
人生の真実を見きわめ、迷いを去って無上(真に悟る)の境地にいたること。

お彼岸は中日(春分・秋分の日)を中にはさんで前後3日間です。
この1週間は仏様、ご先祖様への報恩感謝のお寺参り、お墓参りを行います。
そしてまた、自分自身がお釈迦さまのお教えにかなっているか
もう一度ふりかえってみる機会でもあるのです。

※「ぼたもち」と「おはぎ」
仏壇がある家では彼岸前にでも掃除をし花などを生けぼたもちなどをお供えします。
春は「ぼたもち」、秋は「おはぎ」といいますが、実は同じ物。
これは季節の花に関係しています。
春は牡丹、秋は萩にたとえられています。

hi

【初めて彼岸を迎える】
故人にとって初めて迎えるお彼岸の供養は特に手厚く行います。
お彼岸入りの前までに仏壇、仏具を綺麗にし、お花や供物を供えます。
彼岸の中日には彼岸だんごをそなえ線香をたきます。
できれば僧侶を招き読経してもらいたいものですが
招かない場合でもお墓参りは行いたいものです。
また、家族やごく親しい人で供養しますので
その他の方は招待する必要はありません。
ただし、遺族などから声がかかることがなくても
故人と特に親しい場合はお墓参りをしたいものです。
特に遺族に断らなくてはいけないことはありませんので
季節の花や好物などを供えて冥福を祈ります。

【お墓参り】
お墓参りですが、彼岸中であればいつ行ってもかまいません。
用意するものは生花、線香、ロウソク、御供物、マッチ、数珠
ゴミ袋、ほうき、ちりとり、手桶とひしゃくなどです。
お墓参りの手順ですが、墓の掃除(周囲の雑草、お墓のよごれ)
生花・御供物を供える、線香に火をつけ供える、手桶の水を墓石にかける
その後しゃがんで合掌し一礼、という手順で行います。
ふだんは忙しくていけないお墓参りですが家族そろってお参りしましょう。

【僧侶を招く場合】
自宅に僧侶を招く場合は、読経の謝礼(僧侶)として
お布施とお車代を包みます。
のし袋は白無地のものを用い、表書きは「御布施」「御車代」とします。
お布施の金額の目安はそれぞれなので
菩提寺に相談するのがいいと思います。

10

■秋社日(あきしゃにち)雑節 9月26日
秋分に最も近い戊(つちのえ)の日をいいます。
田(土)の神様に初穂を供え、豊穣を感謝します。
□社日
春分、秋分に最も近い戊(つちのえ)の日。
五行説では戊は"陽性の土"であるから、春は五穀の豊穣を祈念し
秋はその成熟を祝して神に感謝した日。
中国を起源とし、中国では土地の守護神を社といい
それをまつる日が社日であった。

■ 秋の七草
・萩(ハギ)
・桔梗(キキョウ)
・葛(クズ)
・藤袴(フジバカマ)
・女郎花(オミナエシ)
・尾花(オバナ/ススキのこと)
・撫子(ナデシコ)

秋の七草とは次の7つのことで、秋を彩る植物として親しまれています。
7ku
萩(ハギ)/
「萩」とは「秋に咲く草」という意味。お彼岸のおはぎは、この萩に由来します。
桔梗(キキョウ) /
花期は夏なので、夏の着物によく描かれています
葛(クズ)/
茎で籠や布を織り、根から採取したでんぷんがくず粉となる。
漢方薬の葛根は根を乾燥させたもの
藤袴(フジバカマ)/
香りが強く、貴族たちは湯に入れたり、衣服や髪につけていたとか。
別名「蘭草」「香水蘭」
女郎花(オミナエシ)/
恋に破れて身投げした女の脱ぎ捨てた山吹色の衣が、この黄色い花になったといいます。
白い花だと「男郎花(オトコエシ)」。自然交配種は淡い黄色で「オトコオミナエシ」
尾花(オバナ) /
ススキのこと。草が茂っている様子が「薄(ススキ)」で
穂が出た状態は動物の尾に見立てて「尾花」という。
茅葺き屋根の材料として使うので「茅(カヤ)」ともいう
撫子(ナデシコ) /
愛児を失った親がその子の愛した花を形見として撫でたことに由来し別名「片身花」という。
日本女性の代名詞「大和撫子」はこの花からきています

春の七草は、1月7日の七草粥として有名ですが
秋の七草には直接何かをする行事がなく、主に観賞用。

bascket

 今日は何の日? 平成十八年 九月 長月

1 金 先負
二百十日、関東大震災記念日、吉田寺鳩にがし法要、防災の日
レビュー記念日、霞ヶ浦の日、映画ファン感謝デー

2 土 仏滅 越中おわら風の盆、宝くじの日、靴の日

3 日 大安 草野球の日
 
4 月 赤口
山梨腹ぼて祭り、滋賀日雲神社太鼓踊、くしの日、釧路の日、クラシック音楽の日

5 火 先勝 二見夫婦岩大しめ縄張神事、松尾寺修験道まつり、石灰の日

6 水 友引 黒の日、救急医療週間

7 木 先負 秋田飾山囃 

8 金 仏滅 白露 、国際識字デー、平和条約調印記念日、全国かかし祭

9 土 大安 重陽、救急の日、チョロQの日、ファミリーカラオケの日

10 日 赤口 石川高倉彦神社早舟狂言、全国下水道促進デー、屋外広告の日

11 月 先勝 二百二十日、芝大神宮しょうが市

12 火 友引 福岡箱崎宮放生会、水路記念日、宇宙の日、マラソンの日、コスモスの日

13 水 先負 白河提灯祭、世界の法の日

14 木 仏滅 岸和田だんじり祭
 
15 金 大安 安乗の人形芝居、老人の日、ガールスカウト国際平和の日、ひじきの日

16 土 赤口 鎌倉鶴岡八幡宮やぶさめ、マッチの日

17 日 先勝 東大寺二月堂十七夜 

18 月 友引 敬老の日、かいわれ大根の日

19 火 先負 岩手水沢駒形祭、小室浅間神社流鏑馬、国際平和デー

20 水 仏滅 秋の彼岸入り、藤崎宮秋の例大祭、動物愛護週間、空の日、バスの日

21 木 大安 秋の交通安全運動、鎌倉宮薪能 

22 金 友引 伊勢神宮秋の神楽祭、天岩戸神社秋祭、日本救世軍創立記念日
  
23 土 先負 秋分の日、千葉大原裸祭、不動産の日、テニスの日、愛馬の日

24 日 仏滅 環境衛生週間、結核予防週間、清掃の日

25 月 大安 石川唐戸山神事相撲、大分とろや行事、10円カレーの日

26 火 赤口 秋の彼岸の明、秋社日、和歌山日前国懸祭、富山こきりこ祭、ワープロ記念日

27 水 先勝 世界観光の日、女性ドライバーの日 

28 木 友引 島根須我神社なすび神事、パソコン記念日

29 金 先負 クリーニングの日、招き猫の日

30 土 仏滅 クレーンの日、クルミの日



 「イロハニ歳時記」
春の音、夏の匂い、秋の色、冬の味わい
おうちで楽しむ今どき歳時記。おうちの中で感じる季節」の本。
イロハニ歳時記

 「旧暦ライフ温故知新」
「旧暦」とは月の動きで日付を太陽の動きで季節を測る「太陰太陽暦」のこと。
季節を二十四に分ける(二十四節気)新暦に対して
一か月程遅い、同じ時期に同じ日付にならない等々。
ちょっとフシギな旧暦を当世の私的な日常生活に当てはめ
旧暦の仕組みと共に画と文で紹介。
旧暦ライフ温故知新

 「和ごころ暮らし」
日々の暮らしの中に、四季の移り変わりや
美しいものをさりげなくとり入れる日本の伝統と
現代の生活をミックスさせた、日常生活歳時記。
なんでもない普通の生活がちょっとした心遣いや小物で
また違った彩りをみせてくる。美しいイラストと共に。
和ごころ暮らし

 「お菓子な歳時記」
和洋、四季のお菓子が織りなす甘美な世界。
一年のさまざまな節目において時に主役を演じはたまた脇役に徹するお菓子。
その知られざる由来、エピソード、文化を季節ごとに綴った至福のエッセイ
お菓子な歳時記

 「えこよみ」
二十四節気や七十二候を通じて四季の移ろいや身近な自然を感じる絵本。
古くから伝わる季節の言葉と美しいイラストに新暦のカレンダー。
日々の暮らしの中に小さな自然の変化を見つけたらこの本を開いてみて下さい。
あなたの生活と自然が実はとても近くにあることに気がつくかもしれません。
えこよみ

 「美しい暦のことば」
暦には24節気72侯があり、暦のことばは私たちに季節の美しさを教えてくれます。
美しい暦のことば


FC2 Blog Ranking 人気ブログ検索ブログフリーク 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 
関連記事
スポンサーサイト

タグ:二百十日 防災 敬老 雑節 重陽 白露 彼岸 七草

Comment

point

遠いリズムとかいわれています
民族と節目などを意味したかった。

2006/09/03 (Sun) 14:02 | BlogPetの妃月 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。