月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月の生活暦

ij


12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。
この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのは
やはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月
と言う様子も目に浮かびます。
年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが
大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し
整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。

師走 、弟月、 親子月、 限月 、暮古月、 厳月、 建丑月 、極月
茶月、 三冬月、 年積月、 春待月 、氷月、 臘月


■ 季節の言葉

●師走(しわす)
一年の最後の月であり、区切りをつけて新年を迎える準備に忙しい月。
普段は落ち着き払ったお坊さん(禅師)も
忙しさのために走り回る、ということからきた名。
旧暦では冬の終わりにあたるので、春待月、梅初月の名もあります。

師走という呼び方は、もともとは旧暦での呼び方ですが
現在は新暦のこととして使われています。
「しわす」は「しはつ」で、漢字で「為果つ」と書く月のことだともいいます。
そのほかの説としては、年の暮れになり師匠も趨走(チョコチョコ走る)するので
「師趨」だったのが、やがて「師走」と書くようになったというものがあります。
また師は法師で、坊さんがお経を読みに走る(昔はお盆と同じだった)ので
「師馳月」が略されたともいう説もあります。
また1年の最後の月なので「歳極つる月」
または「歳極する月」の訛りだとする辞典もあります。

■ 時候の挨拶
初冬の候 
寒冷のみぎり 
今年も残り少なく 
歳晩の候
歳末何かとご多端の折柄
寒気きびしき折柄
めっきり寒くなり
師走に入って一段と寒く
今年もいよいよ押しつまり
あわただしい師走となり
年もせまり何かとご繁忙のこと

12b


冬至(22日頃)、クリスマス、大晦日、明冷、初冬、寒冷、年末
歳末、師走、寒気、木枯らし、短日、霜柱、行く年、年の瀬
除夜の鐘、極月、餅つき、冬木立、忙月


○風花(かざはな)
晴天の寒い日に舞うようにちらつく雪のこと。
風の吹き出す前や、吹き始めに多い。

○冬将軍⇒寒波
冬になると毎年11月~3月ごろにかけてユーラシア大陸から日本付近に向けて
冷たい寒気が軍団となって波のように流れ込んできます
これが寒波で冬将軍とも呼ばれています。
フランスの皇帝ナポレオンがロシアに攻め込んだ時
厳しい寒さにはばまれて、敗退を余儀なくされました。
その厳しい寒さを擬人化して「冬将軍」と言われました。
さらに第2次世界大戦時中にもヒトラー率いるドイツ軍も
ソ連侵攻の時に、この冬将軍に阻まれました。

○寒冷前線
冷たい空気が暖かい空気を押し上げながら下に潜りこんでできた前線。
寒冷前線が通過すると、気温が急に低下して、短時間に激しい雨や突風、雷を発生させる。

○雪起こし
降雪期の前に雷が鳴ること。雷が雪を起こしたかのように本格的な冬の始まりを告げる。
12d


○なまはげ
大晦日の夜、雪を踏み締めてやって来る鬼たち!
秋田県男鹿半島の村々に伝わる祭り、大晦日の夜、村の青年たちは
鬼面や蓑(みの)をつけて鬼に扮して、手には出刃包丁、手桶などを持ち家々を回ります。
「泣く子はいねが、怠け者はいねが」と大声で家に入ってきます。
なまはげは家内安全、五穀豊穣を祈った後、家の主人から酒や餅で歓待を受けます。
「なまはげ」とは、火にあたってできた火ダコを取る”なもみはぎ”が語源です。
火ダコができるような怠け者を戒めたものです。
赤神神社五社堂の行事だったものが、男鹿半島の集落に広まったと言われています。

○年越し
年越しの夜は年の夜、年夜と呼ばれるが、大晦日自体をそう呼ぶのは
この日夜が重要な時間とされていることをあらわしている。
かつては日の入りが一日の終わりであるとともに
新しい日の始まりと考えられていた。従って一年の始まりは
現在の大晦日の夕刻からで、その夕食が一年で最初の食事になる。
これが年越しの正式な食事で、年神に供物を供え家族が揃って祝を行う機会でした。
東北地方で大晦日の正式な食事そのものが年取りと呼ばれていたのもこのためです。
年越しそばもこのような食物の一つであったとようです。
そして年越しの夜は一晩中起きて火を焚き
神と共に過ごすのが本来の姿であったようです。

年越しは、新年を迎えるために一年のけがれを払い
祝いの準備をすることをいいます。
年々簡略化され、日本の正月風景も変わってきていますが
大正期までは12月13日は「事始め」といって大掃除をして準備を始める日でした。
家中を清浄にし、注連縄(しめなわ)を飾って新たなけがれを防ぐ。
そして年神様が降りてくる場所である門松を立て
25日ころには餅つきやお節料理の用意を始めました。
餅やお節料理は正月の保存食でもあるが本来は正月三が日に
神様と食事をともにするための大切な料理でした。
大晦日には年越しソバを食べ、除夜の鐘を聞き終わると
初詣に出かけて一年の幸を願ったのです。

○根雪[読み方:ねゆき]
一冬の中で最も長く連続して存在した積雪のことを指します。
根雪の概念は地方により異なるため、気象庁では積雪の長期継続期間
(長期積雪)を使用しています。

○歳暮
文字通り年の暮れ、1年の終わりを告げる季語で12月の季語でもある。
一般には、暮れに世話になった人に対し感謝するなどの歳暮周り
(せいぼまわり)と呼ばれる年中行事が行われる事が多い。
このときに贈り物がされ、この贈答品がお歳暮と呼ばれ
現在では「歳暮」「お歳暮」といった場合、この贈答品、または
贈り物の習慣を指すことが一般的である。
近年ではこの習慣を不要と考える人も増え、廃れつつある習慣である。
本来は直接訪問して贈り物をするものであるが
近年では百貨店などから直送
(実際には宅配便のシステムを利用)で相手方に贈られることが多い。

12e


■ 季語
行く年(仲冬)
冬桜(晩冬)
雪(晩冬)
霜柱(三冬)
冬籠(ふゆごもり)(三冬)
年忘(としわすれ)(仲冬)
大根引(初冬)
年の暮(仲冬)
古暦(仲冬)
冬木立(三冬)
鴨(三冬)
凩(こがらし)(初冬)

◆大雪
初候  鳥不鳴  鳥も鳴かなくなる寒い季節
次候  武始交  虎が気を感じて生育する季節
末候  茘挺出  韮が芽を出す季節


二十四節気の一。陰暦11月の節で立冬より30日後
小雪より15日後に当たり、太陽黄経が255度に達するときである。 
もう山の峰は積雪に覆われているので、大雪という。
平地も北風が吹きすさんで、いよいよ冬将軍の到来が感じられる。
この時節、時として日本海側では大雪になることもある。
ぶりやはたはたの漁が盛んになる。熊が冬眠に入り、南天の実が赤く色づく。

◆冬至
初候  蚯蚓結  蚯蚓(みみず)がかたまりとなる季節
次候  麋角解  大麋(たいひ)のたぐいもその角を落とす季節
末候  水泉動  水泉が動きはじめて道を通さなくなる季節


二十四節気の一。陰暦11月の節で立冬より45日後、大雪後15日に当たり
太陽黄経がちょうど270度になる。
冬至とは、北半球では一年中でいちばん昼が短く夜が長い日で
次の日からまた昼が長くなっていく。
この頃から次第に寒さも厳しくなる。
年末頃に日本列島を通過する低気圧を、特に年末低気圧と呼び
これを境にして本格的な冬将軍の訪れになることが多い。
鹿の角がとれ、雪の下から麦が伸びてくる。
昔からこの日を祝う風があり、特にその日が旧暦十一月一日にあたると
「朔旦冬至」といって瑞祥され、宮中で祝宴が行われた。
またこの日、民間でも小豆粥やかぼちゃを食べ冷酒を飲みゆず湯に入る風習がある。
昔から、この日に柚子湯に入ると無病息災、かぼちゃを食べると
中風(ちゅうぶう)にならない、風邪をひかないといわれている。
これは野菜類の乏しい季節にそれを春を呼ぶ神に供えた名残りでしょう。
かぼちゃにはビタミンAの母体となるカロテンがたっぷり含まれており
健康野菜としてもっと利用したいものです。
uzu2


◆正月飾りと鏡餅
九(苦)をつく…と嫌って28日に餅をついたことにならって
28日には鏡餅などを買い、29日には門松やしめ縄
鏡餅などを飾り終えるようにする。
昔から、30日に飾るのは一夜飾りといって嫌う。
この鏡餅は古くから神聖視されていた鏡に似ていることから名付けられ
太陽と月になぞらえた大小の餅を神々に供えるもの。
うえには橙(だいだい)を乗せるが
これはこの果実が成熟しても落下せず
これを代々繰り返して大きくなることから「相変わらず」として
縁起をかついでのこと。
 
◆注連縄(しめなわ)
「標(しめ)なわ」の意味で神域を示し
このなかには災厄が入らないとされ
魔除けの意味で新春の門戸に飾られるようになった。
12h
 
◆門松
いつもは山にいる歳神(としがみ)様(穀物の精霊,稲の魂)を迎えるために
迷わない道しるべとして立てられる。
竹を斜めに切ったものを3本組み合わせて、まわりを松で囲むか
もっと簡単に松の小枝だけを立て輪飾りをつける。
松竹梅を使うようになったのは鎌倉時代以降で
厳寒にも緑を失わない松、しなやかに伸びる竹
そして百家にさきがけて花咲き薫る梅は
「歳寒(さいかん)の三友」と呼ばれめでたいもののしるしとされてきた。
 
◆年越しそば
くる年の無病息災を細く長く、いつまでも幸せにと願うもの。
昔、金箔師が仕事場に散った金粉や銀粉を拾い集めるのに
そばの団子を使ったことから「金銀をかき集める」とも言われる。
 
◆大晦日(おおみそか)と新年
古くはお正月とお盆には、祖先の霊を迎えてともに祝い
その年が恵みの多い年であるようにと祈り
またあの世に送りだす「祖霊まつり」の行事であった。
のちに祖霊まつりはお盆の行事となり、お正月は五穀の神
農業の神など「歳神(としがみ)」を中心に祭るようになった。
12月末日を大晦日というが、かつては一日の区切りが夕(日没以降)で
新年は大晦日の夕方から始まりお迎えした歳神様とともに
みんなでお節料理をいただいた。
大晦日の夜は年の境目で、年越し・大年(おおとし)・除夜などという。
家々で神棚や、新たに特設した年棚に神酒(みき)や餅その他の供物を供え
年(歳)神を迎えるために身を清め終夜眠らずに過ごすのが古い慣わしであった。

◆除夜
徐歳(じょさい)、徐夕(じょせき)などとも呼ばれ
旧年を除く意味で、大晦日の夜のことを言う。
この夜には新年を迎えるためにいろいろな行事か行われ
年神を迎えるために徹夜をする風習がある。
早く寝ると白髪になるとか、しわが寄るなどといわれている。
寺社では年籠りを行い、若者や子供が夜を明かしたりした。
寺院では除夜の鐘を百八つ撞く、百七つは年内に撞き
残り一つを新年に撞くとしている所もある。
百八つは人間の煩悩の数だとされ
鐘の音が人間の煩悩を追放してくれると言う仏教の考えによるものです。
京都市知恩院の鐘は日本最大のもので撞木も大きく
引き綱は十一本もあり、二十名・三十名の僧によって撞かれます。
撞く時は豪快です。
若い僧が綱の端を持って撞木をゆすりいよいよというときに
鐘楼のふちに両足をかけ、全身をそり返えらせて叩きつける。
除夜の鐘は大晦日の夜にテレビ中継され
今日ではすっかりなじみの深い風習になっています。

12g


■ 誕生石・花 
誕生石=ターコイズ(トルコ石)、ジルコン、ラピスラズリ、ブルートパーズ
誕生花= 水仙、カトレア

■ 旬の味 
年越しソバを食べるのは、昔、金細工をする職人が
散らばった金をソバ粉を練った団子にくっつけて集めていたことから
金がお金に通じ、「お金を集める」縁起のいい食べ物とされたことも
その理由の一つだといわれている。
魚介類=カキ、ナマコ、ハタハタ、鱈、金目鯛、ホッケ、フグ、ムツ、ワカサギ、タコ
野菜・果物=白菜、しいたけ、かぶ、ごぼう、みつば、ゆず、みかん

■ 今月の草花 
この季節の花としては福井県の越前海岸に群生する日本水仙の花が有名。
冬に咲く数少ない花である。家々の庭では寒椿や枇杷の花も咲き始め
シクラメンやポインセチアの華やかな色が花屋の店先に並ぶと
今年もいよいよ押し詰まってくる。
寒椿、水仙、枇杷、君子蘭、シクラメン、ポインセチア
寒牡丹、薮小路や千両、万両などの実
12f


■年賀状文例集

・ 謹賀新年
新春を迎え平素のご厚情を深謝し 皆様のご多幸をお祈り申し上げます

・ 謹んで新春を寿ぎ奉ります
年頭に際し平素のご厚情を謝し
あわせて倍旧のご交誼の程をお願い申し上げます

・ 謹賀新年
平素のご愛顧を深謝し
本年も相変わらずよろしくお引立ての程お願い申し上げます

・ 謹んで新春のお慶びを申し上げます

・ 賀正
旧年中は格別のご厚情を賜り有難く御礼申し上げます
本年も相変わらずご交誼の程ひとえにお願い申し上げます

・ 頌春
毎々格別のお引立てに預かり有難く厚く御礼申し上げます
なお本年も相変わらずご愛顧のほどお願い申し上げます

・ 謹んで新春をお慶び申し上げます
旧年中は色々とご交誼をいただき有難うございました
何卒本年もよろしくご指導とご鞭撻の程お願い致します

・ 謹んで新春の御祝詞を申し上げます
お健やかに新春をお迎えのことと存じます
昨年は何かとお世話になり有難うございました
本年もなにとぞよろしくお願いいたします

・ 迎春
皆々様のご健康とご多幸をお祈り致しますと共に
なお本年もなにとぞよろしくお願い申し上げます

・ 賀春
平素の疎遠をお詫び申し上げ
なお一層ご交誼の程お願い申し上げます

nenga1

■年賀状を書く時の注意点

刷されたもの、またはパソコンで作った年賀状には
手書きで一筆添えたり、千代紙などで飾り付けをすると良いでしょう。
ただし飾りをつける場合は、定型外郵便扱いになることがありますので
重さや厚みに注意して下さい。
また、飾りがはがれたり機械に通す際につぶれたりしないよう
貼り方に気をつけましょう。

私製ハガキで出す場合は、切手の下に赤で「年賀」と書きます。
これがないとどんなに年賀状らしくてもすぐに配達されますので注意しましょう。
切手は年賀切手を貼りましょう。
ただし私製葉書による年賀状を好ましく思わない人もいるので注意が必要です。

こちらから年賀状を出していない人から届いたらすぐに年賀状を出します。
この場合の文面は、松の内(1月7日頃)に届くようであれば
通常の年賀状と同じように、松の内に届かないようなら寒中見舞にします。


 「季節の花ごよみ」
季節の移り変わりを教えてくれる二十四節気の説明がついた花ごよみカレンダー
季節の花のイラストを大胆にレイアウト。つやのある竹の綴じ具がアクセント
月ごとに節気の説明があります。 日付の下にはメモスペースがあります。


 「毎日が楽しくなる暦帖」
お正月から大晦日まで、一年間の日本の代表的な伝統文化
風習、祭事などを各月ごとにわかりやすく説明。
また二十四節気、七十二侯、旧暦、月齢といった日々のデータはもとより
行事や記念日、過去の出来事も見やすく表にまとめています。
ところどころの水彩画が目にも楽しく、読んでわかりやすい
調べて便利な一冊。


 「四季旬菜」
食べものの旬の歓び。いのちを育む、旬の食材のありがたさを。
食欲の刺激を斬新な写真と詩文でつづる旬の食材フォトエッセイ集。
春の旬菜(ふきのとう/わらび ほか)/夏の旬菜(そらまめ/さくらんぼ ほか)
秋の旬菜(きゃべつ/さつまいも ほか)/冬の旬菜(はくさい/かぶ ほか)
四季旬菜

 「和ごころ暮らし」
日々の暮らしの中に、四季の移り変わりや
美しいものをさりげなくとり入れる日本の伝統と
現代の生活をミックスさせた、日常生活歳時記。
なんでもない普通の生活がちょっとした心遣いや小物で
また違った彩りをみせてくる。美しいイラストと共に。
和ごころ暮らし

 「おりおりに和暦(わごよみ)のあるくらし」
四季を楽しむ。良き日本のスタイルがここにある。
暦が教える四季の行動やしきたりには
毎日がふっくら豊かになるヒントがいっぱい!
和の暦は、古くから伝わるくらしのお手本集。
おりおりに和暦(わごよみ)のあるくらし



FC2 Blog Ranking 人気ブログ検索ブログフリーク 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
関連記事
スポンサーサイト

Comment

point きょう妃月が春へ

きょう妃月が春へ三友とお祈りしなかった。

2006/12/03 (Sun) 13:23 | BlogPetの妃月 #- | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。