FC2ブログ

月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温泉

09-99-00043

大寒(20日)を過ぎ寒さが最も厳しい頃ですが
暖かい日差し、暖かい部屋、温かいスープ、温かい手…
あったかいっていいですね。ほんとにホッとします。
寒いこの季節は温泉でゆっくり温まり心も身体も癒されたいです。
…という流れから今回は温泉について。

日本には約3000ヵ所もの温泉地(宿泊施設のある温泉)があるそうです。
湧出(ゆうしゅつ)している温泉の泉質も様々なら、もちろん効能も様々。
脱衣所に掲げられている『温泉分析書』はどうやって読んだらいいの?という
長年の疑問を晴らすため、温泉について少し調べてみました。

■「温泉とは?」
温泉は昭和23年(1948)に制定された「温泉法」によって
法律上の定義が決まっています。その第2条に
『地中から湧出する温水、鉱水及び水蒸気その他のガス
(炭化水素を主成分とする天然ガスを除く)で、別表に掲げる温度
又は物質を有するものをいう。』という温泉の定義がなされています。

定義の中の「別表に掲げる温度又は物質」という部分には
温度の定義と物質の定義がなされています。
温度は温泉源から採取されたときの温度が摂氏25度以上であることが決められていますが
25度以下の場合でも、定められた19の物質のうち
一種類以上を規定量以上含んでいれば、温泉と称することができるのだそうです。

定められた19の物質(リチウムイオンや水素イオンなど19の化学物質)の多くは
イオン(正または負の電気をもつ原子または原子団で陽イオンと陰イオンがある)
となって水中に溶け込んでいます。どのイオンが一番多いかによって泉質が決まります。
(ミリバル%で表示)泉質の分類は、昭和54年(1979)に
「温泉法」が改正されて9種類に統合されました。

99-01-01636

( )内は旧表記です。
《単純温泉(単純温泉)》
特徴:一般的には無色、無味、無臭で刺激が少なく肌触りが柔らかい。
効能:神経痛、関節痛、リウマチ、慢性消火器病、冷え性など。

《二酸化炭素泉(単純炭酸泉)》
特徴:炭酸ガスが溶けている温泉で、温度は低いが炭酸の気泡がはじける時の刺激で
血行促進に効果がある。
効能:高血圧症、動脈硬化症、切り傷、火傷(やけど)、冷え性など。

《炭酸水素塩泉(重炭酸土類泉、重曹泉)》
特徴:カルシウム(マグネシウム)炭酸水素塩泉とナトリウム炭酸水塩泉に区別される。
皮膚をなめらかにするので「美人の湯」とも呼ばれる。
効能:切り傷、火傷、慢性皮膚病など。

《塩化物泉:えんかぶつせん(食塩泉)》
特徴:海に囲まれた日本に多い泉質のひとつ。食塩を多く含みしょっぱい味がする。
塩分が皮膚に付着して毛穴をふさぐのでよく温まる。
効能:関節痛、切り傷、火傷、慢性皮膚病、冷え性、慢性婦人病など。

《硫酸塩泉:りゅうさんえんせん(純硫酸塩泉、正苦味泉、芒硝泉、石膏泉)》
特徴:無色、無臭で酸性が強く、飲むと苦みがある。
効能:外傷、皮膚病、高血圧症、動脈硬化症など。

《含鉄泉:がんてつせん(単純鉄泉、緑礬泉)》
特徴:湧出時は無色透明で、空気に触れると鉄分が酸化して赤茶色に変化。
効能:関節痛、更年期障害、リウマチ、慢性皮膚病など。

《硫黄泉:いおうせん(硫黄泉、硫化水素泉)》
特徴:卵が腐ったような特有の匂い。硫黄は空気に触れると沈殿し白濁する。
金属を浸けると黒く変色する。
効能:高血圧症、動脈硬化症、皮膚病、慢性婦人病など。

《酸性泉(酸性泉)》
特徴:硫化水素、緑礬(りょくばん:硫酸鉄のこと)明礬(みょうばん)を含み抗菌力が強い。
なめると酸っぱく、肌への刺激が強い。
効能:慢性皮膚病、水虫、高血圧症、動脈硬化症、慢性婦人病など。

《放射能泉(放射能泉、ラジウム泉)》
特徴:放射能を発するラドン(ラジウムから放出される気体)を含有する。
ラドンは気体なので吸入が効果的だが、飲用も可。
効能:痛風、糖尿病、慢性消火器病、自律神経系、鎮静効果など。

■温泉分析表
温泉法では、温泉水を共用の浴用または飲用に供する場合
利用施設の見やすい場所(廊下や脱衣所、浴室内など)に
温泉水の成分、禁忌症、利用上の注意を掲示しなければならないと規定しています。
その掲示表を一般には、温泉分析表と呼んでいます。
『温泉分析書』にpH(ペーハー)値というのがあります。
これは温泉の酸性度を表していて酸性度が強いほどピリピリした刺激があり
アルカリ度が強いとヌルヌルした肌触りになります。
pH3.0未満      酸性泉
pH3.0~6.0未満  弱酸性泉
pH6.0~7.5未満  中性泉
pH7.5~8.5未満  弱アルカリ性泉
pH8.5以上      アルカリ性泉

また温度による分類は下記のようになります。
25度未満     冷泉
25~34度未満  低(微)温泉
34~42度未満  温泉
42度以上     高温泉

gettouan7g


■泉質って何?
含まれる成分(通常は溶け込んでいるイオン状態の物質)によって温泉を分類し
湯の特色を示したものです。効能と深い関係がありますが
泉質が同じだからといって必ずしも効能が同じというわけでもないので
泉質と効能の関係はあくまでもひとつの「目安」と考えておきましょう。
ちなみに日本の泉質は、単純温泉、硫黄泉のほか
塩分を多く含んだ塩化物泉が多くみられます。
1979年からは9種類とされています。
表示方法には新表示と旧表示があり、旧表示のままの泉質もありますのでご注意ください。

■源泉掛け流しって?
2001年秋以降、レジオネラ菌なるものが世の中を騒がせています。
その騒ぎのなかでクローズアップされたのが「源泉掛け流し」という言葉です。
「源泉掛け流し」は「循環式」と対で使われることが多く
「源泉そのままの湯を循環再利用せず、湯船からあふれるままに掛け流して使用する」ことで
「循環式」とは「湯船の湯を循環させて浄化、再利用するシステム」のことです。
厳密にいえば「源泉掛け流し」は“源泉そのまま”である必要があります。
つまり水でうすめて利用した時点で、文字通りの「源泉掛け流し」ではなくなってしまいますが
そんなぜいたくな浴場は、現在それほど多くあるわけではありません。
少なくとも、大きな湯船を各種、多数取りそろえた大浴場で
全浴槽が「源泉掛け流し」であるような施設は、全国でも数えるほどしかありません。
大きな“地獄”(温泉の自噴地)をそのまま風呂に利用している
別府温泉保養ランド(大分県)や、単一泉源として最大湧出量を誇る玉川温泉(秋田県)など
もともとあふれるほど湯量豊富な温泉地で、その湯量を生かした施設がそれです。

「大規模でゴージャスな風呂」を備える入浴施設で
すべての浴槽が「源泉掛け流し」であるというのは非現実的な話で
「源泉掛け流し」をうたう多くの施設が水でうすめたり
一部の浴槽を掛け流しにして対応しています。
また「循環式」でない風呂は、広い意味での「掛け流し」といえるため
家庭の風呂のように湯船に湯を貯めて、汚れたら湯を落として入れ替えるような風呂でも
「源泉掛け流し」と称しているものもあります。

yukimi03

豊富な湯、染み渡る温泉成分、心身の癒し・・・
温泉ファンが求めるものは、一般にそういうものでしょう。
湯から勢いよく注ぎ込み、湯船からあふれる正真正銘の温泉・・・
「源泉掛け流し」は確かに気分のいいものですが、そのような温泉は限られています。
決して温泉は無尽蔵ではないのです。
露天風呂や檜風呂、いろんな湯船、大きな湯船・・・もまた気分がいいもの。
そしてそのためには「循環式」というシステムが必要なのだということを理解しておきましょう。
そのうえで“自分のお気に入りの温泉”を見つけたいものです。

※「源泉掛け流し」「循環式」に関わらず
自分自身が”心地よく温泉気分を堪能できる”ものが良い温泉であると思います。

■「危険な温泉」の見分け方
・浴槽の湯から“すえたような”臭いがする→危険度A
・浴槽の底や側面に茶色のヌルヌルしたコケのようなものが付いている→危険度A
・透明の湯のはずなのに“茶色がかっている”ように感じる→危険度A

shintamagawa2gn

■効果的な入浴方法と温泉療養
体にも心にも医学的な効果がある温泉。
けれど、無茶な入り方をするとかえって体を壊すこともあるのです。
薬と同様に温泉も使用上の注意も守って利用することが大切です。

○どんな温泉にも共通の正しい入り方
温泉場への到着直後、食後や飲酒直後の入浴は避けて
1時間ほどの休憩をとります。
そして入る前にまず行なうのが入念な「かけ湯」です。
かけ湯は衛生上の問題だけでなく、体をお湯の温度に慣らすためにも重要なのです。
体の末端から上に順番に何度もお湯をかけましょう。
さらに最後に頭からお湯をかぶることが大切なポイントになります。
10~20杯もかぶるとお湯に入るための十分な準備運動がわりになります。
冬場や熱い温泉では特に頭からかぶることを励行しましょう。
湯舟にはゆっくり静かに入りますが、まずおへその少し上までお湯につかる
「半身浴」が体に無理のかからない入り方です。
特に心臓や肺などが弱っている人には必要になります。

○長時間入浴と多回数入浴は禁物
半身浴でしばらく湯につかったら、手足をゆっくりと伸ばして
湯舟のふちを枕にする姿勢で体を浮かせるようにします。
入浴中に手足をこまめに動かすことによって筋肉のポンプ作用が働き
いっそう血行がよくなります。しかし、長時間の入浴は血圧の変動と
心拍数が急上昇するので、危険な場合があります。
1回の入浴時間は額に少し汗をかく程度が適当です。
またせっかく来たのだからと1日に何回も入浴するのも良くありません。
1日に3回までとしましょう。入浴後は静かに休んで、水分を補給します。
上がってすぐに自動車を運転するのも良くありません。
温泉旅行は余裕を持ったスケジュールを組むことが大切です。

○温泉には専門アドバイザーもいます
温泉には、疲労やストレスを取り除く「休養」の機能と
長期間の滞在によってさらに健康の維持と増進をはかる「保養」の機能があります。
休養は1~3日くらい、保養は1週間かそれ以上の時間が必要とされています。
また温泉病院などで医師が慢性疾患に対処する「医療」も温泉の大切な機能です。
これら3つの機能を合わせた健康づくりが「温泉療養」とされるものです。
そしてこの温泉療養の指導をするのが「温泉療養アドバイザー」と呼ばれる人たちです。
温泉療法医をはじめとして温泉利用指導者、栄養士、看護師などの専門家たちが
安全で効果的な温泉の利用法をアドバイスしてくれます。
温泉宿によっては、これらの専門家たちに相談できるところもありますから
特に医療的な効果を求めたい人にはおすすめです。

 「入浴・温泉健康法で身体スッキリ!」


 「からだによい温泉≪効能≫ガイドハンドブック」 


■温泉には運気アップのエネルギーが凝縮
古くから日本では、温泉がわたしたちの生活にとって
とても大切な役割を果たしてくれました。
温泉にはたくさんの自然のエネルギーが溶け込んでいて
私たちの健康や美容促進に大きな効果を発揮してくれます。
ミネラルをはじめとするいろいろな薬効成分を含む温泉の効果は
科学的にも証明されていて、もうみなさんもご存知のことだと思います。
自然エネルギー論の立場からも温泉には絶大な開運パワーがあります。
それは、温泉が陰陽五行論でいう木火土金水であらわされる
五つのエネルギーを全て備えているからなのです。
また温泉はわたしたちの体にたまった邪気(悪いエネルギー)を
体外に追い出してくれたり、心身ともにリラックスさせてくれる効果も持っています。
この温泉、方位のエネルギーと組み合わせれば、更にパワーアップ。
わたしたちの運気アップを強力にサポートしてくれます。

■温泉で運気をアップするためには?
わたしたちが運気をアップさせるためには
自然のエネルギーをたっぷりと取り込むことが必要。
日本には古くから、自然のエネルギーを活用して
開運するための方法がたくさんありました。
その中でもとっても簡単で今でも多くの人が実践しているのが
「祐気取り(ゆうきどり)」という開運テクニック。
この開運テクニックと温泉を組み合わせることで
一層効果的な運気アップが可能になります。
それではその方法を簡単にご紹介。

温泉を活用して運気をアップする方法は、実はとっても簡単。
ある時期に自分の家から一定の方位にある温泉をピックアップして
ゆっくりとつかるだけ。でも、それにはちょっとした準備が必要です。
「祐気取り」を行うには、私たちを守ってくれている
ガーディアンエネルギーを知る必要があります。
このエネルギー、簡単に言えば私たちが始めてこの世の中に生まれた時に
最初に吸った大地のエネルギーのこと。

◆自分のガーディアンエネルギーを出してみる
ガーディアンエネルギーの計算は次のようにしてください。
1. 生年の数字を全て足してその数字を一桁になおします
2. 合計して出た数字を11から引いてください
3. 一つだけ注意してもらいたいのは、年の変わり目を2月4日にする事


例)1977年1月23日生まれの場合
この人は2月4日より前に生まれているので、生年は1976年とみなします。
1+9+7+6=23 
23を一桁に直すと、2+3=5 
5を11から引くと6
この人のガーディアンエネルギーは6になります。
自分のガーディアンエネルギーがわかれば後は簡単。
これからご説明するガーディアンエネルギー別アドバイスに従って
気に入った温泉をピックアップするだけです。

【1】
1月5日~2月3日の期間、自宅から東にある温泉に日帰りがおすすめ。
やる気が出て活力アップが望めます。
4月5日~5月5日であれば、自宅から南か北東にある温泉に泊りがけで。
南は頭の働きが冴えて、人間関係アップ。
北東は目上運アップで、良い意味での変化を期待。

【2】
1月5日~2月3日の期間、自宅から東北にある温泉に泊りがけで。
良いアイディアが浮かびそう。
2月4日~5月5日までの期間に自宅から南にある温泉に泊りがけで。名誉運アップ。
3月6日~5月5日までの期間、自宅から北東にある温泉に泊りがけで。
ネットワークが広がり、うれしい変化が。
4月5日~5月5日の期間、自宅から北か南西にある温泉に泊りがけで。
北は健康運、東北は目上運アップ。

【3】
2月4日~3月5日の期間、自宅から南か北にある温泉に一泊程度がおすすめ。
南は勉強運アップ。北は恋愛運アップ。
3月6日~5月5日までの期間、自宅から南西にある温泉に泊りがけで。
結婚運、家庭運アップ。

【4】
1月5日~2月3日の期間、自宅から北東にある温泉に一泊程度で。
名誉運、勉強運がアップ。
2月4日~3月5日の期間、自宅から南か北にある温泉に一泊で。
南は人気運アップ。北は恋愛運アップ。
3月6日~5月5日の期間であれば、自宅から南西にある温泉に泊りがけで。
家庭運、仕事運、結婚運がアップ。

【5】
1月5日~2月3日の期間、自宅から西か北東にある温泉に泊りがけで。
西は不動産運アップ。北東は人気アップ。
2月4日~5月5日の間であれば南か北東の温泉に泊りがけで。
南は頭が冴えて、名誉運、人気運がアップ。北東は良い意味での変化が。
4月5日~5月5日の間であれば、自宅から北と南西の温泉に泊りがけもおすすめ。
北は良い意味での変化。南西は健康運アップで魅力的に。

【6】
2月4日~3月5日の期間、自宅から北の温泉に泊りがけで。恋愛運アップを期待。
3月6日~5月5日の期間、自宅から南の温泉に泊りがけで。
ネットワークが広がり、人気運アップ。
4月5日~5月5日であれば、自宅から北に泊りがけで。良い意味での変化を期待。

【7】
1月5日~2月3日の期間、自宅から西の温泉に泊りがけで。交友関係が広がり新たな世界が。
2月4日~3月5日の期間、自宅から北東の温泉に泊りがけで。新しい展開を期待。
4月5日~5月5日であれば、自宅から北東の温泉に泊りがけで。目上運アップ。

【8】
1月5日~2月3日の期間、自宅から北東の温泉に泊りがけで。
勉強運や人気運がアップしてよい意味での変化を期待。
3月6日~5月の5日の期間、自宅から北東の温泉に泊りがけで。
人間関係がアップして新たな希望が。
4月5日~5月5日であれば、自宅から南西の温泉に泊りがけで。健康運、結婚運アップが期待。

【9】
1月5日~2月3日の期間、自宅から西の温泉に一泊程度で。
ネットワークの広がりが良い変化をもたらしてくれるかも。
4月5日~5月5日であれば、自宅から北の温泉に泊りがけで。
健康運がアップして子宝にも恵まれそう。

※最後に一つだけ注意事項です。
自宅から方位を取るときは、なるべくその方位の
中心線に近い場所に位置する温泉を選んでください。

 「幸せになる旅行風水」


 「温泉風水開運法」


■温泉の効くメカニズム
温泉を正しく利用すると健康に良いことは医学的にも認められています。
もちろん、体に故障がなくても温泉に入った時の気持ち良さは誰もが認めるところです。
ここでは温泉の気持ち良さの理由を探ってみました。

○お湯につかることの心地良さ
あたたかい湯につかるそのことが気持ちいいのは、家庭のお風呂でも同じです。
一日の仕事が終ってほっと一息つく入浴の心地よさは、実は気分的な問題だけではないのです。
まずお湯に入ることによって「浮力」の作用が働き体重が9分の1近くにもなります。
これで全身の筋肉の緊張が一気にほぐれるのです。
また「水圧」がかかることによって血行が良くなるマッサージ効果もあります。
さらに湯の温度も重要です。
ぬるい湯は副交感神経を刺激することでリラックスを誘い、気分を落ち着かせてくれます。
反対に熱めの湯は交感神経に作用して、心と体を目覚めに導くのです。

○温泉水に含まれる成分が効く
温泉にはその地域や源泉によって、炭酸ガスや食塩、重曹や鉄
さらには硫黄や放射能(温泉は無害)などのさまざまな成分が含まれています。
治療効果のある温泉水は主な成分によって9種類に分けることができ
それぞれが体のいろいろな症状に効果があることが医学的に判明しています。
また、入浴による効果だけでなく温泉水そのものを飲む効能もあります。
温泉に行く時には行きやすい場所などの利便性だけではなく
事前にその温泉の泉質を調べて自分の体の症状と合わせて温泉を選ぶといいでしょう。

○温泉がストレスにも効く理由
転地効果という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
温泉に行くということは、効能のあるお湯につかるだけでなく
温泉地という普段と違った場所に身を置くことにも意味があるのです。
毎日の生活とはまったく異なった静かな環境が
ストレスから解放される大きな効果を生みます。これが転地効果です。
自動車の騒音も排気ガスもなく、人込みに押されることもなく
電話も鳴らない環境が心に良いことは容易に想像がつきますよね。
山の木々のにおいや潮の香りをたっぷりと吸い込む温泉浴が体にも心にも効くのです。
昔は温泉に行くことでしばし日常の労働から解放され
普段は口にすることのない栄養価の高いものを食べることで健康を増進しました。
昔からの伝統ある「湯治」が現代のストレス社会で
新しくその効果が認められているのもうなずけます。

 「25点満点評価つき温泉旅館格付ガイド」 


 「客室露天&貸切風呂が人気の温泉宿(関東周辺)」


 「花名所を楽しむ日帰り温泉(関西・中部・北陸編)」


 「休日の蕎麦と温泉めぐり」 



 「温泉ぴあ雪見露天と囲炉裏の宿」


 「隠れ家個室・温泉('06ー07)」
 

 「猫のいる宿」





◆「日本全国の名湯・温泉」
日本各地の温泉場の泉質・効能・交通手段・所要時間についてまとめられ
また、近郊での日帰り温泉もサイト内検索ですぐに探せます。
http://www.e-kaimon.net/spa/

◆社団法人日本温泉協会によるリンク集
「温泉地情報コーナー」
各温泉地の情報を満載しています。
http://www.spa.or.jp/onsen_joho/menu.htm

「温泉地の検索」
全国約2700ヶ所の温泉地検索ができます。
http://210.196.131.212/infobirds/spa/kensaku/onsenchi_kensaku.cfm

「温泉百科」
今まで知らなかった、温泉の色んなことがわかります。
http://www.spa.or.jp/hyakkka/frame.htm




FC2 Blog Ranking 人気ブログ検索ブログフリーク 人気ブログランキング【ブログの殿堂】
関連記事
スポンサーサイト
|    |  

Comment

point

わざわざブログへ遊びにきていただきありがとうございました。
歳時記の他にもいろいろと興味深い記事があり、「ふむふむ・・」と読ませていただいております。
また寄らせていただきますね。

2007/01/27 (Sat) 18:11 | saikei #1L3bYDkM | URL | 編集 | 返信

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  祐気取りは開運の秘術です。あなたも祐気取りで開運しましょう。
  • なぜか分からないが、やることなすことうまくいかないような時もあるでしょう。こんなときは祐気取りの出番です。体の中のゆがんだエネルギーを吉方位のパワーで甦らせます。すると、今までもつれていた糸が、すうっとほどけるように難題が解決致します。祐気取りはそんな不
  • 2007.03.11 (Sun) 22:38 | 祐気取りnavi祐気取りで開運しよう
この記事へのトラックバック
Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。