FC2ブログ

月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

縁起食材

多様で新鮮な食材と素材の味わいの活用。
栄養のバランスと健康的な食生活。
自然の美しさ、季節の表現。年中行事との関わり。
日本伝統の「和食」はユネスコ無形文化遺産に登録されました。

"出汁"や"うま味"を生かして旬の新鮮な料理を食べるのは
「和食文化」のひとつです。

o03160371e1386610282693_1.jpg

縁起食材をつめたおせちで歳神様をお迎え
「歳神様」は、豊作と家族の健康と幸せを約束してくれる神様。
正月様・歳徳神などと呼ばれて親しまれてきました。
おせち料理は「歳神様」にお供えするお料理。
歳神様と一緒に家族揃って食べることで
健康や幸福を授けてくれると言い伝えられています。

_mg_8755.jpg

おせち料理とは
正月に食べるお祝いの料理です。
漢字では「御節料理」(おせちりょうり)と書きます。
単に「おせち」ともいいます。
「おせち」とは本来、暦上の節句(節供)のことを指します。
その節句に作られる料理をおせち料理と呼んだのですが、
現在では節句の一番目にあたる正月の料理を表す言葉として使われています。

おせち料理の由来
『おせち』を漢字で書くと『御節』という字になります。
もともと『おせち』とは『節供(せっく)料理』の意味で
五節供の料理の一つなのです。
五節供とは、現代で言う一月一日の『元旦』
三月三日の『ひな祭り』や五月五日の『端午の節句』
七月七日の『たなばた』9月9日の『重陽』(ちょうよう)の
5つの節供(節句とも書く)をいいます。
五節供の料理とは、平安時代のころからおこなわれていた
朝廷の『節日』に行われる行事『節会(せちえ)』で神様に供えたり
食べたりしたご馳走の事でそのご馳走を『御節供』(おせちく)といい
それが後に『おせち』と略され
江戸時代に概略今の正月料理を意味するようになったと言われています。

aflo_sqwa040022_201312281202374dc.jpg

縁起を担ぐおせち料理には、素材にもそれぞれ意味がこめられています。
一般的なものをあげてみましょう。

海老
海老は腰が曲がるまで丈夫という長寿の願いが込められ
赤色は魔よけの色とも言われているから。
魔よけとは別に朱色の晴れやかさから祝肴に使われるという説もあり。


これは祝い事の定番の縁起物でメデタイに通じるから。

鰤の焼き物
出世魚である事から出世を祈願したもの。

昆布(昆布巻き)
「よろこぶ」という言葉にかけています。語呂合わせ

トコブシ
節句の神饌の一つ。別名「フクダメ」。福が溜まる事を願って。

kouhakukamaboko_20131228121722c9f.jpg

紅白かまぼこ
半円形は日の出に似ていることから新たらしい門出にふさわしいから。
紅は魔よけ、白は清浄を表す。

伊達巻き
「伊達」の由来は華やかさ派手さを表す言葉で
伊達政宗の派手好きに由来することの他、諸説ある。
見た目の豪華さで定番となる。巻物の形は書物に似た形から学問や文化を意味する。
学問や習い事の成就を願って。

錦たまご
おめでたく豪華な錦と卵の白味と黄味をわけて
ニ色でつくった料理の二色(ニシキ)との語呂合わせ。

栗きんとん(栗金団)
きんとんは「金団」と書き、その色から黄金にみたてて財産を現し
富を得る縁起物とされている。今年も豊かでありますようにという願いをこめて。

kurikinton_2013122812172202b.jpg

かちぐり
勝つの意味で縁起がいいから

八ツ頭
小芋がたくさんつくことから、子宝、子孫繁栄を願って。
また、漢字の八に「末広がり」の意味をかけて。

里芋
里芋は子芋がたくさん付くことから、子宝に恵まれますようにと願って。
(八つ頭を使うとサトイモは使わない、どちらか一方のところが多い)

蓮根
孔が空いていることから遠くが見えるように先見性のある一年を祈願。
他にもれんこんには種が多いことから「多産」という意味もあり
縁起がよいとされている。

くわい
大きな芽が出ることから「めでたい」、芽が出る=出世を祈願。

金平ごぼう(きんぴらごぼう)
怪力無双の豪傑の坂田金平*にちなんで強さや丈夫さを願って。

* 坂田金平と金平ごぼうの余談
金平ごぼうは江戸初期に誕生したごぼう料理ですが
当時、金太郎で有名な坂田の金時の息子といわれる坂田金平(きんぴら)の
武勇伝が浄瑠璃で大ヒットしていた。その怪力無双の豪傑金平にちなんで
この滋養たっぷりのごぼう料理を金平ごぼうと呼ぶようになった。
そこで強さや丈夫さを願って金平ごぼうがおせち料理に採用されたわけですね。
(坂田金平は実在せず浄瑠璃上の架空の人物といわれている)


お多福豆
文字通り福が多からんことを祈願した。

紅白なます
お祝の水引きをかたどったもの。平安、平和を願う縁起物です。

橙(ダイダイ)
代々に通じる語呂合わせ。子孫が代々繁栄するように。

ちょろぎ
植物の根をシソ酢で赤く染めたもの。多くの場合、黒豆と共に盛り付けられる。

干し柿
干し柿の皺を老人の肌に見立てて、長寿への願い。
また、柿の木は長寿であることも理由の1つ。

梅干し
梅干しの皺を老人の肌に見立てて、長寿への願い。
また、梅の木は長寿であることも理由の1つ。

ナマコ
形が俵に似ている事から俵子とも呼ばれる。豊作への願い。

kazamimotiP126.jpg

鏡餅

鏡もちは、各家にお迎えしている年神にお供えするためのものです。
鏡もちの丸い形は鏡を表現したものです。
もちを重ねることは魂を重ねることに通じ、その上に橙をのせて
「だいだい(代々)」子孫が続きますようにという願いが込められているのです。

飾り方は、地方や家によって違いますが、基本的には、半紙を敷いた三方に
裏白と譲り葉などとともに、大小二つの丸餅を重ねて置き、橙をのせます。
昆布や伊勢海老、串柿、のし飾りなどをあしらったりもします。
裏白は長命、譲り葉には子孫繁栄、昆布には喜ぶ、干し柿には万物をかき集めるなど
それぞれにおめでたい意味があります。
この鏡餅は、床の間に飾るのが正式です。
現代では、玄関や部屋の棚などに置くことが多く
三方の代わりに塗り盆を使ってもよいでしょう。

なお、1月11日は、お供えした鏡もちを下げ、汁粉や雑煮にして食べる
「鏡開きの日」です。
鏡開きは、お供えのお餅を食べることにより1年間の健康と開運を祈願する行事です。
実際にはお餅を「切る」わけですが、縁起を担いで
開運の意味も込めて「開く」という言葉を使い「鏡開き」と呼びます。

phot_06_201312281202368c6.jpg

「雑煮」で年神様のご利益をいただく

雑煮
年神様に供えた餅のご利益を頂戴するために作った料理が「雑煮」です。
元旦に初めて汲む「若水」で煮るのが本来の習わしです。
地方色豊かな料理で、大きく分けて、白みそ仕立ての関西風と
しょうゆ仕立て(すまし仕立て)の関東風があります。
餅の形も関西では丸餅、関東では切り餅(のし餅、角餅)が一般的。
この他にも全国に特色ある雑煮があり、また家庭によっても様々です。

tosiakelogo.jpg

◆年明けうどん

大晦日の夜に食べるものと言えば「年越しそば」。
そばが細く長いことから長寿を願う、広く知られた縁起物です。
では、年明けに食べるものといえば? 
おせちや雑煮はもちろんですが
「年明けうどん」なる年始の行事があることをご存じでしょうか。

年明けうどんは、うどんのお膝元である香川県の
「さぬきうどん振興協議会」が2008年に提唱、推進している活動。
元旦から1月15日までに食べるうどんのことを指し
純白のうどんに1点、新春を祝う紅いものを添えます。
かまぼこやえびの天ぷら、梅干し、辛子明太子など
紅いものであれば何でもよいそうです。
サイトでは、「太くて長いことから、古来より長寿を祈る
縁起物として食べられてきました」
「純白で清楚なうどんを年の初めに食べることにより
その年の人々の幸せを願うものです」と紹介されています。
http://www.toshiakeudon.jp/

phot_05.jpg

「お屠蘇」は邪気をはらう薬酒

お屠蘇

「お屠蘇」は中国から伝わった漢方薬を酒に浸して作った薬酒の一種。
「屠蘇」という字には「邪気を屠(ほふ)り魂を蘇らせる」という意味があり
1年の健康を願って飲みます。
お屠蘇は、市販のティーバッグ状の「屠蘇散」(とそさん)で簡単に作れます。
飲む時は若い人の生気を年長者に渡すという意味で、若い人から順にまわし飲みます。

phot_02.jpg

「小正月」には小豆粥で邪気払い

小豆がゆ
「小正月」は旧暦の正月にあたり、その名残で元旦を「大正月」というのに対して
1月15日を「小正月」といいます。地方によっては大正月に多忙だった
女性をねぎらう日ということで「女正月」ともいわれます。
小正月には餅花を飾って豊作を祈願し、小豆粥を食べ、無病息災を願います。
小豆のように赤い色の食べものは邪気を払うとされ
今でも祝い事には赤飯が供されます。

iwaihasiP150.jpg

祝箸の云われ
祝箸とは、おせち料理をいただくときに使う、両端が細く
真ん中が太くなった形の柳で作られた箸です。
柳はしなやかで折れにくいので、祝い事に折れることを嫌って
縁起をかついで使われます。
両端が細いのは、片方を神様が使い、もう片方を人が使い
神と人がともに祝うという意味があるからです。

 関連記事
「おせち」
「新たに清々しく生まれかわる日」
「初明り」
「初空月」

aflo_sqla001178_201312281202359cb.jpg

1月 睦月(むつき)
1年の最初の月のこと。旧暦、1月の異称を睦月。
旧暦の時代には1月と書くことは稀で、正月あるいは「むつき」といい
これには、睦月(むつき)の字をあてていました。
睦月の由来については諸説ありますが、なかでは親しい人と
睦みあうことからきたという説が通っています。
元つ月(もとつづき)が略されてムツキとなったという説や
草木の萌きざす「萌月(もゆづき)」が約されたものだとする説もあります。

「1月」といえばさほどでもないものが、「お正月」といだけで
新しい年が来たのだと思いますし、親しみもあり
新年のめでたさのあふれた気分となり、気持ちもあらたまります。

その他の1月の別称
建寅月(けんいんげつ)・元月(げんげつ)・端月(たんげつ)・初月(しょげつ)・陬月(むつき)
嘉月(かげつ)・泰月(たいげつ)・初春月(はつはるづき)・初空月(はつそらづき)
霞初月(かすみそめづき)・暮新月(くれしづき)・子日月(ねのひづき)
三微月(さんびづき)・早緑月(さみどりづき)・初春(しょしゅん)・新春(しんしゅん)
孟春(もうしゅん)・子春(ししゅん)・上春(じょうしゅん)・王春(おうしゅん)
開春(かいしゅん)・献春(けんしゅん)・初歳(しょさい)・開歳(かいさい)
芳歳(ほうさい)・華歳(かさい)・年初(ねんしょ)・歳首(さいしゅ)・歳始(さいし)
青陽(せいよう)・正陽(せいよう)・解凍(かいとう)・月正(げっせい)など。

aflo_wkea024536_20131228142216840.jpg

2013年も残すところ僅かとなり、本年最後の更新となりました。

来年もどうぞよろしくお願い致します。
良いお年をお迎えください。




これ1冊でカンペキ!図解 日本のしきたりがよくわかる本―日常の作法から年中行事・祝い事までこれ1冊でカンペキ!図解 日本のしきたりがよくわかる本
日常の作法から年中行事・祝い事まで

(2007/07)
日本の暮らし研究会

商品詳細を見る


日本人のしきたり―正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心 (プレイブックス・インテリジェンス)日本人のしきたり
正月行事、豆まき、大安吉日、厄年…に込められた知恵と心
(プレイブックス・インテリジェンス)

(2003/01)
飯倉 晴武

商品詳細を見る


暦のたしなみ ~しきたり・年中行事・季節のうつろいまで~ (ワニブックスPLUS新書)暦のたしなみ ~しきたり・年中行事・季節のうつろいまで~
(ワニブックスPLUS新書)

(2013/12/07)
小笠原 敬承斎

商品詳細を見る


絵でつづる やさしい暮らし歳時記     暦でみる日本のしきたりと年中行事絵でつづる やさしい暮らし歳時記 暦でみる日本のしきたりと年中行事
(2013/11/09)
新谷 尚紀

商品詳細を見る


鳩居堂の日本のしきたり 豆知識鳩居堂の日本のしきたり 豆知識
(2013/04/04)
鳩居堂

商品詳細を見る


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

関連記事
スポンサーサイト

タグ:おせち 正月 一月

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。