月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

八月葉月 暮らし歳時記

八月(葉月)

暦の上では秋のはじまり
夏の行事を楽しみながら移りゆく季節を味わう...

t_kisetsu_title_01_0607_201408071242553dd.jpg

旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。
最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから
月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し
「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。
他に「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 
山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)
涼しくて露がたまる月と言うことで「白露」の名称もあります。
また雁(がん)が飛んできて、燕(つばめ)が去っていくと言われることから
「雁来月」(がんきづき)、「燕去月」(えんぎょづき)とも言われています。

●葉月
新暦では夏の盛りの八月も旧暦では秋。月の異称や季語も秋のイメージを誘う。
代表的な異称「葉月」は中国では月に生えると信じられていた桂の葉の月という意味。

八月は、古来濁らず「はつき」と言ったそうです。
木々が紅葉し落葉することから「葉月」となった。 
また旧暦では七月から九月までを秋としていて八月は真ん中で仲秋になる。
だからこの時期のお月見を「仲秋の名月」という。
八月は別名「月見月(つきみづき)」とも言っていたそうです。

『奥義抄』によると木々の葉がそろそろ散り落ちる頃なので「葉落月」
これを略して「はつき」となったとしている。
『類聚名物考』では、秋を知らせる雁が初めて渡ってくる月
つまり「初来(はつき)月」だと説明している。

語源は、新暦では九月上旬から十月上旬の秋にあたるため
葉の落ちる月「葉落ち月」が転じて「葉月」になったとする説。
稲の穂が張る月「穂張り月」「張り月」から「葉月」になったとする説。
北方から初めて雁が来る月なので
「初来月」「初月」から「葉月」になったとする説などがある。
「葉落ち月」の説が有力にも思えるが必ずしも漢字がそのまま残るとは限らず
当て字の可能性もあるため正確な語源は未詳。

kumo0_20120802165646.jpg

秋風月/仲秋/清秋/木染/雁来月/燕去り月
月見月(つきみづき) 桂月(かつらづき)
木染月(こそめづき) 壮月(そうげつ) 竹春(ちくしゅん)

残暑、晩夏、秋暑、夕立、土用波、盆踊り、雲の峰、蝉しぐれ、線香花火、虫の音

晩夏の候 暁夏の候 処暑の候 残暑の候 残夏の候 立秋の候晩暑の候 
秋暑の候 新涼の候 残炎の候 暮夏の候 初秋の候 

zansyotegami_20140807124256cce.jpg

◆八朔 
別称:田の実の節句・八朔の節句
昔、毎月の朔日(さくじつ―第一日)を吉日とし、祝う風習があり
ことに八月朔日は、その年の新しい実りを取り入れて祝いあいました。
この農民たちの風習は、鎌倉後期から武家社会や朝廷貴族
僧侶の間に取り入れられ、公儀の贈答慣例となり、江戸時代になると
「八朔」は幕府の重要な式日の一つとなりました。
ちょうど 「八朔」の日に徳川家康が江戸入りしたこともあり
吉原では白装束のおいらんが郭内を繰り歩きました。

◆立秋
二十四節気の一つで、今の暦では八月八日頃にあたります。
暦の上では、秋に入るわけですが、まだまだ暑い日が続きます。
「立秋」を過ぎてからの暑さを「残暑」と呼び、手紙などの挨拶も
「暑中お見舞い・・・・」から「残暑お見舞い・・・・」に変わるときとされています。
朝夕が涼しくなり、秋の気配が立つ日。
立春からちょうど半年が経過し、この日から立冬の前日までが秋。
暦の上では秋になりますが、日中はまだ残暑が厳しく
1年で最も気温が高くなる時期です。
この頃は、月遅れのお盆を前に各地で夏祭りが開催されます。
まだまだ夏のレジャーを楽しむ頃ですが、よく観察してみると
秋の気配を感じることができます。夏の風と秋の涼やかな風が混在し始めます。
空を見上げると、巻雲など秋の雲も見えます。

立秋とは名ばかりで 降るような蝉しぐれ 暦のうえでは秋ですが 
赤とんぼがすすきに飛び交い 秋風の訪れる窓 残暑厳しき折柄朝 
夕涼味覚える頃 夜空に秋の気配を感じる頃 残暑凌ぎ難き候 
立秋とは名ばかりの暑さ続き 土用あけの暑さはきびしく 
避暑客の姿も少なくなり 秋にはまだ遠く 
虫の声に秋も近ずいたことを感じる昨今 暑さも峠を越しいよいよ秋

img03_20140807124258214.jpg

◆『処暑(しょしょ)』8月23日ー9月6日
処暑とは暑さがやむの意味。暑さが峠を越えて後退しはじめ
朝夕は秋の涼しさが感じられるようになります。
暑さのぶり返しもありますが、一先ずはホッとするところ。台風のシーズン。

二十四節気のひとつで、立秋から数えて十六日目を言い
毎年八月二十三日頃にあたります。
「処暑」とは「暑さの処(お)るところ」ということで
「止暑」の意味と言われています。つまり、「暑気が去って止まる頃」となります。
また、この日は「三伏の候」(さんぷくのそうろう)とも言われ
夏の極暑の期間の三伏目(末伏)が終わる日とされ
この日から秋の気配が濃くなると言われています。
暑さが収まる頃という意味合いを持ちます。
この頃になると、日中はまだ暑さを残すものの
朝夕に涼しさを感じられるようになってきます。

蝉(せみ)の声 きけば悲しな 夏衣 うすくや人の ならむと思えば
【古今和歌集、紀友則(きのとものり)】

歌意は「蝉の声を聞けば悲しいことだ。秋が来ると
それとともに相手の心も、夏衣のように薄く変わろうかと思うので」となります。

120615140246_0_2014080712425217f.jpg

八月は暑さもまだ激しく、熱中症など深刻な症状をもたらしやすい時期でもあります。
各地で祭りが行われ、お盆には迎え火を焚いて先祖を迎えます。
先祖を送る送り火は京都の五山の送り火が有名ですが
自宅で送り火を焚く場合や灯籠流しを行うところなど
地方によっても様々な方法があります。
また、お盆の期間中に先祖が乗り物として使用できるよう
「精霊馬」と呼ばれるキュウリやナスで作られた動物を用意する地方もあります。
これは、キュウリは馬に見立て、少しでも早く帰って来られるよう
ナスは牛に見立て、あの世へ戻るのが少しでも遅くなるようという
願いが込められているとも言われます。
日本では、先祖を供養する大切な季節でもあります。

古来より、お正月とお盆は一年を2期に分けて
それぞれの開始期にあたってご先祖様の霊をお迎えする
「魂祭り(たままつり)」いわゆる「命のおまつり」として行われてきました。
日本人が最も大切にしてきた「万物の命を尊ぶ」ための年中行事です。

皆さんも暑さ対策には色々と工夫をされていることと思います。
中医学では『夏の五臓は"心"(しん)を司る』と言われ
心の機能が活発になることから、めまいや動悸、熱射病などに注意が必要になり
心臓にも負担がかかりやすい季節だといわれています。
また夏の性質を"炎熱"といい、外気の高温を指すだけではなく
カラダやココロに起こる変化をも表しているそうです。

img01_20140807124906259.jpg

★夏対策1 <夏の薬膳料理>
夏野菜を有効に使い解毒作用のあるものを摂取しましょう。
また暑さから精神的にもイライラしやすくもなるので
ココロを落ち着かせる食べ物も効果的な夏対策になります。
例)なつめ、牛乳、ゆり根、ハスの実、小麦、卵、うずらの卵、内臓のハツなど。
★夏対策2 <冷房の調整> 
睡眠時は特に冷房よりも除湿(ドライ)にしたり、扇風機にするなどして
カラダを冷やし過ぎないように心がけましょう。
夏冷えは自律神経失調症になりやすく、頭痛やめまいを引き起こす原因にもなります。
適温は27度から28度、室内と外気との差は5度から6度に保つようにしましょう。
★夏対策3 <運動・汗だし>
猛暑日に外で運動することは危険でもあり、避けなければいけないことですが
冷房設備が整っている現代は夏冷えになりやすいので、軽い運動や入浴で
汗を出すことで体温調節ができ自律神経が整っていきます。
汗腺から出る汗は皮脂と混ざることで皮脂膜をつくります。
皮脂膜は天然の保湿クリームとして私達のお肌を
外部の刺激から守ってくれる大切なものです。

img02_20140807124909daf.jpg

◆花火を楽しむ
「ドーン」という音とともに夜空を彩る大輪の花。心躍る夏の風物詩、花火の季節。
江戸時代から続く花火大会にも流行があるといいます。
日本人で最初に花火を見たのは徳川家康と言われています。
1613年駿府城でイギリス人が献上し中国製の噴出花火を披露したとされています。
今でも豊橋などでは手筒花火が行われていますが
そのような花火だったと思われます。
それ以前にも、伊達政宗が米沢城で中国人の献上した花火を見たのが
最初とする説もあります。

◎コレを知っていれば花火通?!

玉の座りが良い
発射された花火玉が上空に昇りきって
落下しようとする寸前で花火が炸裂すること。
玉の座りが良いと美しい球状になる。
盆が大きい
開いた花火の直径が大きいことを指す。
「盆」とは花火が開いた形の事で
歪みがなく、円い盆であることも良い花火の条件。
消え口が揃っている
花火をかたち作っている星(光)が一斉に消えること。
花火の種類にもよりますが、消え口が揃っている花火が
美しいとみなされます。

全国花火大会2014 花火カレンダー
http://hanabi.walkerplus.com/

vbha010894.jpg

この時期には太陽が強く照りつけ、昼間は炎暑(えんしょ)と表現される
焼け付く暑さになります。
しかし晩夏の頃になると、気圧配置が変わって徐々に涼しくなってきます。
暑い日のうちでも朝や夕方など、ようやくひと息つけるようになると
「涼風が立つ」と表現します。

そんな厳しい夏を涼やかに過ごせるように、日本人は様々な工夫をしてきました。
例えば、今でも家の前や庭に水をまく打ち水をしますが
これは気化熱で暑さを鎮めるだけでなく
石や木の葉から水が滴るようにさせて眼にも庭の涼しさを演出する
役割を果たしています。

また、桶や盥(たらい)に水を張り、夏の日向に出しておくと
夕方には人肌のぬるま湯になります。
これを日向水(ひなたみず)と呼び、昔の人は行水や洗濯に使って
汗を洗い流すのに活用していました。
エコロジーが言われるはるか前から、日本人は
夏の自然の恵みに浴していたのです。

img_438292_9557455_0_20140807124253282.jpg

耳にも涼しさを呼ぶものに風鈴があります。
風鈴の材質には鉄や銅、吹きガラス、貝や陶器などさまざまなものがありますが
釣鐘状の中心に下げられた部分を「舌(ぜつ)」と言い
その先にチリンチリンという音を出す部分「錘(すい)」が据えてあります。
錘の先端には鮮やかな短冊が下がっていて、風で揺れると
錘と風鈴とが触れ合って爽やかな音が生まれる仕組みになっています。

7fune

風鈴の上にシダ植物を井桁(#)や舟の形などに組んだ
飾りが付いていることがありますが、これを釣忍(つりしのぶ)と言います。
シノブ科のシダ植物を植えて作っていることからその名が付きました。
風鈴の音と共に、涼を呼ぶのに一役買っている軒先の飾りものです。

釣りしのぶは、竹や針金を芯にして山苔を巻きつけ
その上にシノブの根茎を巻き付けて、さまざまな形に仕立てたもの。

シノブは山地の樹木や岩肌に着生して育つシダで、強健で乾燥に強く
水がなくても「耐え忍ぶ」ことからこの名がつき、そのシノブを吊るすことから
「吊り忍」といいますが、縁起よく「釣りしのぶ」と書くようになりました。
釣りしのぶは、江戸の中期ごろに庭師たちがお得意様へのお中元用に作り始め
明治から昭和初期にかけて一般にも広まって、家々の軒先を飾るようになりました。
風鈴をつけたものも多く、その涼やかな音色とともに夏の風物詩になっています。

時代の流れで見かけることが少なくなりましたが
釣りしのぶの瑞々しさは、空中に浮遊する小さなオアシスのよう。
マンションやビルでも涼しげな風情を感じられます。

昔ながらの「屋形船」「灯篭」「亀」「いかだ」などの形をしたものは
素朴で何ともいえないレトロな雰囲気が漂いますが
最近の釣りしのぶはインテリア性が増し
釣りしのぶの持つ「浮遊感」を現代の生活スタイルに置き換えた
アートな作品もあります。

7kingyo
「金魚としのぶ」制作:深野晃正/デザイン:岩城美紀
(江戸川区産業振興課)※参考作品

7box
「忍-NIN-」 制作:深野晃正/デザイン:渡辺ゆうか 
(江戸川区産業振興課)※参考作品

 関連記事

「八月・葉月」
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-452.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-492.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-506.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-107.html
「お盆」
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-250.html
「立秋から処暑」
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-249.html
「処暑」
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-453.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-113.html


二十四節気と七十二候の季節手帖二十四節気と七十二候の季節手帖
(2013/12)
山下 景子

商品詳細を見る


絵でつづる やさしい暮らし歳時記     暦でみる日本のしきたりと年中行事絵でつづる やさしい暮らし歳時記 暦でみる日本のしきたりと年中行事
(2013/11/09)
新谷 尚紀

商品詳細を見る


春夏秋冬を楽しむ くらし歳時記春夏秋冬を楽しむ くらし歳時記
(2012/12/19)
生活たのしみ隊

商品詳細を見る

和ごよみと四季の暮らし―写真でつづる「やさしい」暮らし歳時記 (実用BEST BOOKS)和ごよみと四季の暮らし―写真でつづる「やさしい」暮らし歳時記 (実用BEST BOOKS)
(2006/12)
新谷 尚紀

商品詳細を見る

日本を楽しむ暮らしの歳時記―美しい日本の、美しい日本語集 (夏) (別冊太陽)日本を楽しむ暮らしの歳時記―美しい日本の、美しい日本語集 (夏) (別冊太陽)
(2000/06)
不明

商品詳細を見る


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss




MAYBELLINE NEW YORK
メイベリン ニューヨークBBウォーター ジェル

ポチカム参加中

関連記事
スポンサーサイト

タグ:八月 葉月

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.