月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

10月 神無月 -秋-

■神無月(カンナヅキ)

旧暦10月を「神無月(カンナヅキ)」と言うのは、日本中の神様が
縁結びの相談のため出雲の国(島根県)に集まり
他の国には神様が不在となるからだそうです。
神様が集まる出雲の国では、10月は神在月(カミアリヅキ)と呼ばれます。
実際には10月は伊勢神宮の神嘗祭(カンナメサイ)を始め
全国各地で神社の秋祭りが盛んに行なわれています。

aflo_wkea108945.jpg

この月、古くから、日本の神々が島根県の出雲大社に集まる
と信じられていましたので、出雲の国は「神在月」(かみありづき)
その他の神社では神々がいなくなってしまうと言うことから「神無月」
または「神去月」(かみ さりづき)と言われました。
この「神無月」が最も一般的な名称とされていますが「鎮祭月」「鏡祭月」など
神々に縁のある呼び名もつけられました。
また、十月は縁起の良い月と考えられ
「吉月」「良月」「陽月」「大月」とも名づけられました。
旧暦の「神無月」は、冬の初月とされていますが、暖かい日も多いことから
「小春」(しょうしゅん)、「小陽春」、「極陽」など穏やかな名もつけられました。

神無月(かんなづき/かみなづき)、神去月(かみさりづき)
神有月/神在月(かみありづき)、醸成月(かみなんづき)
神嘗月(かんなめづき)、鏡祭月(きょうさいげつ)、
鎮祭月(ちんさいづき)、雷無月(かみなかりづき)、孟冬(もうとう)、初冬(しょとう)、
早冬(そうとう)、開冬(かいとう)、上冬(じょうとう)、新冬(しんとう)
亥冬(がいとう)、建亥月(けんがいげつ)、方冬(ほうとう)、立冬(りっとう)
霜先(しもさき)、初霜月(はつしもづき)、定星(ていせい)、小六月(ころくがつ)、
小春(しょうしゅん/こはる)/小春月(こはるづき) 、小陽春(しょうしょうしゅん)、
時雨月(しぐれづき)、木の葉月(このはづき)、御忌(おいみ)、応鐘/応章(おうしょう)、
陽月(ようげつ)、極陽(きょくよう)、坤月(こんげつ)、正陰月(せいいんづき)、
大月(たいげつ)、大素(たいそ)、吉月(きつげつ)、良月(りょうげつ) など

十月の別名で一番有名なのが神無月です。
一般には、日本全国の神様が毎年10月に出雲国に集まるので
神様が留守になるから「神無月」で、出雲国だけが「神在月」といわれていますが
神無月の無は「の」を意味する格助詞「な」で神を祭る「神の月」、
新穀で新酒を醸す月であることから醸成月(かみなんづき)、
新嘗(にいなめ)の準備をする月であることから神嘗月(かんなめづき)など
一年の収穫を神様に感謝する月というのが本来のようです。

clip_toriplate_201409251533589b0.jpg

今月の二十四節気と雑説
八日—寒露(かんろ)
二十日—土用(冬の土用)
二十三日—霜降(そうこう)

今月の草木花
コスモス 野原薊(のはらあざみ) 富士薊(ふじあざみ) 杜鵑草(ほととぎす) 
藪蘭(やぶらん) 鶏頭(けいとう) 金木犀(きんもくせい)  野紺菊(のこんぎく)

■一雨一度
冬から春への気候変化を「三寒四温」と言いますが
秋から冬にかけては「一雨一度」と言い、ひと雨降るごとに
1度ずつ気温が下がって、秋が深まることを表します。
低気圧が通過する時に雨が降り、その後気温が下がるためで
ひと雨降るごとに寒さが増し、野山に紅葉が始まります。    
       
■錦秋(キンシュウ)
山々が華やかに色づき始める晩秋を、錦織(ニシキオリ)のように美しい秋
「錦秋(キンシュウ)」と言います。深紅から朱赤、橙色、黄色と
さまざまな色に染まる秋の紅葉の美しさを
豪華で美しい織物に見立てたことから来ています。
色鮮やかな美しい織物や衣服を表す言葉
「錦繍(キンシュウ)」を用いる場合もあります。  
 
■紅葉狩り
明け方の最低気温が8~9度以下になった頃、カエデやモミジ類の葉が紅葉し始め
標高の高い山の方から里の方へ色鮮やかに染まってきます。
紅葉を求めて、里から野山に分け入ることを「紅葉狩り(モミジガリ)」と言います。
「狩る」という言葉にはもともと、果物を取る
草木を眺めるという意味があるそうです。

05739_201409251527453bc.jpg

紅葉(もみじ)
秋も深まってくると、緑色であった草木が、露や、湿気を含んだ寒気にあたり
赤、黄、褐色などに変化します。このことを古語では「もみつ」「もみず」と言い
これが名詞化され「もみじ」になりました。
色よく染まった草木すべてを「紅葉」と言いますが、最も一般的になったのが
「楓」(かえで)の葉で、次第に「もみじ」として親しまれるようになりました。
京都の「嵐山」、大和の「龍田川」のほとり等に、この「楓」を植林し
美しい「紅葉」の名所が生まれました。また、見事な紅葉の群生する
深山幽谷の山々に、猟師が獲物を追って向かうことを「紅葉狩り」と言いました。
「紅葉狩り」は、どこまでも自然美を追っていきたいとする日本人の心情に合い
能や歌舞伎、長唄などでも演じられるようになりました。

肌寒(はださむ)
秋も深まり冷気が肌に寒く感じられることです。
この頃には日中は暖かいのに夜になると寒くなります。
また、この秋の半ばから末にかけての寒さを「漸寒(ややさむ)」といい
この「漸(やや)」は、次第にとか徐々にという意味になります。
また、何となく寒かったり、わけもなく寒いのが「そぞろ寒(そぞろさむ)」。
さらにどことなく寒いという風に、寒さを特定できない寒さを
「うそ寒(うそさむといい、「うそ」は「薄」から転じた接頭語で
「うすら寒い」という感じの言葉です。
どれも深まる秋の寒さを表しています。

衣替え
日本では6月と10月に衣替えが行われることが多いです。
あくまでも習慣なので強制的に替えなければならないという訳ではありませんが
学校においては強制的に替えなければなりません。
10月1日の衣替えは夏服から冬服へとかわる日。
平安時代には天皇や公家社会で行われていた習慣で
江戸時代ごろから衣替えは6月1日と10月1日に行われるようになり
太陽暦採用後は、官公庁・企業・学校で旧暦の日付」をそのまま新暦に移行して
6月1日と10月1日に行われるようになりました。

秋晴れ
秋の快晴の澄みわたるような空のことを言います。
10月に入ると移動性の高気圧に覆われて、湿度も下がって
心地いい日が続きます。また空気が澄みわたり空が高くなったようにも感じられます。
ただし、高気圧は移動が早くて晴天が長く続きません。
そこで「女心と秋の空」などとも言われています。

秋日和(あきびより)
秋晴れと似ていますが、こちらはすっきりとした快晴でもその時に
吹いている風や大気、気温までを総合しての心地良い秋晴れです。
縁側での日向ぼっこやちょっと散歩が楽しみたくなるような
晴れた穏やかな日をいいます。

071110b.jpg

【寒露(かんろ/10月8日)】
二十四節気の一つで10月8日ごろ。
この日から霜降までの期間。朝露を踏むと一段と冷たくなり、秋の深まりゆく季節。
太陽黄経が195度のときで、露が冷気によって凍りそうになる頃。
「寒露(カンロ)」とは、野の草に宿る露のことを言いますが
1年を24に区分した古い中国の暦法、「二十四節気」では
秋分から15日目を「寒露」と言います。10月8、9日頃にあたりますが
秋の長雨が終わるこの頃、野山では木の葉が色づき始めます。
穀物の収穫が一番忙しい時期です。

【霜降(そうこう/10月23日)】
二十四節気の一つで10月23日ごろ。この日から立冬までの期間。
太陽黄系が210度のときで、露が冷気によって霜となって降り始めるころ。
楓や蔦が紅葉し始めるころ。
この日から立冬までの間に吹く寒い北風を木枯らしと呼びます。

【ハロウィン(10月31日)】
ハロウィンはカトリックの諸聖人の日(万聖節)の前晩に行われる
英語圏の伝統行事。
諸聖人の日の旧称All Hallowsのeve(前夜祭)であることから
halloweenと呼ばれるようになりました。
ケルト人の収穫感謝祭がカトリックに取り入れられたものとされています。
ケルト人の一年の終わりは10月31日で、この夜は死者の霊が家族を訪ねたり
精霊や魔女が出てくると信じられていました。
これから身を守るために仮面を被り、魔よけの焚き火を焚いていました。
蕪(かぶ)をくりぬいた中にロウソクをたて「ジャック・オー・ランタン」
(お化け蕪・イギリスやアイルランドでは蕪を使いましたが
移民の多いアメリカでは刻みやすいカボチャを利用するようになりました)を作り
魔女やお化けに仮装した子供たちが「トリック・オア・トリート」
(Trick or treat お菓子をくれないと、いたずらするぞ)と唱えて
近くの家を1軒ずつ訪ねます。家庭では蕪のお菓子を作り
子供達は貰ったお菓子を持ち寄りハロウィン・パーティを開いたりします。

10月画像2

秋祭りの覚え書き
         
■秋祭りの由来
澄んだ空の下で秋祭りのお囃子(オハヤシ)や太鼓の音が聞こえると
胸がはやるものです。秋祭りは、豊かに実った農作物の収穫に感謝し
神様にお供えを捧げる祭事です。
地域の氏神のご神徳を讃え、五穀豊穣・無病息災・家内安全を祈る祭りとして発展し
神輿(ミコシ)の渡御(トギョ:お出ましのこと)や奉納太鼓、
獅子舞などが賑やかに行なわれ、地域の親睦を深めます。  

■神輿(ミコシ)
神輿(ミコシ)は神様の乗り物で、威勢のいい掛け声とともに
練り歩く神輿かつぎは、祭りの主役です。
祭りの日、神様は神輿にうつされて、氏子に担がれて氏子区域をまわるのですが
神輿をかつぐと魔が払われるとされています。
また、上下に「ワッショイ、ワッショイ」と振り動かすのは、「神輿振り」と言い、
神の霊力をまき散らす動作と言われています。  
       
■半被(ハッピ)とはち巻き
祭りの時に着る「半被(ハッピ)」は、もともと印半天(シルシバンテン)という
職人の仕事着です。背中に描かれた大きな紋で
どこの神社の祭りかがわかり、そろいの半被を着ることで
祭りの一体感が高まります。また、はち巻きを頭に結ぶのは
神聖な神輿を担ぐ際に不浄な頭を隠すためだそうです。
 
■神嘗祭(カンナメサイ)
10月15~17日、伊勢神宮では「神嘗祭(カンナメサイ)」が行なわれます。
これは、その年に採れた新米を神様に捧げて感謝するもので、
伊勢神宮の年間千数百回もある祭儀の中で、最も重要な祭りとされています。
「神々の正月は神嘗祭」とも言われ、伊勢神宮では神嘗祭の時に
祭り器具などをできる限り新調するそうです。

aki-back001.jpg


 十月・神無月」 関連記事
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-494.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-187.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-163.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-258.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-460.html


読んでわかる俳句 日本の歳時記 秋読んでわかる俳句 日本の歳時記 秋
(2014/05/23)
宇多 喜代子、 他

商品詳細を見る

花の歳時記 秋花の歳時記 秋
(2004/08/27)
鍵和田 ・子

商品詳細を見る

季節のことば・秋季節のことば・秋
(2010/09)
池藤 あかり、野呂 希一 他

商品詳細を見る

和のくらし歳時記―季節を楽しむ和のくらし歳時記―季節を楽しむ
(2013/06)
後藤 珠己

商品詳細を見る

カレンダー2015 七十二候めくり 日本の歳時記 (ヤマケイカレンダー2015)カレンダー2015 七十二候めくり 日本の歳時記 (ヤマケイカレンダー2015)
(2014/10/04)
不明

商品詳細を見る

日本を楽しむ暮らしの歳時記―美しい日本の、美しい日本語集 (秋) (別冊太陽)日本を楽しむ暮らしの歳時記―美しい日本の、美しい日本語集 (秋) (別冊太陽)
(2000/09)
不明

商品詳細を見る

和美人のきほん―歳時記・マナー・美しい言葉 (わたしの暮らし手帖)和美人のきほん―歳時記・マナー・美しい言葉 (わたしの暮らし手帖)
(2008/08/22)
池田書店編集部

商品詳細を見る

福を招く 食と暮らしの七十二候福を招く 食と暮らしの七十二候
(2014/03/20)
石倉 ヒロユキ

商品詳細を見る


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



リアンフルール シルキー モイスト ファンデーション公式ページ
ポチカム参加中
関連記事
スポンサーサイト

タグ:10月 神無月

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。