月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

霜月~冬の始まり~

霜月 11月 
秋が深まり冬に移りゆく季節。

aflo_qfha005498.jpg

十一月は旧暦で言えば冬、霜が降りると言うので
「霜月」と言うのが最も一般的な呼称です。
また十月が神無月であったのに対し十一月は神々が出雲から帰って来て
それぞれの神社に収まるという意味で「神帰月」「神楽月」などとも言います。

季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。

他の別名
神楽月(かぐらづき) 子月(ねづき)
霜降月(しもふりづき)
雪待月(ゆきまちづき)
建子月(けんしげつ)
暢月(ちょうげつ) 達月(たつげつ)
復月(ふくげつ)
神帰月(かみきづき)
天正月(てんしょうづき)

aflo_sada001135.jpg

現在では十一月は晩秋、芸術的な香りのする気候であります。
まず「文化の日」があり、文化財保護強調週間、教育文化週間など、
文化の付く行事が多く、十五日には「七五三」があり微笑ましい光景があります。
寒に入る前の最も良い季節と言われています。

秋から冬にかけて心もしっとりする季節。
心が澄み渡るような空気感。
寒さとともに深まる紅葉が目に染み、そして紅葉が散るともう冬です。
立冬を迎え、暦の上では冬となります。
七五三や酉の市で華やぐ中、紅葉から落葉の季節となり
寒い地方には冬将軍が訪れます。
翌年の年賀はがきが発売され下旬には喪中欠礼状が届きはじめます。

11月は全国的な秋晴れは比較的には多いのですが
別称「霜月」と言うように、北の方から寒冷前線が下がってきて
局地的には天候が悪化したり、月中には霜が降りたりすることがあります。
そして立冬を過ぎると冬が駆け足でやって来ます。
健康上も家事の上でも冬支度の準備を怠りなくして置きましょう。
11月は晩秋から初冬へと季節が移り変わります。
小春日和と呼ばれると呼ばれる暖かな日も訪れますが
立冬(11月7日頃)の頃には北西の季節風である木枯らし1号も吹き始めます。
暖房が欲しくなるのは、朝の最低気温で5~6℃が目安でしょう。
そろそろ暖房器具やコート等の冬支度が必要になってくる時期です。

aflo_zoca005560.jpg

※冬は、立冬から (暦上の冬)
「冬ごもり」というように冬は万物が成長をとめエネルギーを内に蓄える季節。
動物や昆虫たちは土の下で眠り木々は葉を落として根に養分を蓄えます。
冬でもせっせと夜中まで働いているのは人間だけかもしれません。

七十二候  時候  期間    季節の変化に伴う自然現象
立冬・初冬 初候 11/7~1   ・山茶花の花が咲き始める頃
初冬     次候 11/12~16  ・大地も凍り始める頃
初冬     末候 11/17~21  ・水仙の花が咲き始める頃
小雪・初冬 初候 11/22~26  ・虹もかからなくなる頃

11月ともなれば、さすがに朝夕は随分冷たいものです。
街路樹の紅葉も美しく、風もないのにはらはらと落葉し
かさこそ乾いた音を立てるのも晩秋の風情ですね。

『露隠葉月』(つゆごもりのはづき)
露は秋に一番よく見られ、秋という季節を象徴する風物でもありました。   
旧暦11月は、初冬にあたります。   
このころになると葉にかかる露も姿を消してしまいます。  
凍って霜になるからです。

ちなみに「露見草(つゆみぐさ)」は薄(すすき)
「露取草(つゆとりぐさ)」は里芋(さといも)
「露湛草(つゆたえぐさ)」や「露玉草(つゆたまぐさ)」は蓮(はす)の異称。  
どれも、葉に置いた露が美しく映える草花です。

aflo_azaa002080.jpg

・・・紅葉にまつわる言葉・・・

◆錦秋(きんしゅう)・・・紅葉が鮮やかな織物のような美しさを見せる秋のこと。
◆紅葉狩り(もみじがり)・・・山などに出かけ、紅葉の美しさを楽しむこと。
◆山装う(やまよそおう)・・・秋の山が紅葉によって美しく色づく様子。
◆初紅葉(はつもみじ)・・・初めて目にする色づいた紅葉。
◆照葉(てりは)・・・秋の陽ざしを受けて、照り輝く紅葉のこと。
または照葉樹の葉が紅葉する様子。

今年も美しい紅葉を愛でられますように。

aflo_loma033113.jpg

『霜月』 関連記事一覧
http://rosymoon.blog35.fc2.com/?tag=%E9%9C%9C%E6%9C%88


入門 日本の旧暦と七十二候 (洋泉社MOOK)入門 日本の旧暦と七十二候 (洋泉社MOOK)
(2012/12/17)
不明

商品詳細を見る

暦のおしえ: 季節と寄り添い、幸運を導く (一般書)暦のおしえ: 季節と寄り添い、幸運を導く (一般書)
(2013/10/23)
三須啓仙

商品詳細を見る

七十二候と日本のしきたり (洋泉社MOOK)七十二候と日本のしきたり (洋泉社MOOK)
(2014/10/18)
山下 景子

商品詳細を見る

つきづきの彩りつきづきの彩り
(2006/01/07)
不明

商品詳細を見る


日本を楽しむ暮らしの歳時記<br />美しい日本の、美しい日本語集 (冬) (別冊太陽)日本を楽しむ暮らしの歳時記
美しい日本の、美しい日本語集 (冬) (別冊太陽)

(2000/12)
不明

商品詳細を見る

大切にしたい、にっぽんの暮らし。大切にしたい、にっぽんの暮らし。
(2013/11/25)
さとうひろみ

商品詳細を見る

暮らしをもっと豊かにする七十二候の楽しみ暮らしをもっと豊かにする七十二候の楽しみ
(2013/11/21)
小泉 さよ

商品詳細を見る


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



0_0_0_0_0_line_tuwincle (1)

森永製菓★11月の新商品、感想を大募集! ←参加中
新商品が次々に発売されています。大人向けの商品や限定品など・・・
Twitterで見かけて美味しそうなものも多く、さっそく購入したのは
「大人の贅沢チョコボール」と「ベイククリーミーチーズ」
「マッシュボン ラズベリー」 
こんなにお菓子を買ったのは久しぶりです♪
森永製菓 今月の新商品
関連記事
スポンサーサイト

タグ:霜月 11月

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.