月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

十二月(師走)

師走

aflo_rcba004732_201411261443054e2.jpg

12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。
この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのは
やはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月
と言う様子も目に浮かびます。
年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが
大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し
整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。

僧がお経をあげるために東西を馳せることから
「師が馳せる月」→「しはせつき」→「しわす」となったといわれています。
「師」は「僧」を指すのが一般的。
「馳せる」は「走る。急いで行く」という意味です。

師走という呼び方は、もともとは旧暦での呼び方ですが
現在は新暦のこととして使われています。
「しわす」は「しはつ」で、漢字で「為果つ」と書く月のことだともいいます。
そのほかの説としては、年の暮れになり
師匠も趨走(チョコチョコ走る)するので
「師趨」だったのが、やがて「師走」と書くようになったというものがあります。
また師は法師で、坊さんがお経を読みに走る(昔はお盆と同じだった)ので
「師馳月」が略されたともいう説もあります。
また1年の最後の月なので「歳極つる月」
または「歳極する月」の訛りだとする辞典もあります。

季節:仲冬(ちゅうとう) ※大雪から小寒の前日まで。

12月の他の別名
茶月(さげつ) 弟月(おとづき)
健丑月(けんちゅうげつ)
極月(ごくげつ) 厳月(げんげつ)
限月(かぎりのつき)
窮月(きゅうげつ) 臘月(ろうげつ)
茶月(さげつ) 親子月(おやこづき)
春待月(はるまちづき)
暮古月(くれこづき) 

時候の挨拶
初冬の候  師走の候  寒冷の候  霜寒の候  歳晩の候  短日の候
季冬の候  激寒の候  年末のみぎり  歳末多忙のおりから
寒気いよいよつのり  荒涼たる冬となり  年の瀬もおしせまり
心せわし年の暮れを迎え  年もせまり何かと繁忙のこと  年内余日なく
今年もおしせまって参りましたが

aflo_vrwa020704.jpg

大雪(たいせつ)
12月7日頃(2014年は12月7日)。
および冬至までの期間。
太陽黄径255度。小雪から数えて15日目頃。 
山岳だけでなく、平野にも降雪のある時節ということから
大雪といわれたものでしょう。この頃になると九州地方でも初氷が張り
全国的に冬一色になる季節です。冬の寒さが日ごとに加わります。
スキー場がオープンしたり、熊が冬眠に入るのもこの頃。
鰤(ぶり)など冬の魚の漁も盛んになります。
http://www.tomoiki.tv/flv_new/?file=nippon&key=taisetu

冬至(とうじ)
12月22日頃(2014年は12月22日)。
および小寒までの期間。太陽黄径270度。
大雪から数えて15日目頃。
太陽が軌道上の最も南に来るときで
夏至と反対に、夜が最も長く、昼が短い日。
夏至から徐々に日照時間が減っていき、南中の高さも
1年で最も低くなることから、太陽の力が一番衰える日と考えられてきました。
冬至は「日短きこと至る(きわまる)」という意味。
中国では、この日から新年の始まる日で、先祖を祀る習俗があります。 

2014年12月22日は19年に1度の「朔旦冬至(さくたんとうじ)」

1年の間で昼が最も短く、夜が最も長くなる日である「冬至(とうじ)」。
今年2014年の冬至は12月22日であり、今回の冬至は
「山羊座の新月(2014年12月22日10時36分)」と同じ日に重なっています。

2014年12月22日に重なる冬至と新月。
これは単なる偶然の組み合わせではなく、19年に1度訪れる
「朔旦冬至(さくたんとうじ)」という特別な日になります。

朔旦冬至(さくたんとうじ)
陰暦11月朔日 (1日) が冬至にあたること。
この日は、非常にめでたいとされ、朝廷では、宴を催し、公卿たちから賀表が奉られた。
また恩赦を行い、田租を免じ、あるいは叙位を行うこともあった。
(「ブリタニカ国際大百科事典」より)

旧暦では1ヶ月が29~30日なので、1年は約354日となりますが
これだと3年で1ヶ月ほど季節がずれてしまうことになるため
約3年に1度、1年が13ヶ月となるために必要な「閏月(うるうづき)」を挿入します。
閏月は19年に7回入りますが、19年に1度だけ、閏月の後の冬至の日が
旧暦11月1日となって新月と重なる日があり、この日が「朔旦冬至」と言われています。

http://www.tomoiki.tv/flv_new/?file=nippon&key=touji

一陽来復(いちようらいふく)
冬至のことを一陽来復とも言います。
「一陽来復」は中国の「易経」に出てくる言葉。
中国の昔の暦では10月はすべて陰の気で覆われ
11月になると陽の気が復活し、冬至を境に長くなっていくとされています。
つまり、衰えていた太陽の力が再び勢いを増してくるというわけ。
そのため、新年が来るという意味の他に、悪いことが続いた後に
幸運に向かうという意味も込められているのです。
良くないことが続いている人も、冬至が来たら
「さあ、これからは良いことがどんどんやって来る」と気持ちを切り替えましょう。
そういうきっかけを与えてくれる日でもあります。
早稲田の穴八幡などの神社では「一陽来復」のお守りが配られます。

柚子(ゆず)湯
冬至といえば柚子(ゆず)湯。
この日に柚子湯に入ると風邪を引かないと言われています。
「融通がきくように」との説がありますが、単なる語呂合わせ? 
柚子には体を温める効果があります。
柑橘系の香りでゆったり、リラックスしたいですね。

かぼちゃ  小豆粥
冬至にかぼちゃや小豆粥を食べる風習があります。
この日にかぼちゃを食べると魔除けになり、風邪を引かないと言われています。

「ん」のつく食べ物
地方によっては、みかんなど「ん」のつく食べ物を
7種類食べると幸せになるともいわれているそうです。
かぼちゃの別名は「南京(なんきん)」。やはり「ん」がついています。
「ん」のつく食べ物:みかん、大根、にんじん、れんこんなど。

風花(かざはな)
晴天の青空の中をハラハラと舞うように降る雪のこと。
本格的な冬の前触れとされています。

眠る山
冬山を擬人化したもの。
中国の山水画伯、郭煕の画論の次の言葉
「冬山惨淡として眠るがごとく」が、この季語の原点。
春は「山笑ふ」夏「山滴る」秋「山粧ふ」
季節に応じて使い分けのできる重宝な季語。

大晦日(おおみそか・おおつごもり) 12月31日
十二月末日のこと。月の最終日を「つごもり」というのに対して
「大つごもり」、「大年(おおとし)」ともいいます。
「つごもり」は「月隠(つきつごもり)」の略。
元旦を明日に控えた一年の終わりの日で、人それぞれに感慨が深い。
一年を振り返って、過ぎ来し方を思わぬ人はない。
過ぎ去った時間は取り戻せない。
来年こそは、との思いを抱き、年越し蕎麦を食べ夜の更けるまで名残を惜しむ。
そして除夜の鐘の鳴るころ除夜詣でに出かける。
大晦日の晩に蕎麦を食べる風習は江戸時代以降のものですが
この風習が時代も変わった現代でも続いています。

大祓(おおはらえ)6月30日・12月31日
旧暦の6月末日と12月末日に行われる祓の行事。
人々の犯した、罪や穢れ(けがれ)を除き去るために行われ
6月を夏越しの祓(なごしのはらえ)、12月を年越しの祓といいます。
この日、白紙で作った人形で身体の穢れを祓い
神官が祓を行って川や海へ流します。
また茅(ちがや)で作った輪を腕に懸けたり、腰に帯びたり
家々では一人用の茅の輪を潜ったり、神社では神前に
大輪の茅の輪を立て人々が大輪を潜ります。
この輪を潜れば罪や穢れ、災厄や疫病を祓い清めるとされています。
茅の輪は蛇を象ったものとされ、水神の祭とも関連します。
大祓は半年の罪、穢れを祓い去り、無病息災を願う日本人の心が集う日です。
旧暦6月末、12月末に執り行われていた大祓は
現在、新暦でも6月末、12月末に全国の神社で行われています。

aflo_vtna002912.jpg

除夜・除夜の鐘
除夜とは12月31日の夜のこと。
この日は朝早くから、門松、注連縄、鏡餅を飾り
御節料理を作って正月の準備をします。
夜になると家族そろって年越しそばを食べ、除夜の鐘を聞きながら
新しい年を迎えます。除夜の鐘は108鳴らすことになっており
この108という数は、人間には108の煩悩があるという仏教思想に基づいており
煩悩解脱を祈って鳴らすといわれています。
どこの家でも、この除夜の鐘を聞くまで起きており
これを聞いて一年の終わりを知り、新しい年を迎えたことを実感しました。
現在では、テレビやラジオが全国各地の有名な寺の鐘の音を伝えています。

年籠り(としごもり)
年神様は初日の出とともにやってくるという説もあるため
大晦日の夜に寝ないで「年神様」を待つことを年籠りといいます。
うっかり寝てしまうと、「シワや白髪が増える」などという
恐ろしい言い伝えもあります。どうしても眠くなったら「寝る」ではなく
「稲積む」(いねつむ)というと、魔力から逃れられるといいます。

年越しそば
1年の締めくくりに、そばのように細く長く
長寿であるように願って「年越しそば」を食べます。
年越しそばを食べるのは、月末にそばを食べる
「みそかそば(晦日蕎麦/三十日蕎麦)」という風習が
大晦日だけに残ったもので、江戸時代の町人の間で始まったといわれています。
また、年越しそばにはさまざまな呼び名と言い伝えがあります。

【寿命そば】
そばのように長くのびる(長生きできる)。
【運気そば】
鎌倉時代、博多の承天寺が町人にそばを振舞ったところ
翌年からみんなの運気が上がった。
【福そば】
金銀細工師が散らかった金粉を集めるのに
そば粉を練った団子を使うので、そばは金を集める縁起物。
【縁切りそば】
そばがよく切れるように、1年の労苦を忘れられる。

そばに付き物のねぎは「ねぐ」といって
「祈る」「労う」という意味もありますから、ぜひ入れてください。

aflo_wkea113119_20141126144304a86.jpg

いよいよ年の瀬を迎えることとなりました。
「年の瀬」の「瀬」は川の流れの早いところや海の潮流を意味します。
一年の終わりの慌ただしさを川や潮の流れの早さに例えたのでしょうか。
あるいは「瀬」を越えないことには溺れてしまい生きることができない、
つまり新しい年を迎えることができない。
そこに例えたのでしょうか。なんだか深いですね。

地域によって違いはありますが
お正月飾りは28日を迎えるまでに飾るべきといわれます。
31日だと「一夜飾り」となってしまい葬式と同じになってしまう
30日は旧暦の大晦日、31日と同じ意味になってしまう
29日だと語呂合わせで「苦」に通じてしまう…
昔の人は生活のなかで本当にいろいろなことを考えながら
生きていたのですね。

慌ただしく過ぎる毎日の日の暮れの早さには驚くばかり。
しかし冬至を境として長くなる日の中には
「寒さ」とはいいながらも光の春に向けて
一歩一歩進んでいく希望が感じられます。
どうぞお健やかにお迎えらになられる新年、初春でありますよう
お祈りしております。

aflo_vxba000969.jpg


日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―日本の七十二候を楽しむ ―旧暦のある暮らし―
(2012/02/10)
白井 明大

商品詳細を見る

おうちで楽しむ日本の行事 (王様文庫)おうちで楽しむ日本の行事 (王様文庫)
(2011/11/29)
広田 千悦子

商品詳細を見る

絵でつづる やさしい暮らし歳時記     暦でみる日本のしきたりと年中行事絵でつづる やさしい暮らし歳時記 暦でみる日本のしきたりと年中行事
(2013/11/09)
新谷 尚紀

商品詳細を見る

にほんのお福分け歳時記にほんのお福分け歳時記
(2014/03/05)
広田 千悦子

商品詳細を見る

冬のしきたり (伝統行事がわかる図鑑)冬のしきたり (伝統行事がわかる図鑑)
(2011/04/01)
新谷尚紀

商品詳細を見る

日本の七十二候を味わう楽しむ: 旧暦で知る、自然の彩り、和の心 (王様文庫)日本の七十二候を味わう楽しむ: 旧暦で知る、自然の彩り、和の心 (王様文庫)
(2013/10/28)
広田 千悦子、広田 行正 他

商品詳細を見る

カレンダー2015 七十二候めくり 日本の歳時記 (ヤマケイカレンダー2015)カレンダー2015 七十二候めくり 日本の歳時記 (ヤマケイカレンダー2015)
(2014/10/04)
不明

商品詳細を見る


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



関連記事
スポンサーサイト

タグ:12月 師走 年の瀬

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.