月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

水無月 六月暦

◆水無月(みなづき)

旧暦の六月は、今の暦の七月にあたるため
一年で最も暑い月とされていました。
したがって「焦月」(しょうげつ)、「季夏」(きか)
「長夏」(ちょうか)、「常夏」(じょうか)、「炎陽」(えんよう)、「極暑」(ごくしょ)など
いかにも暑苦しさを感じさせる名で呼ばれています。
最も一般的なのは、「水無月」「水月」と書き「みなづき」と読むものです。
梅雨で雨の多い六月の呼び名ですが、先に述べたとおり今の七月にあたるので
雨量の少ない月と納得のいく呼び名です。この月に雨が少ないと
稲が開花結実しにくいので日本人の主食である
米の収穫に大きく影響してしまいます。
そのため雨乞いの目的で農業神の祭礼が盛んに行われました。
「水無月」は農耕民族である日本人にとって
一年の豊作を決める大切な月と言われて来ました。

新暦6月は雨の季節ですが、旧歴では梅雨が明けて暑くなり
水も涸れるということから名付けられました。
他に、田植えが終わり、田んぼに水が一杯に張られている状態を
「水月(みずづき)」と呼んだのが変化したという説もあります。

aji.jpg


[ 別名 ]
水張月(みづはりづき)・水月(みなづき)・皆仕尽(みなしつき)
炎陽(えんよう)・田無月(たなしづき)など。

[ 誕生石 ] ・・・ムーンストーン・真珠・アレキサンドライト
[ 誕生花 ] ・・・誕生花を身につけておくと幸福が訪れてくるといわれております。

・六月の誕生花は、紫陽花・薔薇です。
・紫陽花、白・薄緑色・青紫色へと変化する幻想的な花の別名は「七変化」です。
・薔薇は紀元前の時代から華麗なエピソードに彩られ人々に讃えられてきた花。

■ 季節の言葉
立夏の候 初夏の候 梅雨の候 入梅の候 
小夏の候 五月雨の候 薄暑の候 
長雨の候 梅雨空の候 深緑の候 向暑のみぎり 

雲の晴れ間の青空も懐かしく 早苗田の美しい季節  
山々の緑も濃くなり  暑気日毎に加わる折柄  
紫陽花の花も美しく時候不順の折 初夏の風に肌も汗ばむころ 
樹々の緑も深くなり  若鮎のおどる  田植も始まり  暑さ日増しに厳しく 
長かった梅雨もようやくあがり  日の光も青く  爽やかな初夏を迎え

【季語】
梅雨、南風、五月雨、夏風、夏の川、夏野、万緑、かきつばた
栗の花、紫陽花、青梅、鮎、蝸牛、梅雨の星、青梅雨

tuyunoharemani_20110601130926_2015053114430662c.jpg

新暦六月は梅雨の時期ですが、旧暦では梅雨が明け
暑さで水が涸れる月ということで「水無月」と呼ばれます。
これは、田植え仕事が終わったという意味での「皆仕尽」
あるいは田んぼに水が張られている状態
「水月」が変化したものともいわれています。
また、旧暦六月は「風待月(盛夏になると風が止むことから)」
「鳴神月(梅雨明けを告げる雷がなる月)」
「常夏月」「蝉羽月」などともいいますが
いずれも梅雨明けの盛夏の様子が伝わってくる語感があります。

読んで字の如く「水が無い月」だからという説と
無の字は「な」の当て字で「~の」を意味します。
ということは「水のある月」になります。
水の無い月と書きますが、水が無いわけではありません。
水無月の「無」は「の」にあたる連体助詞「な」で
「水の月」という意味になるのです。

田の一番草や二番草を取り終わってまず稲作の大切な仕事をし尽くした
つまり「皆し尽くした月」が詰まって「みなつき」。
又、旧暦の6月は梅雨が明けて水が少ないからという二つの説が有力。

t_02_20150531144307511.jpg

6月1日「氷の朔日(さくじつ)」-氷の神様に感謝を捧げる
「氷の朔日」は、氷の神様に感謝を捧げる日であり、かつては幕府や宮中で
各地の「氷室」から取り寄せた氷で暑気払いをする年中行事でした。
氷室とは、山中や地下、洞穴などを利用した貯蔵庫のようなもので
冬に集めた雪や氷を夏まで保存しておく場所です。
ちなみに京都の北山には氷室という地名があり、氷室の跡が残っているそうです。

旧暦6月はすでに夏で、しかも暑い盛り。
冷蔵庫など存在しない当時、天然の氷はとても貴重で
氷室の氷を口にすると夏痩せしないと信じられていました。
また、氷室の氷の解け具合によって
作物の豊凶を占ったとも伝えられています。
そんな貴重な夏の氷を庶民が口にすることはできません。
そこで、氷に見立てた和菓子「水無月」が作られるようになりました。
水無月は、米粉や外郎(ういろう)でできた三角形の土台に
邪気を払うとされる小豆を乗せたもの。
その涼しげな姿には、庶民の知恵が盛り込まれているのです。

衣替え
平安時代の宮中では旧暦の4月、10月の1日を衣替えの日とし
衣服だけでなく室内の調度も取り替えるしきたりがありました。
江戸時代には衣類が多様化し、年に4回の衣替えが定められましたが
明治になって洋装が普及したのを機に、現在のような6月、10月1日に
衣替えをする習慣が定着しました。

入梅
暦のうえでは夏至を中心にした約30~40日間が梅雨の期間とされます。
梅雨という名は、ちょうど梅の実が熟すころに
雨が多くなることからつけられたそう。
梅雨に入った最初の日を「入梅」と呼びます。
新暦ではだいたい6月10~11日ごろ。
雨が降り続く憂鬱な時期ですが、稲には恵みの雨であり
都会人にとっても水源を潤す大事な雨となります。

梅雨闇(つゆやみ)
雨が降り続いたり曇りがちで、昼でも暗く
夜は月も見えない闇になることをいいます。
太陽暦とは約一ヶ月ずれが生じるので「さつき闇」とも言われます。
夜の闇は特に暗く「あやめもわかぬ漆黒の闇と化す。」
(物の模様もわからなくなるくらい、うるしのように
黒く艶のある闇になる) と表現されました。

ume_20110601130734_201505311443076b1.jpg

父の日
1910年、米国ワシントン州のJ・B・ドット夫人は
「母の日があるのに、父の日がないのはおかしい」と提唱。
男手ひとつで育ててくれた父親の墓前にバラの花を飾って感謝を捧げました。
それが父の日の始まりです。母の日を祝日として制定した
ウイルソン大統領によって認知され、1972年、ニクソン大統領の頃に
米国の正式な国民の祝日になりました。
日本では昭和25年ごろから知られはじめたようです。
感謝とともに、いつまでも格好よくいてほしいという願いを込めて。
メタボが気になるお父様に、身体を引き締めるトレーニンググッズ。
地味なシャツが多いお父様には、きれいな色味のシャツで
5歳若く見える装いをプレゼント。
身体にフィットするオーダーメイドのシャツや靴も洒落ているし
上質の傘を贈るのもよいアイデアです。
雨の多いこの時期、ジメジメ気分を吹き飛ばしてくれるに違いありません。

夏越の祓
一年の前半の穢れ(けがれ)を祓う(はらう)のが「夏越の祓」。
12月の大晦日と同様に大祓(おおはらえ)の行事が行われます。
茅草(かやくさ)を束ねた「茅の輪(ちのわ)」をくぐって身を清めたり
「形代(かたしろ)」という紙の人形に自分の身の穢れを移し
大祓の日に神社に納めて祓い清めてもらうなど、半年の間の穢れを取り除き
次の半年の無病息災を祈ります。

夏越大祓
http://www.kandamyoujin.or.jp/event/detail.html?id=12&m=06

京都では、冷たくて甘い「水無月」で暑気払い、邪気払い。
幕府や宮中ではこの日、当時はとても貴重だった氷を食べて
暑気払いをしていました。
氷が手に入らない庶民は、氷に見立てて三角に切った白ういろうに
邪気をはらう小豆をのせた「水無月」という和菓子を食べるようになったと言われ
京都地方ではいまもこの習慣が守られています。
これが終わると、京都の街には祇園囃子が聞こえてきて、いよいよ夏の到来です。

和菓子「水無月」

梅雨の季節ですね。梅雨はしとしと雨が降く「露けき時節」であるから
「つゆ」と呼ばれるようになったとか。
雨季の一種。雨季が訪れる土地は世界中に多くありますが
梅雨はそれほど雨足の強くない雨が
長期に亘って続く点に特徴があります。
ちなみに梅雨の季節に入る最初の日を「入梅」(にゅうばい)と言いますが
どちらも梅の実が熟するこの季節に雨季に入るところからきているそうです。
他に「つゆ」は「潰(つ)いゆ」で、ものが湿り腐る季節で
この頃は湿度が高く、諸物に「黴」(かび)が生じやすくなるところから
「黴雨」(ばいう)といわれ、これが「梅雨」(ばいう)になったとも言われています。
また梅の実が黄色く色づき梅が熟する時期の雨で
“毎”日のように降ることから「梅」という字が当てられたという説があります。
「梅雨(つゆ・ばいう)」とも呼ばれます。

このため、カビや食中毒などに注意が必要な季節とされています。
梅雨の語源としては、この時期は湿度が高く黴(カビ)が生えやすいことから
「黴雨(ばいう)」と呼ばれ、これが同じ音の「梅雨」に転じたという説。

梅雨(ばいう、つゆ。黴雨とも)は、北海道と小笠原諸島を除く日本
朝鮮半島南部、中国の華南や華中の沿海部、および台湾などの
東アジアにおいて見られる特有の気象現象で
5月から7月にかけて毎年巡って来る雨の多い期間のこと。
梅雨の時季が始まることを梅雨入り(入梅)
梅雨が終わって夏になることを梅雨明け(出梅)と言い、
気象当局が梅雨入りや梅雨明けの発表を行う地域もあります。

aflo_gzjb000830.jpg

[芒種] (ぼうしゅ) 6月6日~6月20日
梅雨入りの頃、梅の実が黄ばみ、田植えが盛んになる。
芒種とはノギのある穀物の種の事である。
つまり稲とか麦などの種である。
二十四節気の名称に「穀物の種」が採用になっているのは不思議であるか。
これはこの頃、秋に播いた麦類の実が稔って刈り入れが行われる一方
昔は今頃から田植の最盛期になるからである。
季節感の乏しい都会の生活では、なかなか味わえないが
田植ではもうすっかり(誉)景色である。
「かまきり生ず」「腐草(くされたる)ほたよとなる」
「梅の実の黄ばむ」が芒種の七十二候。
初候、次候、末候の言葉である。
かまきりも、ほたるも、梅の実も都会の生活の中では緑が薄くなってしまったが
もうそんな季節なのである。あと欲しいのは雨である。
待(機)の梅雨は南の方から次第に北上して来ている。
暦の上の入梅は6月11日。

麦秋の季節
6月5日は24節気の芒種にあたります。
稲や麦など芒のある穀物の種まき、収穫の時節という意味ですが
近代農業では5月連休には田植えが始まっています。
芒種のころはまた、腐草為蛍の季節で
枯れた草の間から蛍が現われる、という意味。そして梅子黄ころ。
梅の実が黄ばみ始める季節を昔人はこう表現した。梅雨入りです。
6月21日は夏至。1年中で昼間がもっとも長い日。
逆にいえば短夜の始まり。6月とはこんな月。

[夏至](げし) 6月21日~7月6日
夏至(げし)は二十四節気の1つで、一年で最も昼の時間が長くなる日です。
それは、太陽が最も北(北回帰線の真上)に来るために起こる現象です。
しかし実際は夏至は梅雨の真っ只中なので
日照時間は冬よりも短いことが多いようです。
6月21日頃。およびこの日から小暑までの期間。
太陽黄経が90度のときで、日本の大部分では梅雨のさなか。
北半球では一年中で一番昼が長く夜が短い日。旧暦五月中。
『暦便覧』には「陽熱至極しまた、日の長きのいたりなるを以てなり」
と記されている。
また、日本と違って暗く長い冬が続く北欧では
この日は特別の喜びを持って迎えられ各国で盛大に夏至祭が行われます。

10299000131.jpg

 関連記事

「六月・水無月」
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-441.html
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-232.html
「六月暦・梅雨ことば」
http://rosymoon.blog35.fc2.com/blog-entry-178.html











Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

関連記事
スポンサーサイト

タグ:水無月 六月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。