月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

八月 (葉月)

●葉月

新暦では夏の盛りの八月も旧暦では秋。
月の異称や季語も秋のイメージを誘う。
代表的な異称「葉月」は中国では月に生えると
信じられていた桂の葉の月という意味。

aflo_ahrb001868.jpg

旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。
葉月(はづき)は旧暦八月の異名ですが
この名前にも様々な秋の影が織り込まれています。
葉月の語源には様々な説がありますが、どれも秋に関係しています。

葉月は、古くは“はつき”と濁らずに発音されており、八月とも書きました。
旧暦では七月から九月までが秋とされ、八月はその真ん中の月、仲秋です。
仲秋の真ん中の日15日を中秋といって
この日は中秋の名月のお月見をしますね。
このため葉月は月見月(つきみづき)という名前も持っています。

また、現代より暦の進みが一月ほど早い昔
八月はさらに秋の深い季節でもありました。
木々の紅葉が進み葉が落ちる葉落月であったのが
葉月となったとする説があります。
そのほか、八月は波月(はつき)とも言って、稲が穂を張る月・・・
すなわち保波利月(ほはりつき)が略されたものという説。
初めて雁が渡ってくる月であることから初来月(はつくつき)を略して
“はつき”と呼んだという説などもあります。

八月はこのほかにも、秋らしい素敵な異名を沢山持っています。

・異名
秋風月(あきかぜづき)、雁来月(かりきづき)、観月(かんげつ)
木染月(こぞめつき)、荘月(そうげつ)、竹春(ちくしゅん)
燕去月(えんぎょづき)、仲秋(ちゅうしゅう)、月見月(つきみつき)
紅染月(べにそめづき)など

aflo_vxba000111.jpg

残暑、晩夏、秋暑、夕立、土用波、盆踊り、雲の峰、蝉しぐれ、線香花火、虫の音

晩夏の候 暁夏の候 処暑の候 残暑の候 残夏の候 立秋の候晩暑の候 
秋暑の候 新涼の候 残炎の候 暮夏の候 初秋の候 

立秋とは名ばかりで 降るような蝉しぐれ 暦のうえでは秋ですが 
赤とんぼがすすきに飛び交い 秋風の訪れる窓 残暑厳しき折柄朝 
夕涼味覚える頃 夜空に秋の気配を感じる頃 残暑凌ぎ難き候 
立秋とは名ばかりの暑さ続き 土用あけの暑さはきびしく 
避暑客の姿も少なくなり 秋にはまだ遠く 
虫の声に秋も近ずいたことを感じる昨今 暑さも峠を越しいよいよ秋

梅雨明けから続く猛暑、連日の熱帯夜で
8月になるとそろそろ疲れがたまってきます。
でも8月に入ったら秋はもうすぐそこ。
7日~8日あたりに迎える立秋を境目に1日の平均気温は少しずつ低くなり
季節は秋へと進み始めます。

aflo_mgjb000703.jpg

『立秋(りっしゅう)』 8月7日ー8月22日
秋が始まる日。まだまだ暑い日が続きますが暦の上では秋。

暦の上では秋の初めですが、実際は1年で最も暑いとされる日です。
二十四節気の一つで、今の暦では八月八日頃にあたります。
暦の上では、秋に入るわけですが、まだまだ暑い日が続きます。
「立秋」を過ぎてからの暑さを「残暑」と 呼び、手紙などの挨拶も
「暑中お見舞い・・・・」から「残暑お見舞い・・・・」に変わるときとされています。

立秋(りっしゅう)は文字通り、暦の上で秋が始まる日。
初めて秋の気配が現れてくる日のことです。
陰暦七月の節で、太陽暦の8月7日~8日頃に当たります。
現在は太陽の黄経が 135度になった時が立秋と定められており
暑さの峠である土用は立秋に明け、これ以降の暑さは“残暑”と呼ばれます。
また、8月23日頃に迎える処暑は、太陽の黄経が150度になったとき。
暑さの峠を越えて後退し始める頃、という意味です。

aflo_ahrb001863.jpg

『処暑(しょしょ)』8月23日ー9月6日
処暑とは暑さがやむの意味。暑さが峠を越えて後退しはじめ
朝夕は秋の涼しさが感じられるようになります。
暑さのぶり返しもありますが、一先ずはホッとするところ。台風のシーズン。

二十四節気のひとつで、立秋から数えて十六日目を言い
毎年八月二十三日頃にあたります。
「処暑」とは「暑さの処(お)るところ」ということで「止暑」の意味と言われています。
つまり、「暑気が去って止まる頃」となります。
また、この日は「三伏の候」(さんぷくのそうろう)とも言われ
夏の極暑の期間の三伏目(末伏)が終わる日とされ
この日から秋の気配が濃くなると言われています。
暑さが収まる頃という意味合いを持ちます。
この頃になると、日中はまだ暑さを残すものの
朝夕に涼しさを感じられるようになってきます。

aflo_bqma050329.jpg

この時期には太陽が強く照りつけ、昼間は
炎暑(えんしょ)と表現される焼け付く暑さになります。
しかし晩夏の頃になると、気圧配置が変わって徐々に涼しくなってきます。
暑い日のうちでも朝や夕方など、ようやくひと息つけるようになると
「涼風が立つ」と表現します。

暦の上では、8月は初秋。
立秋(8月7日)から秋の始まりです。
しかし気象上は、一ヶ月ずれて9、10、11月を秋とするのが一般的で
実際には暑さの最も厳しい盛夏期です。
最高気温を記録するのも立秋後。
立秋以降の暑さを「残暑」といい、この頃になると台風が接近して
南風が吹くことで暑さがぶり返してことさら残暑が厳しくなるため
健康管理には気を抜けません。

aflo_cbya012127.jpg

厳しい暑さは続きますが、ふと陽射しに柔らぎを感じたり
朝夕の涼風に秋の気配が漂うのを感じたり、日暮れが早くなってきたりと
だんだんと秋めいていく自然界の様子を感じられる季節です。
夏の終わりをお盆とともにしみじみと味わってみてはいかがでしょうか。



日本を楽しむ暮らしの歳時記―美しい日本の、美しい日本語集 (夏) (別冊太陽)日本を楽しむ暮らしの歳時記
美しい日本の、美しい日本語集 (夏) (別冊太陽)

(2000/06)
不明

商品詳細を見る


和ごよみと四季の暮らし―写真でつづる「やさしい」暮らし歳時記 (実用BEST BOOKS)和ごよみと四季の暮らし
写真でつづる「やさしい」暮らし歳時記

(2006/12)
新谷 尚紀

商品詳細を見る


ちょっと幸せ―暮らしの歳時記ちょっと幸せ―暮らしの歳時記
(2007/11)
植草 桂子

商品詳細を見る


暮らしのこよみ歳時記暮らしのこよみ歳時記
(2001/05)
岡田 芳朗

商品詳細を見る


毎日季節を感じたい 今日から暦暮らし毎日季節を感じたい 今日から暦暮らし
(2007/04)
平野 恵理子

商品詳細を見る


つきづきの彩りつきづきの彩り
(2006/01/07)
不明

商品詳細を見る


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss


関連記事
スポンサーサイト

タグ:八月 葉月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。