月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

霜月 11月 

秋が深まり冬に移りゆく季節。
11月ともなれば、さすがに朝夕は随分冷たいものです。
街路樹の紅葉も美しく、風もないのにはらはらと落葉し
かさこそ乾いた音を立てるのも晩秋の風情ですね。

十一月は旧暦で言えば冬、霜が降りると言うので
「霜月」と言うのが最も一般的な呼称です。
また十月が神無月であったのに対し十一月は神々が出雲から帰って来て
それぞれの神社に収まるという意味で「神帰月」「神楽月」などとも言います。

aflo_sada001135_20151101122640b22.jpg

季節:初冬(しょとう) ※立冬から大雪の前日まで。

現在では十一月は晩秋、芸術的な香りのする気候であります。
まず「文化の日」があり、文化財保護強調週間、教育文化週間など、
文化の付く行事が多く、十五日には「七五三」があり微笑ましい光景があります。
寒に入る前の最も良い季節と言われています。

他の別名
神楽月(かぐらづき) 子月(ねづき)
霜降月(しもふりづき)
雪待月(ゆきまちづき)
建子月(けんしげつ)
暢月(ちょうげつ) 達月(たつげつ)
復月(ふくげつ)
神帰月(かみきづき)
天正月(てんしょうづき)

秋から冬にかけて心もしっとりする季節。
心が澄み渡るような空気感。
寒さとともに深まる紅葉が目に染み、そして紅葉が散るともう冬です。
立冬を迎え、暦の上では冬となります。
七五三や酉の市で華やぐ中、紅葉から落葉の季節となり
寒い地方には冬将軍が訪れます。
翌年の年賀はがきが発売され下旬には喪中欠礼状が届きはじめます。

11月は全国的な秋晴れは比較的には多いのですが、別称「霜月」と言うように
北の方から寒冷前線が下がってきて、局地的には天候が悪化したり
月中には霜が降りたりすることがあります。
そして立冬を過ぎると冬が駆け足でやって来ます。
健康上も家事の上でも冬支度の準備を怠りなくして置きましょう。
11月は晩秋から初冬へと季節が移り変わります。
小春日和と呼ばれると呼ばれる暖かな日も訪れますが
立冬(11月7日頃)の頃には北西の季節風である木枯らし1号も吹き始めます。
暖房が欲しくなるのは、朝の最低気温で5~6℃が目安でしょう。
そろそろ暖房器具やコート等の冬支度が必要になってくる時期です。

aflo_qfha005498_2015110112263893b.jpg

時候の挨拶
菊薫る候  晩秋の候  深秋の候  向寒の候  紅葉の候  暮秋の候
初霜の候  霜降の候  初冬の候  小春日和の好季  向寒のみぎり
向寒のおりから  朝晩めっきり寒くなって参りました
穏やかな小春日和が続いております  落ち葉舞う季節となりました
日増しに寒さが加わって参りました

上旬:
紅葉の季節、物見遊山の絶好の季節となりました。
雲一つない晴天に恵まれていますが、季節は移り変わり
寒さを感じるこの頃でございます。 
中旬:
朝夕の冷たさに応じて、吐く息も白さを増してくる今日この頃でございます。
木枯らしの身を切る音も冴えわたる頃となりました。 
下旬:
華やかな秋も終わりに近づき、寒さもいちだんと増してくる季節となりました。
霜を踏む靴の感触も、寒さを誘う今日この頃です。

七十二候  時候  期間    季節の変化に伴う自然現象

立冬・初冬 初候 11/7~1    ・山茶花の花が咲き始める頃
初冬     次候 11/12~16  ・大地も凍り始める頃
初冬     末候 11/17~21  ・水仙の花が咲き始める頃
小雪・初冬 初候 11/22~26  ・虹もかからなくなる頃

▪ 立冬の初候、山茶始開(つばきはじめてひらく)
サザンカの花が咲き始める時節。
ここで山茶をつばきと読んでいますがサザンカのことを意味します。
サザンカは朝夕の冷たい空気に誘われるように咲き始め
冬のさなかにも咲き続けます。

▪ 立冬の次候、地始凍(ちはじめてこおる)
大地も凍り始める時節です。
この頃には日も雲も庭も凍りついているように思える日があります。
凍るとは、水以外のものがこおることをさし、水がこおるのは、氷ると書きます。

▪ 立冬の末候、金盞香(きんせんかさく)
金盞とは、黄金の杯のことで水仙の異名。花央の部分を杯に例えています。
香として、咲くことを意味しているのは水仙の香りをあらわしています。
また冬の寒さの中すっと茎を伸ばした凛とした姿が好ましいものです。

aflo_zoca005560_2015110112263962c.jpg

文化の日 11月3日
「自由と平和を愛し、文化を薦める」ことを趣旨とした国民の祝日。
1946年に日本国憲法が公布された日で、日本国憲法が平和と
文化を重視しているということでから「文化の日」に定められました。 
※日本国憲法は半年後の1947年5月3日(憲法記念日)に施行されました。
この日皇居では文化勲章の授与式が行われます。
 
立冬(りっとう) 11月8日頃
および小雪までの期間。
太陽黄径225度。霜降から数えて15日目頃。 
立冬とは、冬の始まりのこと。
「立」には新しい季節になるという意味があり
立春、立夏、立秋と並んで季節の大きな節目です。 
※これらを四立(しりゅう)といいます。
朝夕冷えみ、日中の陽射しも弱まって来て、冬が近いことを感じさせる頃。
木枯らし1号や初雪の便りも届き始めます。
立冬を過ぎると、初霜が降りて冬の佇まいへと変わります。
この日から立春の前日までが冬。

一の酉 (11月11日)
酉の市は例年11月の酉の日に行われる
各地の鷲神社(おおとりじんじゃ)の祭礼。
古くは酉の祭と呼ばれ、大酉祭、お酉様ともよばれます。
酉の市で縁起物を買うのは関東地方特有の年中行事。
浅草の鷲大明神社、花園神社、鷲神社の本宮といわれる
埼玉の鷲宮にある鷲宮神社、桐生の寂光院などが有名。
祭礼では「福を掻き込む」という洒落にことよせ「縁起守り」や
「縁起熊手」を買い求める人々で賑わいます。商売をしている人は
店や事務所などに縁起熊手を飾り商売繁盛を願います。
11月の酉の日に行われ11日が一の酉、23日が二の酉。
年によっては日のめぐりで三の酉まであることもあります。
大火の多かった江戸時代に酉の市にだんな衆が出かけると
その足で吉原まで出かけることが多いので
遊びすぎないよう・家を留守にしないように言われたという説から
三の酉まである年は、火事が多いという言い伝えもあります。

七五三 (11月15日)
7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う年中行事。
本来は数え年ですが、現在は満年齢で行われる場合が多いです。
地方によっては男の子の5歳、女の子は3歳と7歳の年の
11月15日に成長を祝って神社・寺などに詣でる年中行事です。
男の子の3歳を七五三に含めて祝う地方もあります。
現在では全国で盛んに行われていますが、元来は関東圏における地方風俗でした。
千歳あめを食べて長寿と健康を祝います。

aflo_ahra002079.jpg

十日夜 (旧暦10月10日) 2015年は11月21日
主に東日本では稲刈りが終わった旧暦10月10日、
田の神が山へ帰っていくのを送り秋の収穫を祝う
「十日夜(とおかんや)」の風習があります。
十日夜にはお月見をして、旧暦8月15日の「十五夜」、
旧暦9月13日の「十三夜」とともに三月見ともいわれ
3夜とも晴れるとよいことがあるという言い伝えもあるそうです。
月を観賞する習慣は中国から伝わりましたが、十五夜の頃の日本は
秋の長雨の時期でなかなか名月を見ることができません。
雨の多い日本独特の風習として十三夜、十日夜が生まれたともいわれます。

小雪(しょうせつ) 11月22日頃 およびこの日から大雪までの期間。
二十四節気のひとつで、十一月の二十二日頃にあたります。
この頃は冬の気配もやや進んで、ときには雪もちらつき、また、晴れの日と
曇りの日が定まらないという気候になりがちです。
「小雪」に対し、激しく雪が 降る頃、すなわち十二月八日頃を「大雪」と言います。

勤労感謝の日 11月23日
国民の祝日の一つで、国民の祝日に関する法律では
「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝しあう」ことを
趣旨としています。
戦前の新嘗祭(にいなめさい、しんじょうさい)の日を
そのまま「勤労感謝の日」に改めたものです。

※新嘗祭(にいなめさい)
「しんじょうさい」とも呼びます。
11月23日(明治5年の改暦以前は11月の第2の卯の日)に天皇が行う収穫祭。
その年に収穫した新穀(主に米)を天地の神に供え
農作物に感謝し、自らも食する儀式です。
飛鳥時代の皇極天皇以前から行われていました。
平安末期には衰え中絶していましたが
江戸時代、東山天皇のときに復活しました。
元々は民間で広く行われていた行事だったようです。
人々が、その年の収穫を祝い、感謝したお祭だったのでしょう。
古代に国家が統一されて、祭儀が天皇を中心とする宮中行事へ集約されたため
この新嘗祭も宮中の儀式のひとつになったようです。

小雪(しょうせつ)
11月23日頃(2014年は11月22日)。
および大雪までの期間。太陽黄径240度。
立冬から数えて15日目頃。 
北国から雪の便りが届く頃ですが、まだ本格的な冬の訪れではありません。
雪といってもさほど多くないことから、小雪といわれたものだそうです。
陽射しが弱くなり、紅葉が散り始める頃。
いちょうや柑橘類は黄色く色づいてきます。
次第に冷え込みが厳しくなってきますので、冬の備えは整えておきましょう。
お歳暮の準備をする目安にも。
※「こゆき」ではなく「しょうせつ」と読みます。お間違いなく。

※気象の「小雪」
気象庁の予報用語における「小雪(こゆき)」は
数時間降り続いても、1時間あたりの降水量が1mmに満たない雪のこと。
※北日本や日本海側の地方で「小雪」の表現が適切でないときは
「雪」の表現を用いるそうです。

aflo_azaa002080_2015110112263825f.jpg

紅葉狩り
紅葉を鑑賞する習慣は、奈良時代から始まったといわれ
「万葉集」にも登場しています。
平安時代の頃には貴族の間で広まり、紅葉を愛でながら
宴を開いていたようで、その様子は「源氏物語」にも描かれています。
その後、江戸時代には庶民も楽しむようになり
季節の行事として定着していきました。

紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのはどうしてでしょう。
「狩る」とは獣を捕まえるということですが
花や草木を探し求めるという意味もあるそうで
果物を採る場合にも使われます。
「いちご狩り」や「ぶどう狩り」って言いますね。
採集するわけでもなく、紅葉を鑑賞するのに「紅葉狩り」というのは
狩猟を好まない貴族が自然を鑑賞するすることを狩りに例えたといわれていますが
定かではありません。春の桜は「花見」といい桜狩りとは言いませんよね。
やはり狩猟のシーズンの秋だから「狩り」という言葉を用いたのでしょうか。
また、元々は紅葉を集めて楽しんでいたのが
眺めることに変わっていったという説もあります。

・・・紅葉にまつわる言葉・・・

◆錦秋(きんしゅう)・・・紅葉が鮮やかな織物の様な美しさを見せる秋の事。
◆紅葉狩り(もみじがり)・・・山などに出かけ、紅葉の美しさを楽しむ事。
◆山装う(やまよそおう)・・・秋の山が紅葉によって美しく色づく様子。
◆初紅葉(はつもみじ)・・・初めて目にする色づいた紅葉。
◆照葉(てりは)・・・秋の陽ざしを受けて、照り輝く紅葉の事。
または照葉樹の葉が紅葉する様子。

l201209280800_2015110112304180c.jpg

11月になると、野菜では、寒い時期に甘みが増すかぶや
油との相性の良い青梗菜が旬を迎えます。
また、今や貴重な魚と なったシシャモや
世界的にも古くから親しまれていた果物などが旬を迎えるのも
秋が深まったこの時期。
バラエティに富んだ旬食材をバランスよく摂り、冬に備えましょう。

乾燥も日毎に増してきていますから、お肌の突っ張り感を
感じ始めている方も多いと思います。
健康や美容は内外のケアが必須ですが、乾燥については
特に外側からの保湿ケアばかりが重視されがちですが
内側からのケアもかなり重要になります。

その一つが睡眠。質の良い睡眠は女性のお肌に大きな影響を及ぼします。
その要因としては成長ホルモンが睡眠中に分泌されるため
身体の新陳代謝と共に皮膚も再生されるからです。
特に睡眠に入り始めの3時間は成長ホルモンが分泌される時間帯ですので
この間に良質な睡眠が取れることがポイントになります。
これからは寒い時期に入るので身体が冷えて体温が下がったままだと
寝付けないことがあるかと思います。
眠気は体温の下がり始めに起こり、その下げ幅を
大きくする程深い眠りにつけるといわれています。
入浴や軽いストレッチ、ハーブティやミルク、生姜湯、柚子茶など
深眠系の温かい飲みを頂いて
身体の体温を上げてから眠りにつくようにしましょう。

000526_20111106145000s_2015110112391623d.jpg

また良質な眠りが肌に与える影響としては
昼間、長い時間立って活動している時よりも
横になり、眠っている時は内臓や皮膚へと血流が増加します。
その間に肌には栄養が行き渡り、再生されるために良質な睡眠は
乾燥肌を体内からケアする重要な要素になるというわけです。

その他には就寝前(一時間程)は部屋を暗くし、朝は陽の光りを
身体に浴びてメリハリを付けるとメラトニン(睡眠ホルモン)が増えて
睡眠のサイクルが整ってくると言われています。
香りがお好きな方はラベンダーやカモミール、クラリセージなど
鎮静効果のあるアロマを焚いたり、枕の高さや
寝具にこだわる事も大切な要素になります。
この冬は良質な睡眠をしっかり取り
乾燥に負けないお肌づくりを心がけましょう。



Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

関連記事
スポンサーサイト

タグ:霜月 11月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.