月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

「十二月」師走・年の瀬

師走

12月は一年の締めくくりの月であり、年間を通じて最も日中の短い月です。
この月の別名として「師走」の呼称が通例になっているのは
やはり一般に言われているように、忙しくて師匠までも走りだす月
と言う様子も目に浮かびます。
年の最後の月として各地でいろいろな行事や祭祀がありますが
大体が納めや供養です。今年一年の喜びや反省等を思い返し
整理することで、来る年への指針や期待を持ち、過ごしましょう。

061224_2015120215584419d.gif

僧がお経をあげるために東西を馳せることから
「師が馳せる月」→「しはせつき」→「しわす」となったといわれています。
「師」は「僧」を指すのが一般的。
「馳せる」は「走る。急いで行く」という意味です。

師走という呼び方は、もともとは旧暦での呼び方ですが
現在は新暦のこととして使われています。
「しわす」は「しはつ」で、漢字で「為果つ」と書く月のことだともいいます。
そのほかの説としては、年の暮れになり
師匠も趨走(チョコチョコ走る)するので
「師趨」だったのが、やがて「師走」と書くようになったというものがあります。
また師は法師で、坊さんがお経を読みに走る(昔はお盆と同じだった)ので
「師馳月」が略されたともいう説もあります。
また1年の最後の月なので「歳極つる月」
または「歳極する月」の訛りだとする辞典もあります。

季節:仲冬(ちゅうとう) ※大雪から小寒の前日まで。

JMC-237_20151202155847350.jpg

12月の他の別名
茶月(さげつ) 弟月(おとづき)
健丑月(けんちゅうげつ)
極月(ごくげつ) 厳月(げんげつ)
限月(かぎりのつき)
窮月(きゅうげつ) 臘月(ろうげつ)
茶月(さげつ) 親子月(おやこづき)
春待月(はるまちづき)
暮古月(くれこづき) 

時候の挨拶
初冬の候  師走の候  寒冷の候  霜寒の候  歳晩の候  短日の候
季冬の候  激寒の候  年末のみぎり  歳末多忙のおりから
寒気いよいよつのり  荒涼たる冬となり  年の瀬もおしせまり
心せわし年の暮れを迎え  年もせまり何かと繁忙のこと  年内余日なく
今年もおしせまって参りましたが

十二月の、最も一般的な名称は、師走(しわす)です。
一年の区切りをつけて、新年を迎えるということから
十二月はとても忙しいとされています。
禅師(ぜんじ)とよばれる普段は落ち着き払った偉いお坊さんまで
忙しさのために走り回る、ということから
「師走」という名が付いたと言われています。

また、一年の最後の月、という意味から「極月」(ごくげつ)、
「窮月」(きゅうげつ)、「除月」(じょげつ)とも呼ばれています。
他に、「師走」は、旧暦では冬の最後の月にあたるので
「残冬」、「晩冬」、「暮冬」、近づく春への期待を込めて
「春待月」、「梅初月」等の名称もあります。

大雪(たいせつ)
二十四節気の一つで、今の暦では十二月七日か八日頃にあたります。
「この頃は天気も定まらず、寒気も積り、雪となる」という意味で
「大雪」が過ぎると急に冬らしくなると言われています。
寒さは日ごとに増していき、晴れの日の朝夕は真っ白な霜が降り
「南天」や「青木」の実が赤く色づきます。ちなみに、「青木」は日本の特産で
千七百八十三年に初めて英国に移植され、世界各国に広まりました。

雪起こし(ゆきおこし)
霙(みぞれ)まじりの雨が降り続くような初冬に、にわかに黒雲が広がり
雷が鳴り響くと、しばらくして雪になるといわれています。
まるで、雪が、雷によって起こされたかのようで
本格的な冬の始まりとされています。

風花(かざはな)
晴天の寒い日に、舞うようにちらつく雪を「風花」と言います。
遠方の山に雪が降ると、軽い雪が風に流されて
青空の下で降ることで、風が強く寒い日によく見られます。

事始め
新年を迎えての、祝いの準備をすることを総称して「年越し」と言います。
正月を祝う習慣は世界中にありますが
日本ほど、この準備に力をいれていた国もないと言われています。
まず、十二月十三日を「事始め」と言い、大掃除をします。
汚れた場所で準備をするわけにはいかないと、考えられ、早くに行われました。
天井などの煤(すす)払いように、先に葉のついた竹竿を「煤竹」といい
「煤竹売り」の売り声が聞かれるのが、江戸、明治、大正時代、
「事始め」の日の風物詩と言われていました。
「事始め」に始まる正月の準備を総称して「年用意」と言いました。
「年用意」には、「松迎え」、「年棚」「注連飾り」(しめかざり)
「お節」「床飾り」「餅つき」「年越し」などがありました。

aflo_sqwa035100s_20151202155846dae.jpg

冬至(とうじ)
二十四節気の一つで、太陽暦では十二月二十二日頃にあたります。
夏至とは反対の現象の日を言い、北半球では昼が最も短く
夜が一番長くなります。昔の人々は、「この日から太陽が復活する」
と言って喜んでいたそうです。
また、この日は「冬至かぼちゃ」を食べて金運を祈り
柚子の入った「冬至風呂」に入って
無病息災を祈る行事が、今でも各家庭に伝わっています。

大晦日(おおみそか)
月の末日を「晦」(つごもり)と言い、一年最後の「晦」の日を「大晦日」(おおみそか)
または「おおつごもり」と言います。また、この日は「年取り」といって
朝か晩に家族がそろってお祝いを行いました。
家族の長寿を願って「年越しそば」を食べる習わしは
「年取り」から来ていると言われています。
また、「大晦日」の夜には、屠蘇を入れた銚子と
盃台に載せた杯、そして正月料理を詰めた重箱に箸を添え、床の間に飾り
元旦に家族そろっていただき、祝いました。
ちなみに「お屠蘇」は年齢の若い順に飲むのが習わしとされています。

soba_20151202161414d18.jpg

年越しそばは、長くのびる「長寿蕎麦」
食べたら運が上昇したという「運気そば」
金細工職人がそば粉で金粉を集めたことから「福そば」
1年の苦労と縁を切る「縁切りそば」などと呼ばれる縁起もの。
「ねぐ」=「祈る」という意味をもつねぎを入れて召し上がってください。

除夜(じょや)
「除夜」とは、「年の夜」とも言われ
「歳神」「正月神」「歳徳神」を迎えるために身を清め
終夜眠らずに過ごすのが古くからの習わしです。
この夜、年が変わるのを期して、各地の寺々がつき鳴らす「除夜の鐘」は
人間の百八つの煩悩を、一つ一つ消し去るためと言われています。
一年が、十二ヶ月、二十四節気、七十二候で、これを全て合計した数字から
「百八つの煩悩」の数に結び付いたとも考えられています。
「鐘をつく」ことは、中国の宋の時代の仏教儀式に始まり
弱く五十四音、強く五十四音打つと伝えらているそうです。

jyoyanokane_20151202155846f16.jpg

冬至の行事食

冬至には「ん」のつくものを食べると「運」が呼びこめるといわれています。
なんきん(かぼちゃ)、にんじん、だいこん、れんこん
うんどん(うどん)、ぎんなん、きんかん…など
「ん」が二つつくものを「冬至七菜」とし、「運盛り」といって
縁起をかついでいたのです。
運盛りは縁起かつぎだけでなく、栄養をつけて
寒い冬を乗りきるための知恵でもあり、土用の丑の日に
「う」のつくものを食べて夏を乗りきるのに似ています。

また「いろはにほへと」が「ん」で終わることから
「ん」には一陽来復の願いが込められているのです。

かぼちゃは「南瓜(なんきん)」…なので「ん」のつく運盛り。
特にかぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので
風邪や中風(脳血管疾患)予防に効果的。

touji_20151202160234053.jpg

現在は野菜が季節に関係なく供給されていますが
西洋野菜が日本に入るまでこの時期に取れる野菜は少なく
保存できる野菜も少なかったのです。
かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ない。
そのため、冬至の時期の貴重な栄養源でもありました。
冬に栄養をとるための賢人の知恵でもあるのです。

かぼちゃなどの運盛りのほかにも、冬至の行事食には
小豆(あずき)を使った冬至粥があります。
昔から小豆の赤は邪気を祓うと言われていますから
冬至粥で邪気を祓い、翌日からの運気を呼び込もうというわけです。

aflo_rvea006959_20151202155846af9.jpg

12月下旬  歳の市
クリスマスが過ぎると一気にお正月ムードに。
商店街や市場にお正月商品や生鮮食料品が勢ぞろいし
寺社には正月飾りや乾物などを売る市が立ち並びます。
デパートなどの歳末大売出しも歳の市と称するものが多いですね。
お正月に向けて下着、靴、鍋などの日用品を新しくするのは
お清めの意味があるからです。

門松、注連飾り、鏡餅などの正月飾りは
29日は「二重苦」「苦立て」「苦松(=苦が待つ)」に通じ
31日は葬儀と同じ「一夜飾り」で縁起が悪いことや、年神様をお迎えするのに
一夜限りでは失礼なことから、26日~28日または30日に飾ってください。

必要なものを調達するだけでなく、露店や市場の賑やかさは年の瀬の風物詩。
どれにしようか迷ったり、値切ったりするのも楽しみのひとつです。
買い物リストをもってぜひ出掛けましょう。
良いものを安く調達でき、買い忘れてもまだ日があるので慌てなくてすみます。

aflo_wkea113119_20141126144304a86_20151202160359fd7.jpg

12月=年末は、師走、歳末、年の瀬、年の暮れ、歳晩など言い回しが豊富。
日々増す寒さと年末のあわただしさをテーマに、1年の締めの挨拶を。

時候の挨拶【年末の挨拶】

◆年末の書き出しの言葉
・年の瀬も迫ってまいりました。ご壮健でいらっしゃいますか。
・今年ももう数えるほどになりました。お元気で年末をお迎えのことと存じます。
・迎春のご準備にご多忙な毎日と拝察いたします。
・皆様お揃いで、お健やかな年の暮れをオ向けのこととお喜び申し上げます。

◆年末の結びの言葉
・本年中はいろいろとおせわになりました。ありがとうございました。
 明年もどうか宜しくお願い申し上げます。
・皆様お揃いで、おだやかなよい新年をお迎えになられますよう、お祈り申し上げます。
・今年一年の心からの感謝を込めて、一筆申し上げました。お元気で新春を迎えられますように。
・今年一年の感謝を込め、まずはご挨拶まで。
・どうぞおすこやかに新年をお迎えになられますようお祈り申し上げます。

IE323-086_2015120215584592b.jpg

いよいよ年の瀬を迎えることとなりました。
「年の瀬」の「瀬」は川の流れの早いところや海の潮流を意味します。
一年の終わりの慌ただしさを川や潮の流れの早さに例えたのでしょうか。
あるいは「瀬」を越えないことには溺れてしまい生きることができない、
つまり新しい年を迎えることができない。
そこに例えたのでしょうか。なんだか深いですね。
地域によって違いはありますが
お正月飾りは28日を迎えるまでに飾るべきといわれます。

31日だと「一夜飾り」となってしまい葬式と同じになってしまう
30日は旧暦の大晦日、31日と同じ意味になってしまう
29日だと語呂合わせで「苦」に通じてしまう

昔の人は生活のなかで本当にいろいろなことを考えながら
生きていたのですね。

烏兎匆匆【うとそうそう】
【意味】 烏兎匆匆とは、月日の経つのが慌ただしく早いさま。
【注釈】 太陽の中には三本足の烏「金烏(きんう)」が
月には兎「玉兎(ぎょくと)」が住んでいるという中国の伝説から転じて
歳月の意として用いられるようになった。
「烏兎怱怱」とも書く。
烏兎=歳月。匆匆=急ぐさま、慌ただしいさま。
【類義】
送る月日に関守なし/今日の後に今日なし/金烏玉兎/光陰に関守なし/
光陰人を待たず/光陰矢のごとし/歳月流るる如し/歳月人を待たず/
歳月流るる如し/時節流るるが如し/盛年重ねて来らず/兎走烏飛/
白駒の隙を過ぐるが如し/露往霜来

慌ただしく過ぎる毎日の日の暮れの早さには驚くばかり。
しかし冬至を境として長くなる日の中には
「寒さ」とはいいながらも光の春に向けて
一歩一歩進んでいく希望が感じられます。

何かと気ぜわしい年末です。
やらねばならない事もたくさんあるし、楽しいイベントも目白押し。
家事はマイペースを保ちながらやるべきことを絞って
元気に新しい年を迎えましょう。

Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss


関連記事
スポンサーサイト

タグ:12月 師走

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.