月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

弥生(3月)

弥生
長い雪の日々からすこしずつ春の日差しが長くなり雪解けが一気に進む3月。
その喜びと、感謝の思い。春にむけての希望の時期。

草木がいよいよ生い茂る月という意味。
季節:仲春(ちゅうしゅん) ※啓蟄から清明の前日まで。

aflo_fepb002295.jpg

三月は春の息吹を実感する月で、弥生三月ともいいます。
陰暦での弥生は現在の四月ごろですが
この春たけなわの時期は、萌えいずる草木が
いよいよ生(お)い茂り盛んになることで
「弥(いや)おい」といい、それが「やよい」になったといわれます。

旧暦では、二月の梅に続いて三月には桃や桜が花開くので
花月(かげつ)、桃月(ももつき)、桜月 (さくらつき)、などといいます。
最もポピュラーなのは、弥生(やよい)です。
弥は「いよいよ」「ますます」の意味で
「たくさんのもの(植物)が生まれて花盛りになる月」として名付けられました。

また、三月三日は、内裏雛(だいりびな)を飾って祝います。
昔の人々はこれを紙で作り、その紙雛に、人々の過去一年にたまった
汚れを背負ってもらい、災厄を逃れるという習慣がありましたので
「雛のみそぎをする月」という意味で、禊月(みそぎつき)とも言いました。
三月になるとだんだん暖かくなり眠気を誘うので「夢見月」とも呼ばれています。

この月の別の呼び名には、花見月(はなみつき)、染色(しめいろ)月、
桜月、季春(きしゅん)、桃月(とうげつ)、雛(ひいな)月、夢見(ゆめみ)月など
たくさんあります。

弥生(やよい・いやよい)季春(きしゅん)晩春(ばんしゅん)暮春(ぼしゅん)
花見月(はなみづき)竹の秋(たけのあき)杪春(びょうしゅん)
雛月(ひなつき)春惜月(はるおしみづき)祓月(はらえづき)
花つ月(はなつづき)桃月(ももつき)殿春(でんしゅん)
早花咲月(さはなさづき)姑洗(こせん)夢見月(ゆめみづき)
佳月・嘉月(かげつ)桜月(さくらづき)など

aflo_pgxa003597_201602291220142d1.jpg

三月といえば、ぼんぼりに明かりを灯すひな祭り、桃の節句です。
節句は節供(せっく)ともいい、ルーツは中国で、節は季節の変わり目のこと。
一年の季節の変わり目に五つの節日(せちにち)を設け、その節目節目を
無事に過ごせるよう邪気を祓い無病息災を願う行事が「五節供」となりました。
五節供とは、一月・人日(じんじつ)、三月・上巳(じょうし)、
五月・端午、七月・七夕、九月・重陽(ちょうよう)の節供をいいます。

節供は季節の節目に供え物をするという意味もありますが
その時季の植物から生気をもらい、邪気を祓って
長寿健康を願う行事でもありました。
一月のみは一日が年の始めになるので七日に設定され七草の節供、
三月・桃、五月・菖蒲、七月・笹、九月・菊と、
当時薬用となる植物が選ばれました。

中国では古くから陰暦三月初めの上旬の巳(み)の日・上巳に水辺に出て
禊ぎを行ない、酒宴を催して災厄や不浄を祓うという習慣がありました。
三日が上巳の日にあたることが多いので、三世紀の中ごろには上巳
または元巳(げんし)という呼び方はそのままに
三月三日に日を定めて行なうようになりました。
三が重なるので重三(ちょうさん)の節句とも言います。

上巳の祓いは「巳の日の祓い」となり、陰陽寮の陰陽師がつくった
人形(ひとがた)に天皇が息を吹きかけ、さらに身体を撫で、
これを常用しているお召し物と一緒に河川に流すという儀式になります。
穢れを移して海川に流すこの人形に女官たちが色とりどりの衣を着せたようで
次第に宮中や公家の子女が着飾った人形であそぶ
「ひいな遊び」へと発展していきます。
このように罪穢れを託す祓えの人形は、雛流し、流し雛、雛送り、捨て雛など、
現在も各地に残る行事になる一方、ひいな遊びの人形は装飾されて
三月節供の祭り雛に発展していきます。

さらに室町時代になり中国から顔料の胡粉(ごふん)を塗って作る
人形技術が伝えられると人形はいっそう豪華になり
この頃から坐り雛がつくられ、庶民にもひな祭りが浸透していきます。
現在のようなひな段の形式が完成したのは江戸時代の元禄のころです。

aflo_ppua039714_201602291222030f0.jpg

ひな人形には、生まれた女児にふりかかる災厄の身代わりとなり
健やかに育つのを見守ってもらうという両親の願いも込められ
男児の端午の節供とともに女児のひな祭は盛大な年中行事となりました。

ひな人形は今でもさまざまな材料でつくる願いを込めたつるし雛など
独自の変り雛が作られてきます。ひな祭りに欠かせない白酒は元禄時代に
甘酒から変わったもの。中国で邪気を祓い長寿の霊木とされる桃は
日本でも尊重され実も多く多産の象徴とされ、桃の神秘な力に
女児の成長を託すと信仰にもなりました。
また、宮中行事となった曲水の宴は中世に途絶してしまいますが
戦後の昭和三十年代以降、九州・太宰府天満宮、京都・上賀茂神社、
岩手県・毛越寺など各地の社寺が再興させ、雅(みやび)な風情を
いまに伝えています。

aflo_pgxa003597_201602291220142d1.jpg

三月に忘れられないのは春分の日の春のお彼岸です。
春分の日を中日にして前後三日間をお彼岸として先祖の霊を敬う仏事は
神道の思想を取り入れた日本独自のもので他の仏教国にはありません。
太陽が真西に沈むこの日に極楽浄土への道が開けるという信仰は
江戸時代に高まり、根強く伝承されてきたのです。

彼岸(3月17日~23日)
春分・秋分の日をはさむ前後7日間を彼岸と言い、春・夏の2回あります。
最後の日は彼岸明けといいます。彼岸の7日間は、お寺や各家庭で
彼岸会の法要が営まれます。仏教では現世を此岸
(しがん)というのに対し、死後の境地を彼岸と言います。
この彼岸の期間に亡き人を供養し、新しい水と花、線香を供え
墓参りをするのが一般的。各地方によっていろいろな習慣があります。

彼岸入り
「暑さ寒さも彼岸まで」といい、この頃からいよいよ春めいて暖かくなります。
春分、秋分の日を真中として前後の七日間が彼岸です。
彼岸は、正しくは「彼岸会」(ひがんえ)と称して、お彼岸団子や
ぼた餅をこしらえて仏様に供え、お寺や祖先のお墓参りを致します。
一説によりますと、大阪の四天王寺の西門に
聖徳太子直筆といわれる額があります。この西門は極楽の東に対しているといわれ
彼岸には日没の光がこの華表 (とりい)を照らします。
それでここに集まって落日を拝む風習ができました。
これが「彼岸会」の始まりと言われています。

aflo_ppuc011915_201602291220148df.jpg

春分の日(三月二十一日)
二十四節気の一つで、自然をたたえ、生き物を厳しむ日とされています。
戦前は、春季皇霊祭とよばれていました。
この日をはさんで七日間が、お彼岸と呼ばれ
春分の日は「彼岸の中日」にあたります。
太陽の中心が春分点の上に来たときを言い
昼夜の長さが等しく、太陽は真東から昇り、真西に沈みます。
季節の変わり目として昔から親しまれ、関心をもたれている日でもあります。

24_20160229122549803.jpg

七十二候によって早春の情景が目に見えてきます。
二十四節気は冬至を起点として、一年の太陽の通る道を24等分、
約15日ごとに分けたものです。
これをさらに約5日ずつの3つに分けたものが「七十二候」。
七十二候ではこの時期の最初が、「蟄(すごもり)の虫 戸を啓(ひら)く」。
次に来るのが「桃初めて咲く」。最後が「菜虫 蝶になる」と続き、
早春の情景が目に見えてくるようです。
このように七十二候は日本の四季の移り変わりが美しく表現されているのです。

弥生

啓蟄
初候 蟄虫啓戸 2016/03/05 蟄虫が戸を啓く。
次候 桃始笑 2016/03/10
末候 菜虫化蝶 2016/03/15

春分
初候 雀始巣 2016/03/20 昼と夜との時間が等しくなる。本格的な春の始まり。
次候 桜始開 2016/03/25
末候 雷乃発声 2016/03/30


啓蟄(けいちつ/3月5日ころ)】
暦の上での二十四節気の一つで「雨水」の後15日目で3月5日頃にあたります。
「啓」は『ひらく』、「蟄」は『土中で冬ごもりしている虫』という意味で
土の中で冬ごもりをしていた虫が春の到来を感じ、這い出す頃です。
草木が芽吹く頃、虫が這い出し、北国では福寿草が咲き
東京ではモンシロチョウが飛び始めます。

春分の日(3月20日~21日ごろ)】
太陽が赤道上の春分点に達し、昼と夜の長さがほとんど同じになります。
この日を過ぎると夏至までの期間は段々昼の時間が長くなっていく。
昭和23年に「国民の祝日」に制定されました。
旧暦2月の「中気」という節気で、お彼岸の中日でもあります。
太陽が真西に沈むこの日は仏教では特別な日とされ、この日に死者の冥福を祈り
供養すると、迷わず成仏できるといわれている。
おはぎ、草もち、五目ずし、稲荷ずしなどを供えて墓参りをする習慣があります。
「暑さ寒さも彼岸まで」とよく言われるように
この日を過ぎるとめっきりと春めいてきます。

03051632_4f546bfe37d5a_20160229123649f3e.jpg

時候の挨拶
早春の候  浅春の候  水温む候  向春の候  
春暖の候  一雨ごとに暖かく  
春とはまだ名ばかりの寒さですが  朝夕はまだ冷えますが
寒さもようやく衰えてまいりましたが  一雨ごとに暖かさがましてまいります
ようやく春めいてまいりました  花の便りが聞かれる頃

餞別(せんべつ)
春は転勤や引越しのシーズン。
遠くに行かれる方に「お餞別」として贈り物をされることも多いでしょう。
本来、餞別は遠くへ旅立つ人にはなむけの気持ちを込めて金品を贈ること。
昔は今と違い、旅は手軽で安全なものではありませんでした。
旅立つ人に贈る餞別は別れのしるしでもあったのです。
今はそういった意味合いは薄れているでしょうが
またお会いする機会がある方へ贈る場合は
「栄転祝」「昇進祝」「退職祝」「御礼」などとする方がいいでしょう。

季節の言葉

冴え返る(さえかえる)
春になって緩んだ寒さがぶり返すこと。
 
甘雨(かんう)
草木にやわらかくそそぐ春の雨。植物や農作物の成長を促すやさしい雨です。

三寒四温(さんかんしおん)
冬から春にかけて寒い日が三日、その後に暖かい日が四日続く
といったぐあいに、寒暖が繰り返される現象を三寒四温と呼びます。
中国に由来される言葉で、朝鮮半島や中国東北部、華北地方では
顕著に見受けられますが、日本では
それほど規則正しい周期はないと言われています。

菜種梅雨(なたねづゆ)
三月中旬から四月にかけて、菜の花が咲き始めるころ
雨になったり霧がかかったりして、ぐずついた天気になることがあります。
これを菜種梅雨、もしくは春霖(しゅんりん)と呼びます。
霖とは長雨のことをさしますが、このころの長雨は
夏前の梅雨ほどのうっとうしさは感じられません。

aflo_wkea085778_20160229123648c97.jpg

3月の花  
シクラメン 沈丁花(ジンチョウゲ)
椿(ツバキ) 雪柳(ユキヤナギ)
ヒヤシンス ラナンキュラス
パンジー タンポポ 土筆(ツクシ)
なずな 桃(モモ) 馬酔木(アシビ)
ストック 猫柳(ネコヤナギ)こぶし

旬の食材
昔から「春は苦いものを食べよ」と言われています。
苦味のある山菜にはミネラルやポリフェノールなど
細胞を活性化させる成分が多く含まれています。
冬から春へ体も活動するための準備を始める
この時期にふさわしい食材なのです。

野菜
水菜(みずな) 独活(うど) たけのこ
菜の花 ほうれん草 キャベツ 春菊
三つ葉  牛蒡(ごぼう)
魚介
鮟鱇(あんこう) 蛤 鰆(さわら)
鰊(にしん) いいだこ 甘鯛(あまだい)
平目(ひらめ)
果物
いちご


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss



【P&Gジャパン】のモニターに参加中


【P&Gジャパン】のモニターに参加中
【P&Gジャパン】のモニターに参加中

「パンテーン エクストラダメージケア ディープリペアミルク」
タオルドライ後の髪へつけます。しっとりしていますがベタつかず香りも良い。
その後、ドライヤーをかけてもパサつきにくくなりました。

関連記事
スポンサーサイト

タグ:3月 弥生

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.