月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四月卯月 桜どき

◆卯月(うづき)

09955a.jpg

旧暦では「卯の花(ウツギ)」が咲く頃。
卯月の「う」は「初(うい)」「産(うぶ)」で
農耕の1年の初めの月を意味したともいわれます。

卯木(うつぎ)の花が、随所に咲き乱れるので「卯月」
または「卯の花月」とよばれています。
卯木の花は、古くから日本人に親しまれてきた花で
満月が卯の花を照らす光景を愛でて「卯の花月夜」と表現しました。
気候的には暖かくなり,太陽の光に恵まれるようになった月という意味で
「正陽」「純陽」「六陽」などとも言いました。
また、旧暦の四月は夏にあたるので
「初夏」「新夏」「孟夏」などとも言われていましたが
現実感がないのでほとんど使われていません。
桜の散ったあとの余りの月ということから「余月」、
桜の花のない月ということから「陰月」とも言われていました。

◆お花見

8580687194_ca8f7a3d7a_b.jpg

お花見は、日本人が古来から楽しみにしていた春の行事です。
「花見」といえば桜の花を見るために野山に出かけること。
桜以外の花を見に行くときは「梅見」「観梅」「観菊」などと
その花の名前をつけて表します。
昔から日本人にとって「桜」は特別な花でした。

奈良時代には、花といえば梅や萩などを指していましたが
平安時代の貴族たちは桜を春の花の代表格として愛で
歌を詠み、花見の宴を開いて楽しんでいました。
以来、この時季に咲き誇る花は、桜以外にも桃や菜の花など色々ありますが
日本人にとっては「花」といえば桜の花を意味するようになりました。

また、お花見は豊作祈願の行事として、農民の間でも行なわれていました。
桜は、春になって山からおりてきた田の神様が宿る木とされていたため
桜の咲き方でその年の収穫を占ったり
桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていました。
「サクラ」の語源には諸説ありますが、一説によると
「サクラ」の「サ」は田の神様のことを表し
「クラ」は神様の座る場所という意味があり、「サクラ」は
田の神様が山から里に降りてくるときに、いったん留まる
依代(よりしろ)を表すとされています。
また、桜の花が稲の花に見立てられ、その年の
収穫を占うこ とに使われたりしていたため、「サクラ」の代表として
桜の木が当てられるようになったという説もあります。
豊作を願って、桜のもとで田の神様を迎え、料理 や酒でもてなし
人も一緒にいただくことが本来のお花見の意味だったのです。

aflo_knfa000743_2016033123084769d.jpg

江戸時代になると、春の行楽としてお花見が庶民の間にも広がり
酒を酌み交わすお花見になっていきました。
江戸時代は、園芸が盛んになった時代でもあり
桜の品種改良が進んだことで、身近な場所で
お花見が楽しめるようになったのです。
三代将軍家光が上野や隅田河畔に桜を植え、八代将軍吉宗は
飛鳥山を桜の名所にし、花見の場も増えました。これらは今でも
東京のお花見の名所になっています。

桜は古くから親しまれており、私たちの暮らしの中に深く根付いています。
春の気候や情景を表すことばにも「桜」が使われているものがたくさんあります。
古くから「花見」といえば「桜」の花を見ることを意味したように
日本人にとって桜は特別な花。ただ「花」と表されていても
桜を指すことが多いです。

yam0060-049.jpg

桜の蕾が赤みを帯びる頃は、私たちのからだが上を向きたいと思う頃。
その溢れんばかりの力強さを少しでも感じたくて
背筋が自ずと伸びるのは私だけでしょうか。
ほころび、そして花が開きはじめると、からだも開いていく。
花を愛でれば、少し前の愁いも次第に消え、活動的になっていく。
桜の便りが北上するとともに、日本に住む人の気分も
上昇しているとしたら、とても喜ばしいことです。

文学における「花」は、平安時代以降、
「梅」から「桜」へ替わったとされています。
花曇り、花冷え、花衣、花の雲、花の雨、花の宿、花の昼…、
散った花が水に浮かぶことを、まるで筏のようだと見立て
「花筏(はないかだ)」と呼ぶ。
一床、二床と浮かぶ数少ない花筏には趣があります。
何百床、何千床ともなれば、川をうねりながら織りなし
前衛的ともいえる芸術と化すことを、ある映像から知りました。
先人たちは、日常に使う言葉に「花」を添えることで
短いひとときを十分に味わおうとしたのです。

花が散りはじめると、同時に若葉が芽吹き
葉桜としての美しさを愛でることができます。
その後、すべてが落花し、がくに残った
紅い蘂(しべ)が目立ちはじめ、そして「桜蘂降る(さくらしべふる)」。
この言葉が晩春の季語として歳時記に掲載されています。



気候や開花にまつわることば

【花冷え】
桜が咲きほこる時期に、暖かくなった気候が
一時的に冷え込むことを表します。

【花曇り】
桜が咲く時期の曇り空のこと。
渡り鳥が移動する時期なので、鳥曇りとも呼びます。

【桜流し】
春の雨で桜の花びらが落ち、流されていく様を言います。
また、桜を散らしてしまう雨のことも表します。

dscf8534.jpg

【桜前線】
日本各地の桜(主に染井吉野)の開花予想日の
同じ日付の場所をつないだ地図上の線。
マスコミの造語で、気象庁による正式名称は
「桜の開花の等期日線」といいます。
3月上旬に九州や西日本からスタートし、次第に北上して
5月上旬に北海道に至ります。

【花時】
花が咲く頃や盛りになる頃のこと。
特に桜が満開になる時期を指すことが多いことばです。

桜の花の様子をあらわすことば

【こぼれ桜】
桜の花が満開で、まるで地面にこぼれ落ちたように見える様子のこと。
また、桜の花びらを散らした模様を指します。

【花吹雪】
満開の花、特に桜の花びらが風に吹かれて舞い散る様子が
まるで雪が吹雪いているように見えることから生まれたことばです。

gahag-0058447262-1.jpg

【花明かり】
桜の花が満開で、闇の中でも辺りをほんのりと
明るく照らしているように感じられる様子を言います。

【花筏(はないかだ)】
水面に散った花びらが筏のように流れていく様子を言います。

maxresdefault.jpg

【花の浮橋】
水面に散った花びらが橋のように集まっている様子。

お花見にまつわることば

【花かがり】
夜桜を鑑賞するために焚くかがり火のこと。
京都・祇園のものが有名です。

【花疲れ】
花見をして疲れてしまうこと。
人混みや満開の花に気持ちが高ぶったことからくる疲労感のことを指します。

また、ちょっと横道にそれますが「花より団子」は
きれいな桜の花を見るより、花見団子を食べたほうが良いというところから
「風流を理解する心がないこと」や
「名誉よりも実利を優先する」などという意味で使われます。
日本人らしい感性にあふれた美しいことばを
会話の中でさりげなく使えると素敵ですね。

flower-back1058.jpg

清明(せいめい)
二十四節気の一つで、春分後十五日目の日を言います。
旧暦三月の節で、毎年四月四、五日頃にあたります。
「清明」の意味は清浄明潔などといって、春先の万物が
けがれもなく清らかに生き生きしているさまを表した言葉を示します。
この時期は花々の好季節で行楽に適しており、踏青(とうせい)と称して
郊外に遊歩するのに最も恵まれた季節とされています。
従ってこの頃の風物を詠んだ名詩が数多く残っています。

染井吉野(そめいよしの)
桜好きの日本人のために、手っ取り早く満開の花を咲かせようと
江戸時代末期、染井村(東京の駒込あたり)の植木職人が
何種かの桜をかけ合せて作ったのが、現在ほとんど
全国的に見られる「染井吉野」です。それまで全国的に有名だった
奈良原産の「吉野桜」を意識しての命名でした。
「染井吉野」は葉が育たぬうちに開花するので見事です。
また「散りやすい」という一見欠点に思えることが「散り際の潔さ」として
日本人にうけました。栽培しやすく短年月で成長し
どこでも根付くということで、本来の日本の桜で、山桜と呼ばれている
吉野桜を押しのけ「桜は染井吉野」というくらいに全国に普及しました。

1366-077wallpaper.jpg



Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss

関連記事
スポンサーサイト

タグ:如月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。