月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

七月 文月(ふみづき、ふづき)

暑さが厳しい季節。
涼を求めて縁側に出れば、朝顔の花に露がきらめき
笹の葉には短冊が揺れています。

topimage_20160616132138d90.jpg

■旧暦の名称

文月(ふみづき・ふづき)
短冊に歌や字を書いて、書道の上達を祈った 七夕 の行事に因んだ
「文披月(ふみひらづき)」が転じたものといわれています。
また、旧暦では稲穂が出る頃であることから
稲穂が膨らむ月ということで「ふくみ月」
「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。
「ふづき」とも読みます。

7月の異称を「文月(フミヅキ)」というのは
7月に書物を開いて虫干しをする中国の古い風習が伝わり
「文開く月」から文月となったと言われています。
また、稲の穂が実る月「穂含月(ホフミヅキ)」からという説もあります。
他に「七夕月(タナバタヅキ)」、「七夜月(ナナヨヅキ)」など。
ちなみに英語の7月、"July"は、古代ローマの英雄
ジュリアス・シーザー(Julius Caesar)が自分の名前をとってつけたそうです。  

季節:晩夏(ばんか) ※小暑から立秋の前日まで。

別称
七夕月(たなばたづき)/愛逢月(めであいづき)/蘭月(らんげつ)
女郎花月(おみなえしづき)/涼月(りょうげつ)/壮月(そうげつ)
秋初月 (あきそめつき)/親月 (ふづき)
相月 (あいづき)/愛合月 (めであいづき)

●時候の挨拶
向暑の候  盛夏の候  仲夏の候  炎熱の候  猛暑の候  大暑の候
酷暑の候  盛夏のみぎり  大暑のみぎり  酷暑のみぎり  炎暑のみぎり
暑さ厳しき折から  炎暑耐え難く  風鈴の音色に涼を感じるこの頃
毎日うだるような暑さが続いておりますが  暑中お見舞い申し上げます

●7月の暮らし
七夕 お中元の手配
暑中見舞いの準備
夏休みの計画 紫外線対策
夏バテ対策 土用干し
帰省の準備

MMSUs5001026072011_1_0_s6_20160616132137e54.jpg

●土用(どよう)
土旺用事(どおうようじ)の略。
土用というと夏を思い浮かべる方も多いと思いますが、土用は各季節にあります。
陰陽五行説で、春・夏・秋・冬をそれぞれ木・火・金・水とし
(余った?)土を各季節の終わりの18日間に当てはめたことから、
立春、立夏、立秋、立冬の前の18日間を土用といいます。
次の季節へ移る前の調整期間といったところでしょうか。

一般的には立秋前の18日間の夏土用をさします。
また、この期間を暑中と呼び、暑中見舞いを出す時期でもあります。

●土用の丑の日
夏の土用は、1年の中で最も暑さが厳しいとされる時期にあたるため
江戸時代にはこの期間の丑の日を「土用の丑の日」と重視し
柿の葉などの薬草を入れたお風呂に入ったり(丑湯)、
お灸をすえたり(土用灸)すると
夏バテや病気回復などに効き目があるとされていました。
年によっては、土用の期間に丑の日が2回訪れることもあります。
この2回目の丑の日を「二の丑」といいます。

◆ 夏の土用(なつのどよう)
立秋前の18日間。新暦7月20日頃から8月7日頃まで。
日本では夏の土用の丑の日に、暑い時期を乗り切る
栄養をつけるために鰻を食べる習慣がある。
鰻を食べる習慣についての由来には諸説あり、讃岐国出身の平賀源内が
発案したという説が最もよく知られている。これは文政5年(1822年)の
当時の話題を集めた『明和誌』(青山白峰著)に収められている。
それによると、商売がうまく行かない鰻屋が、夏に売れない鰻を
何とか売るため源内の所に相談に行った。
源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という
民間伝承からヒントを得て、「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めた。
すると物知りとして有名な源内の言うことならということで
その鰻屋は大変繁盛した。その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり
土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。

・暑中見舞いを出す。
・衣類や書物の虫干しをする。
・梅干しの天日干しをする。
・薬草などを入れたお風呂に入る。
・うなぎや梅干しなど「う」のついたものを食べる。

うなぎ、梅干し、瓜、うどんなど「う」のついた食べ物
土用の丑の日のうなぎは有名ですが、昔からこの日に
「う」のつくものを食べると病気にならないといわれてきました。
例えば「梅干し」「瓜」「うどん」など。
いずれも食が細くなる夏に食べやすいものです。
このような言い伝えは先人たちのありがたいアドバイスともいえるわけです。

000061-600x401.jpg


初夏 立夏
(5月6日ごろ)から芒種の前日(6月5日ごろ)まで(陽5月・陰4月)
仲夏 芒種
(6月6日ごろ)から小暑の前日(7月6日ごろ)まで(陽6月・陰5月)
晩夏 小暑
(7月7日ごろ)から立秋の前日(8月7日ごろ)まで(陽7月・陰6月)
三夏 夏全体にわたる

「ナツ」という名前の由来は至極単純
「アツ(暑・熱・温)」から転じたとするものが主流です。
すなわち「アツ」が「ナツ」になったわけですが
「ア」がどのように「ナ」に変化したのでしょう?

その理由も温度と関係があり「ネツ(熱)」の[ n ]音が付いたのではないか
と分析している書物もあります。
その他の語源としては、稲が成り立つことから「ナツ」になったとする説
草木が成り出ずる季節だからとする説などもあります。
いずれにしても、植物が繁茂し、動物達が最も活発に動き回る
生命の躍動感溢れる季節が夏なのです。
日本では梅雨から猛暑へと湿気を伴う季節だけに、昔から蒸し暑い夏を
いかに涼やかに過ごすかに生活の知恵を絞っていました。

07315aa864686870428d56b8b45a456e_s.jpg

『「半夏生(はんげしょう)』 7月2日頃
半夏生〔はんげしょう〕は夏至を3つに分けた
最後の3分の1の期間のことを指します。
つまり、夏至から数えて11日目の7月2日頃から
七夕(7月7日)頃までの5日間が半夏生です。
http://rosymoon.blog.fc2.com/blog-entry-241.html

かつては夏至から数えて11日目とされていましたが
今では天球上の黄経100度の点を太陽が通過する日になっています。
7月2日頃にあたります。「夏至」の中にある七十二候・3つの候。

乃東枯 だいとうかるる
菖蒲華 あやめはなさく
半夏生 はんげしょうず

この頃に降る雨は「半夏雨」(はんげあめ)と呼ばれ、梅雨の後半にあたり
大雨になることが多く、今年も九州に大雨がもたらされました。
この日は、農家にとっては大事な節目の日で、この日までに農作業を終えて
この日から5日間を休みとするところもあります。
そういうところでは、ハンゲという妖怪が徘徊するという言い伝えがあり
この時期に農作業をしてはいけないという戒めになっています。
その日までに田植えを済まさないとまずいという物忌みと
勤勉な農民に対する骨休めを、妖怪の徘徊に喩えて奨励したものと解せます。

『小暑(しょうしょ)』7月7日ー7月22日
この頃から梅雨が明け、だんだん暑さが増していく頃。
梅雨明けも近くなり、湿っぽさの中にも夏の熱気が感じられるようになります。
暑さが厳しくなり本格的な夏となる。蓮の花が咲き、蝉が鳴き始めます。
小暑を境に、衣食住をはじめ、全ての生活様式が夏向きに変わりはじめます。
小暑(しょうしょ)は二十四節気のひとつ。毎年7月7日ごろ。
また、この日から大暑までの期間も小暑という。
『暦便覧』には「大暑来れる前なればなり」とある。
梅雨明けが近づいてきて、本格的な暑さが始まる。
蝉の鳴き声も聞こえ始める。
小暑または大暑から立秋までの間を暑中といい
この間に暑中見舞いを送るとされる。
小暑の終わりごろには夏の土用に入る。

[小暑] (しょうしょ)
初候 温風至 盛夏の後、風温が高くなる季節
次候 蟋蟀居壁 蟋蟀(きりぎりす)が壁で鳴く季節
末候 鷹乃学習 鷹が飛ぶことを覚えて空に騰(あ)がる季節

industrial_01_201606161349239e4.jpg

●暑中見舞い
一年で一番暑い季節に相手の健康を気遣う便り。
小暑(7月7日)から立秋(8月7日)までに出します。

もともとは、お盆に親元や仲人、恩師などを訪問して
贈り物をする風習がありそれが簡略化したもので
現在では、日頃ご無沙汰している方やお世話になった方へ
夏の暑い時期に相手のことを想い、気遣いの気持ちを伝えると同時に
自分の近況をお知らせする季節の便りとなっています。
夏の盛りに相手の安否を気づかい自分の様子を知らせる便り。
日頃ご無沙汰している親戚や友人、知人にあいさつを兼ねて報告しましょう。
もし時間があるなら、手書きの一文を添えた
暑中見舞いハガキというのもオススメです。

※暑中(しょちゅう)
二十四節気(にじゅうしせっき)の中の
「大暑(たいしょ)」にあたる期間のことで
立秋(りっしゅう)の前日ごろまでをいいます。
一年で最も暑さが厳しいとされる時期のこと。
暦の上では夏の土用(立秋の前日までの約18日間)を暑中といいますが
実際には立秋の日以降も厳しい暑さ(残暑)が続く。
暑中見舞いが出され、土用の丑の日の鰻など
暑さを乗り切るための食べ物が食べられる。

・暑中見舞いを送る時期
7月上旬の「小暑」(太陽暦の7/7ごろ)から
8月上旬の「立秋」(太陽暦の8/7ごろ)のあいだに出すことが基本ですが
早めのほうが礼儀正しい印象です。
しかし、7月上旬に「暑中お見舞い申し上げます」と言われても
なんとなく違和感がありますよね。
ですから、7月20日前後の「梅雨明け」から
8月上旬の「立秋の前日」までに出すのがよいでしょう。
本来は大暑(太陽暦の7/22ごろ)から立秋までに出すのが正式。
また立秋を過ぎてしまったら「残暑見舞い」として送ります。
残暑見舞いも、いくら残暑が厳しくても8月末までには出しましょう。

b07074f8ab2fe5a5db4ec001f0a02fa1_s.jpg

【七夕(たなばた・しちせき) 】
日本・中国・朝鮮などにおける節句の一つ。
旧暦7月7日の夜のことですが、日本では明治以降は
7月7日または月遅れの8月7日に行われます。
五節句の一つにも数えられます。古くは棚機(たなばた)とも表記し
今日一般的にたなばたと発音するのはその名残。
天の川で隔てられた織姫星(こと座のベガ)と
夏彦星(わし座のアルタイル・牽牛星)が一年に一度会える日です。
笹に願い事を書いて願うと叶うと言われています。

【大暑(たいしょ/7月23日ごろ)】
二十四節気の一つで7月23日ごろ。およびこの日から立秋までの期間。
夏の土用が大暑の数日前から始まり、大暑の間中続きます。
小暑と大暑の数日の一ヶ月間が暑中で暑中見舞いはこの期間内に贈ります。


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ

http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss


関連記事
スポンサーサイト

タグ:七月 文月

Comment

Post Comment

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.