月彩 Tsukisai...*

歳時記・旧暦・季節暦・美し和言葉・暮らし雑学…☾*

八月(葉月) 季節の歳時記

梅雨明けから続く猛暑、連日の熱帯夜で
八月になるとそろそろ疲れがたまってきます。
でも八月に入ったら秋はもうすぐそこ。
7日~8日あたりに迎える立秋を境目に1日の平均気温は少しずつ低くなり
季節は秋へと進み始めます。

IMG_3467.jpg

旧暦八月を「葉月(はづき)」という。
その語源には、いろいろの説があります。

『奥義抄』によると木々の葉がそろそろ散り落ちる頃なので「葉落月」
これを略して「はつき」となったとしています。
類聚名物考』では、秋を知らせる雁が初めて渡ってくる月
つまり「初来(はつき)月」だと説明しています。

有名なのは、葉が黄色く色づく頃だから「はづき」
または落葉が始まるから「葉落ち月」を縮めて「葉月」になったというもの。
稲穂が実る時期であるから「ほはり(穂張/穂発)づき」とか
南海上から「(南風)はえ」をもたらす台風が多くくるから
「南風月(はえづき)」がもとになった、という説もあります。

雁(かり)が飛んで来始める時期だから
「初雁月(はつかりづき)」が「はづき」となった、というものもありますが
初雁といえば九月ですからこれは怪しいですね。

『日本書記』でも8月を「ハツキ」と読ませているので
呼称(音)としては古代から存在した言葉として考えられますが
なぜか和歌などにはハツキを詠んだものがないといいます。
それだけに由来の特定が難しく多くの説があるようですが
なぜ「葉」の字を当てたのか、そもそもハツキのハが葉なのかどうかすら
ほとんどわかっていないそうです。

木の葉が紅葉して落ちる月「葉落ち月」「葉月」であるという説が有名。
他には、稲の穂が張る「穂張り月(ほはりづき)」という説や、
雁が初めて来る「初来月(はつきづき)」という説、
南方からの台風が多く来る「南風月(はえづき)」という説などがある。
また、「月見月(つきみづき)」の別名もあるそうです。

旧暦の八月は仲秋にあたるので、秋を思わせる名称が多く見られます。
最も一般的なのは「葉月」で、その「葉」は、中国で古くから
月に生えていると信じられていた「桂」のことを示し
「桂月」(けいげつ)とも呼ばれています。
他に、「月見月」(つきみづき) 「観月」(かんげつ) 
山々が紅葉に染まり始めるので「紅染月」(べにぞめづき)
涼しくて露がたまる月と言うことで「白露」の名称も あります。
また、雁(がん)が飛んできて、燕(つばめ)が去っていくと言われることから
「雁来月」(がんきづき)、「燕去月」(えんぎょづき)とも言われています。

aflo_ggta006570.jpg

・異名
秋風月(あきかぜづき)、雁来月(かりきづき)、観月(かんげつ)
木染月(こぞめつき)、荘月(そうげつ)、竹春(ちくしゅん)
仲秋(ちゅうしゅう)、月見月(つきみつき)、紅染月(べにそめづき)など

新暦では夏の盛りの八月も旧暦では秋。
月の異称や季語も秋のイメージを誘う。
代表的な異称「葉月」は中国では月に生えると
信じられていた桂の葉の月という意味。

残暑、晩夏、秋暑、夕立、土用波、盆踊り、雲の峰、蝉しぐれ、線香花火、虫の音

晩夏の候 暁夏の候 処暑の候 残暑の候 残夏の候 立秋の候晩暑の候 
秋暑の候 新涼の候 残炎の候 暮夏の候 初秋の候 

立秋とは名ばかりで 降るような蝉しぐれ 暦のうえでは秋ですが 
赤とんぼがすすきに飛び交い 秋風の訪れる窓 残暑厳しき折柄朝 
夕涼味覚える頃 夜空に秋の気配を感じる頃 残暑凌ぎ難き候 
立秋とは名ばかりの暑さ続き 土用あけの暑さはきびしく 
避暑客の姿も少なくなり 秋にはまだ遠く 
虫の声に秋も近ずいたことを感じる昨今 暑さも峠を越しいよいよ秋

img_438292_9557455_0_20160721144822b18.jpg

◆八朔

"朔"の字は「欠けた月が戻る」の意でめでたい吉日と考えられていました。
旧暦の八月一日は「八朔」といって早稲米の初穂を刈って神にささげ
近づく台風の季節を無事にのりきって、豊作を期待する「作だのみ」をする日です。
「田の実(田面)の節供」(たのむのせっく)ともいわれ
この日は五節供に次ぐ嘉日とされていました。

稲の豊作を願う行事が各地でみられます。
虫送りの時期は様々ですが、この時期に虫祈祷や虫送りをし
害虫の被害から守るための祈願をする場合もあるようです。
また、八朔には祓いの行事もあって、例えば、八朔を馬節供、雛節供といって
初節供のある家では人形や馬の形を団子やシンコ細工でつくる地方もあるそうです。
八朔休みともいい、この日から昼寝をやめ、夜なべ仕事が始まりました。

「今日(八月一日)を田のみという事は、
田にできたる米を人々の方へ遣し始めしよりおこれり」
とあり、古くは平安時代からあった風習です。こうした農民の習慣が武家にも伝わり
鎌倉時代には八朔の贈答という習慣がありました。
室町時代には、贈物は太刀や馬に変化し、主従関係や
縁故関係を確認するためにが頼み合う「田の実」節供となっていきました。

江戸時代には、八月朔日が徳川家康の江戸入城の日だったこともあり
幕府では正月とともに特に重んじて、八朔御祝儀の日としました。
天正18年(1590)の八朔に徳川家康が駿河から始めて江戸城に移った日、
家康は白装束に身を固め、半分水没している城の真ん中に立ち、
天下の統一を心に誓ったことにちなみ、白惟子に身をかためた諸侯が登城して
列席するならわしとなっていました。またこの日は大奥でも白惟子に付帯姿で
『幕府年中行事歌合』には「ゆたかなる秋をたのむの祝ひとや
袖にも雪の色をみすらん」という八朔参賀の歌が載せられています。

◆立秋(りっしゅう 8月7日ごろ)】

二十四節気の一つで8月7日ごろ。およびこの日から処暑までの期間を指します。
太陽黄経が135度のときで、秋の気配が表れてくる頃。
暦の上では秋になりますが、実際は「残暑」が厳しく、一年で最も暑い時期です。
この日に至っても梅雨が明けない場合は「梅雨明け」の発表はされません。
そのため東北地方では「梅雨明け」なしとされることがあります。

立秋  8月7日~8日
立秋(りっしゅう)は、二十四節気の1つ。
または、この日から処暑までの期間。
立秋…「秋立つ」といっても、1年を春夏秋冬に4分割して
機械的に割出したものなので
まだ実は真夏のまっ盛りで、どこにも秋の気配は感じられない。
真夏日や熱帯夜はまだこれからずっと続く。

zansyotegami_2016072114482165e.jpg

【終戦記念日】

盧溝橋事件以来の対中戦争およびそれに付随して起こった
東南アジア各地での戦争、太平洋戦争の終結を象徴する
玉音放送(ぎょくおんほうそう)が行われた8月15日を指します。
「ポツダム宣言」の受諾を決定し通告したのが8月10日、
ポツダム宣言受諾が確定し受諾の詔勅が発せられたのが8月14日、
軍隊への停戦命令が8月16日、日本政府が降伏文書に調印したのが9月2日、
ソ連との戦闘終結は9月4日でした。
この中で8月15日は玉音放送の放送日にすぎませんでしたが
「引揚者給付金等支給法」は8月15日を終戦の基準とし
「引揚者等に関する特別交付金の支給に関する法律」は
8月15日を「終戦日」と呼んでいます。
1963年5月14日の閣議決定により同年から8月15日に
政府主催で全国戦没者追悼式が行われるようになり、1965年からは
東京都千代田区の日本武道館で開催されました。
1982年4月13日、8月15日を「戦没者を追悼し平和を祈念する日」とすることが
閣議決定されました。
終戦記念日がお盆にあたることから、民俗学的にいえば
両者が混交して死者の魂を追悼し供養すべき日として
言わず語らずのうちに日本人の意識の中に根付いています。

【(月遅れの)お盆】

お盆については7月15日のところで掲載していますので参考にしてください。
月遅れのお盆は8月15日です。現在の報道メディアでは、多数派である
8月の中旬をお盆と称するため「お盆」というと月遅れのお盆(旧盆)を指すことが
全国的になりつつあります。お盆の期間は
国民の祝日になったことはありませんが新暦8月15日(前後)

は平日であってもかなりの人が休日になることが多く
児童・生徒・学生であれば大部分は夏休みの最中です。
祖先の霊を祀る行事としてではなく、国民的な休暇
民族移動の時期としての「お盆」としての側面があり、
仏教的生活習慣を意識していない者にはお盆(旧盆)は単なる夏休みと捉えられています。
8月13日の夕方に迎え火を焚いて先祖の霊をお迎えし供養します。
盆明けの16日の夕方に送り火を焚き、祖先の霊をあの世にお送りするのが送り火で
盆送り、送り盆などとも呼ばれています。

【処暑(しょしょ 8月23日ごろ)】

二十四節気の一つで8月23日ごろ。およびこの日から白露までの期間。
太陽黄経が150度のときで、暑さが峠を越えて後退し始めるころ。
二百十日・二百二十日とともに台風襲来の特異日とされています。

処暑 8月23日~24日
処暑とは暑さがまだ停っているという意味。
一年の内で最高気温を出すのは立秋から処暑までが最も多く
処暑から次の白露までもけっこう暑さが厳しい。
処暑といわれても油断できません。これまでの暑さに体力が弱っていて
夏バテや食中毒にかかりやすい時期です。

二百十日(にひゃくとおか)
9月1日頃(2015年は9月1日、2016年は8月31日)。
立春から数えて210日目。 

この時季は稲が開花・結実する大事なときですが、台風が相次いで襲来し、
農作物が被害を受けてしまうことがよくあり、厄日とか荒れ日などといわれています。
一つの目安として警戒を呼びかけていたようです。
立春から数えて220日目の二百二十日も厄日と考えられています。

二百十日は伊勢の船乗りたちが長年の経験によって凶日としたといわれていて
雑節として暦に記載されたのは江戸時代で、八十八夜とほぼ同じ頃です。
先人たちの経験に基づいた生活の知恵が暦となっているのですね。
農作物を風雨の被害から守るため、各地で風鎮めの儀式や祭が行われていて
風祭りもその一つです。

※風祭り(かざまつり)
風害から農作物を守るため、神に祈願する祭り。
全国的に行われているようですが、関東・中部・東海地方では
風祭りと共に風神・風宮の伝承が色濃くあるようです。
二百十日前後に行うところが多いですが
正月・2月・4月・7月・8月に行う地方もあります。

〇七十二候

初候■ 涼風至 すずかぜ、いたる
暑い盛りのなかにも涼しい風が立つ頃

次候■ 寒蝉鳴 ひぐらし、なく
ヒグラシ(「かなかな」とも)の鳴く頃

末候 ■蒙霧升降 ふかききり、まいおりる
深い霧が出る頃

aflo_ahrb001863_2016072114522240a.jpg

※七十二候
二十四節気の各一気ずつを三等分し、一年を五日ごとに分類することにより
時候の変化をより詳しく表したものが「七十二候」です。
自然界の微妙な変化、また動植物の季節の生態、句の食べ物などが把握でき
大変味わいのある「四季の標」となっているのですが
現在では、ほとんど省みられなくなっています。
この七十二候で、時には、日頃忘れている季節感を取り戻してみるのも
いいものだと思います。
ちなみに「季候」という言葉は四「季」、七十ニ「候」が語源になっています。

日本で本格的に七十二候が使われだしたのは、九世紀の宣明暦(せんみょうれき)で
中国から伝わった大衍暦(だいえんれき) をそのまま踏襲したものです。
次に貞享暦(じようきようれき)
宝暦暦(ほうりやくれき)・寛政暦(かんせいれき)
略本唇(りやくほんれき)など、その都度、日本の季節感に添ったものに
改められてきました。
また、除夜の鐘の百八の音は、もともとは十二カ月、二十四節気
七十二候の数字を合わせたものだと伝えられています。

aflo_mgjb000703_20160721145222527.jpg

この時期には太陽が強く照りつけ、昼間は炎暑(えんしょ)と表現される
焼け付く暑さになります。しかし晩夏の頃になると
気圧配置が変わって徐々に涼しくなってきます。
暑い日のうちでも朝や夕方など、ようやくひと息つけるようになると
「涼風が立つ」と表現します。

そんな厳しい夏を涼やかに過ごせるように、日本人は様々な工夫をしてきました。
例えば、今でも家の前や庭に水をまく打ち水をしますが
これは気化熱で暑さを鎮めるだけでなく
石や木の葉から水が滴るようにさせて眼にも庭の涼しさを演出する
役割を果たしています。

また、桶や盥(たらい)に水を張り、夏の日向に出しておくと
夕方には人肌のぬるま湯になります。
これを日向水(ひなたみず)と呼び、昔の人は行水や洗濯に使って
汗を洗い流すのに活用していました。
エコロジーが言われるはるか前から、日本人は夏の自然の恵みに浴していたのです。

aflo_iryb002596.jpg

耳にも涼しさを呼ぶものに風鈴があります。
風鈴の材質には鉄や銅、吹きガラス、貝や陶器などさまざまなものがありますが
釣鐘状の中心に下げられた部分を「舌(ぜつ)」と言い
その先にチリンチリンという音を出す部分「錘(すい)」が据えてあります。
錘の先端には鮮やかな短冊が下がっていて、風で揺れると
錘と風鈴とが触れ合って爽やかな音が生まれる仕組みになっています。

八月は、暑さもまだ激しく、熱中症など
深刻な症状をもたらしやすい時期でもあります。
各地で祭りが行われ、お盆には迎え火を焚いて先祖を迎えます。
先祖を送る送り火は京都の五山の送り火が有名ですが
自宅で送り火を焚く場合や灯籠流しを行うところなど
地方によっても様々な方法があります。
また、お盆の期間中に先祖が乗り物として使用できるよう
「精霊馬」と呼ばれるキュウリや
ナスで作られた動物を用意する地方もあります。
これは、キュウリは馬に見立て、少しでも早く帰って来られるよう
ナスは牛に見立て、あの世へ戻るのが少しでも遅くなるようという
願いが込められているとも言われます。
日本では、先祖を供養する大切な季節でもあります。

img01_20160721145457b2c.jpg

暦の上では、八月は初秋。立秋(8月7日)から秋の始まりです。
しかし気象上は、一ヶ月ずれて9、10、11月を秋とするのが一般的で
実際には暑さの最も厳しい盛夏期です。
最高気温を記録するのも立秋後。
立秋以降の暑さを「残暑」といい、この頃になると台風が接近して
南風が吹くことで暑さがぶり返してことさら残暑が厳しくなるため
健康管理には気を抜けません。
厳しい暑さは続きますが、ふと陽射しに柔らぎを感じたり
朝夕の涼風に秋の気配が漂うのを感じたり、日暮れが早くなってきたりと
だんだんと秋めいていく自然界の様子を感じられる季節です。
夏の終わりをお盆とともにしみじみと味わってみてはいかがでしょうか。


Blog Ranking月彩 人気ブログランキング【ブログの殿堂】 blogram投票ボタン


Twitterボタン
Twitterブログパーツ


http://smimaker.com/ui/images/design07.png) repeat; border: 2px solid #cccccc ; width: 200px; display: inline-block; line-height: 0;">
ソーシャルメディアアイコンメーカー
facebooktwitterrss




花王のキャンペーンに参加中


花王のキャンペーンに参加中♪[PR]
花王のキャンペーンに参加中♪[PR]

ソフィーナ グレイス 高保湿化粧水〈美白〉しっとり
高保湿乳液〈美白〉しっとり
top-d8442e1f56cf765e26858f8a0755f08bce7343c8.png

少しの量でも伸びが良く、肌が潤ってしっとり感が長く続きます。
乾燥が気になる季節や、かさつきが気になる部分に良さそうです。
香りはマイルドですが、賛否が分かれるかもしれません。
関連記事
スポンサーサイト

タグ:八月 葉月

Designed by Akira.
Copyright © 月彩 Tsukisai...* All Rights Reserved.